ハイパーコンバージドシステム急成長の鍵は「運用管理」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

ハイパーコンバージドシステム急成長の鍵は「運用管理」

2017/11/01


国内ハイパーコンバージド(Hyperconverged)システム市場が活性化している。国内サーバ市場やストレージ市場が横ばいから縮小気味となる中で、今後、同市場の年間平均成長率は30%超で推移すると予測されている。今回は、普及が加速するハイパーコンバージドシステムの現状と成長の理由、そして各ベンダーの奏功を整理してみよう。

ハイパーコンバージド

※「ハイパーコンバージド/ハイパーコンバージドシステム急成長の鍵は「運用管理」」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ハイパーコンバージド/ハイパーコンバージドシステム急成長の鍵は「運用管理」」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

宝出 幸久

エンタープライズインフラストラクチャ マーケットアナリスト 宝出 幸久(HODE YUKIHISA)

IDC Japan株式会社企業サイトへ
アナリストファイル #096

 エンタープライズインフラストラクチャ市場調査グループにおいて、ハイパーコンバージドインフラストラクチャやコンバージドシステムの市場動向分析や市場予測などを担当。このほか、Software-Defined Storage、ファイル/オブジェクトストレージなどストレージ市場における新規分野の調査も担当している。IDC Japan では、エンタープライズストレージシステムの市場動向分析と市場予測のほか、産業分野別の分析と市場予測などを担当、ストレージ市場における新規分野の調査を担当し、国内市場調査プログラムの拡充に貢献した。



1

成長するハイパーコンバージドシステム市場、その現状は?

 IDC Japanでは、2016年〜2021年の国内ハイパーコンバージドシステム市場の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)を31.3%と見込んでいる。2017年の出荷金額は、2016年の77億円を大きく上回り138億円となり、前年比78.4%のプラス成長になると予測する。一方、2016年の国内サーバ市場は、全ての製品分野で出荷額と出荷台数ともにマイナス成長となった。また国内外付型エンタープライズストレージシステム市場も2016年の支出額は前年比8.9%減であった。2016年〜2021年の年間平均成長率は0.6%と見込んでおり、それほど高い成長とはならない予測である。これらの数字と比較して、国内ハイパーコンバージドシステム市場の成長率は非常に高い水準といえる。

図1 急速に成長する国内ハイパーコンバージドシステム市場
図1 急速に成長する国内ハイパーコンバージドシステム市場
Source: IDC Quarterly Converged Systems Tracker, 17Q2
出典:IDC Japan
1-1

ハイパーコンバージドシステムの定義

 IDC Japanではハイパーコンバージドシステムをコンバージドシステム市場の1つのカテゴリーとしており、サーバやストレージとは別に調査、分析をしている。コンバージドシステム市場は、ハイパーコンバージドシステムを含め、次の3つのサブカテゴリーで構成されている。

インテグレーテッドインフラストラクチャ

サーバ、エンタープライズストレージシステム、ネットワーク機器およびシステムインフラソフトウェアを構成要素としており、これらの組み合せをベンダーが統合して提供するシステムのことをいう。用途を限定せずに幅広いワークロードをサポートできるようにパッケージングした製品である。

インテグレーテッドプラットフォーム

インテグレーテッドインフラストラクチャの構成要素に加えて、アプリケーション開発用ソフトウェア、データベース、テストツールや統合ツールなどを追加し、さらにこうしたソフトウェアにシステムを最適化することで性能や安定性を高め、特定用途(ワークロード)向けに使いやすくした製品である。

ハイパーコンバージドシステム

コンピュートおよびストレージ機能を高度に仮想化して、単一のサーバベースのハードウェア上で提供する製品である。複数のサーバノードでクラスターを形成することで、コンピュートやストレージのリソースプールを提供している。

 インテグレーテッドインフラストラクチャやインテグレーテッドプラットフォームはいわゆる「垂直統合」型の製品であり、ハードウェアの観点では、サーバ、ネットワーク、ストレージを統合して提供する。全てを通して製品ベンダーが検証済みであるところが特徴だ。これはシステムの安定性に寄与するポイントであるとともに、サポートが複数ベンダーに分散せず、ワンストップサービスとして利用可能であるところもメリットになる。もちろん、各リソースを別々に購入してシステムインフラを構築する手間と時間、コストが省ける(導入容易性導入工程の短縮)ことも重要なメリットである。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ハイパーコンバージド/ハイパーコンバージドシステム急成長の鍵は「運用管理」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ハイパーコンバージド」関連情報をランダムに表示しています。

ハイパーコンバージド」関連の製品

「マルチクラウドは必然」選択肢が増え続ける中、シンプル化にどう取り組むか 【ニュータニックス・ジャパン】 実録:仮想化基盤統合プロジェクト 「構築コストを約50%削減」できたわけ 【ネットワールド+他】 ハイパーコンバージドインフラの難題、DBライセンスコストの削減法は? 【日本アイ・ビー・エム】
統合運用管理 垂直統合型システム その他ストレージ関連
オンプレミスとパブリッククラウド、あるいは複数のパブリッククラウドの併用が現実的な選択肢となる中、その裏にある複雑なインフラ管理をいかに解決するか。 実録:仮想化基盤統合プロジェクト 「構築コストを約50%削減」できたわけ ハイパーコンバージドインフラの難題、DBライセンスコストの削減法は?

ハイパーコンバージド」関連の特集


サーバ市場で躍進を続けるハイパーコンバージドインフラストラクチャ。多くの企業から注目されるには理由が…



IT管理/運用を担う「ひとり情シス」の実態を明らかにつつ、限られた人員でインフラ整備を効果的に行うた…



 レノボ・ジャパンは、2015年12月に結んだNutanixとの協業を踏まえ、仮想化環境のTCO削減…


「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ハイパーコンバージド/ ハイパーコンバージドシステム急成長の鍵は「運用管理」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ハイパーコンバージド/ ハイパーコンバージドシステム急成長の鍵は「運用管理」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30009887


IT・IT製品TOP > ストレージ > ストレージ仮想化 > ストレージ仮想化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ