LPWA方式、選択のポイントは結局セルラー系が本命?(2)

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

LPWA方式、選択のポイントは結局セルラー系が本命?

2017/12/27


 電池で数年間稼働させるIoTデバイスの通信方式として有力な選択肢として2016年から注目が集まっているのがLPWA(Low Power, Wide Area)通信仕様。しかしヨーロッパ発のLoRaWANとSigfoxがアンライセンスバンドでのIoT通信で期待される一方、3GPP発のLTE-MTC(LTE Cat.M1)やNB-IoTの本格サービス開始が間近に迫り、かつ似通った特徴を持つ仕様も登場して、IoT化推進のためにどれが適切なのか迷う企業も多いことだろう。ここでは、現在のLPWAとIoTデバイス-センター間の通信について整理してみよう。

LPWA

※「LPWA/LPWA方式、選択のポイントは結局セルラー系が本命?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「LPWA/LPWA方式、選択のポイントは結局セルラー系が本命?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

瀧石浩生

リサーチ部門 テクノロジ&サービス・プロバイダー CSPテクノロジ リサーチディレクター 瀧石浩生(Kosei Takiishi)

ガートナー ジャパン株式会社企業サイトへ
アナリストファイル #098

通信事業者向け通信機器や移動体通信事業を中心とした市場動向分析と提言を担当。ガートナー ジャパン入社以前は、NTTドコモにて無線通信システムの研究開発、国際ローミング・サービスおよび商用端末のプロジェクト・マネジメント、GSMA標準化、周波数戦略業務などを担当。2014年5月より現職。東京工業大学理工学部卒。



2

LPWAの主要4規格

 表1に示すように広域向けのIoT無線通信技術は複数存在する。ただ、セルラー通信の2G/3Gは高スループット且つ高価なデバイスとなってしまうし、5Gは2020年以降の話である。従って、LPWAとして現在考えうる選択肢は非3GPP系のSigfox、LoRAWAN、及び3GPP系のLTE-MTCとNB-IoTの4規格である。
 これ以外にも類似した特徴をもつ民間企業の独自規格が多数あるが、ひとまずこれら4規格が導入検討対象として最有力なものといえるだろう。

表1 LPWA含む主要なIoT向け無線通信技術の比較
表1 LPWA含む主要なIoT向け無線通信技術の比較
“Market Trends: Low-Power Wide-Area Access Technologies for the IoT ”

“○”stands for relatively good or existence,and“×”stands for relatively bad or nonexistence.
※1:This includes proprietary technologies such as those Sigfox and LoRa.
※2:This includes 3GPP LTE-MTC(LTE UE category 1,0 and M),NB-Iot and GSM.
出典:Gartner

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

LPWA/LPWA方式、選択のポイントは結局セルラー系が本命?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「LPWA」関連情報をランダムに表示しています。

LPWA」関連の特集


耳に特化したパーソナルデバイスを利用する「ヒアラブル」技術が登場!デバイスから語りかける、まるで執事…



約7年ぶりのメジャーバージョンアップとなったBluetooth。データレートが2倍、エリアが4倍とな…



LPWAはIoTデバイスからデータを収集するための通信手段として注目を集めている。LPWAを活用する…


「モバイル通信サービス」関連の特集


格安SIMサービスなどで使われるMVNOサービスの市場規模は805万回線で、法人向けは225万回線と…



複数のキャリアが多様なサービスを展開し、次世代規格LTEの商用サービスも開始したモバイルブロードバン…



社外から業務を遂行する機会も増えている昨今、モバイルブロードバンドサービスも進化を続けている。そこで…


「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

LPWA/ LPWA方式、選択のポイントは結局セルラー系が本命?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「LPWA/ LPWA方式、選択のポイントは結局セルラー系が本命?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30009889


IT・IT製品TOP > 通信サービス > モバイル通信サービス > モバイル通信サービスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ