脳で感じた印象を文字にする「fMRI脳情報デコーディング」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

脳で感じた印象を文字にする「fMRI脳情報デコーディング」

2017/12/20


 最近キーワードを5分で理解するこのコーナー、今回のテーマは「fMRI脳情報デコーディング」です。脳の中で行われている複雑な情報処理のありさまをfMRI(functional Magnetic Resonance Imaging)という技術を使って計測し、脳が感じた内容を、本人以外の人にも理解できる形で推定します。動画を視聴して知覚した内容の言語化や、夢の内容の言語化が可能になっているというこの技術、いったいどのようなものなのでしょうか。

未定

※「未定/脳で感じた印象を文字にする「fMRI脳情報デコーディング」」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「未定/脳で感じた印象を文字にする「fMRI脳情報デコーディング」」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

「fMRI脳情報デコーディング」とは?

 fMRI(「関連するキーワード」の項参照)を利用して計測した脳の血流変化の状態から、知覚した内容を解読(デコーディング)する技術。脳が知覚した内容を言葉として表現する手法が開発され、動画広告やコンテンツに対して新しい観点からの評価を行うための技術として、商用サービスが国内で始まっている。

■fMRIで捉えられる情報とは?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2018/9/30まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 BOSE ウェアラブルネックスピーカー「SoundWear Companion Speaker」  
●A賞:抽選で1名様
 Lenovo ノートパソコン ideapad 120S「81A50085JP」 
●C賞:抽選で1名様
 ニチネン 無煙 遠赤外線グリル 「UFO CCM-101」) 
●D賞:抽選で1名様
 RIVERS コーヒーグラインダー 「GRIT」  
●E賞:抽選で5名様
 Amazon 使える商品は1億種以上「Amazonギフト券 5000円分」 

このページの先頭へ
関連キーワード

未定/脳で感じた印象を文字にする「fMRI脳情報デコーディング」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「未定」関連情報をランダムに表示しています。

未定」関連の特集


マイナンバーカードのチップ内にある“マイキー”を活用して、企業や個人にもメリットがある仕組み作りが進…



近年、IPv6が徐々に普及してきています。IPv6でのヘッダやIPアドレスの仕組み、IPv4との違い…



企業にお勤めの401人に、バックアップツールの導入目的や稼働状況、リストア経験の有無などリアルな状況…


「その他データ分析関連」関連の製品

大規模組合せ最適化ソルバー LocalSolver 【MSI】 ハイブリッド環境の複雑性を制御、生産性を向上させるデータ管理方法とは? 【インフォマティカ・ジャパン】 IT運用やセキュリティ、医療研究──AI・機械学習の最前線で起きていること 【Splunk Services Japan】
その他データ分析関連 その他データ分析関連 その他データ分析関連
メタヒューリステイック・アプローチによって、大規模組み合わせ最適化問題に対して高品質な解を短時間で導き出す、本格的オールインワン数理計画汎用ソルバー。 ハイブリッド環境の複雑性を制御、生産性を向上させるデータ管理方法とは? IT運用やセキュリティ、医療研究──AI・機械学習の最前線で起きていること

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

未定/ 脳で感じた印象を文字にする「fMRI脳情報デコーディング」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「未定/ 脳で感じた印象を文字にする「fMRI脳情報デコーディング」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30009886


IT・IT製品TOP > データ分析 > その他データ分析関連 > その他データ分析関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ