LPWA徹底比較 NB-IoT、LTE-M、LoRaWAN、Sigfox…本命は?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

LPWA徹底比較 NB-IoT、LTE-M、LoRaWAN、Sigfox…本命は?

2017/12/11

 NB-IoT、LTE-M、LTE(Cat.1)、LoRaWAN、Sigfox……。IoTのニーズを満たす無線ネットワークとして注目を集めるLPWA(Low Power, Wide Area)」は今、それぞれの規格が勇んで商用化や普及を目指す、LPWA戦国時代となっている。本企画ではLPWAの現状を整理し、何を基準に導入を考えるべきかを2回連載で考えていく。今回は、NB-IoT、LTE-M、LTE Cat.1、LoRaWAN、Sigfoxのスペックを10以上の項目で徹底比較した編集部オリジナルの表を作成し、検討すべきポイントをまとめた。また、LPWAの18の活用シーンごとに、必要な通信スループットなどを記載した表も掲載している。LPWAの各規格と照らし合わせて、十分に吟味していただきたい。

LPWA

※「LPWA/LPWA徹底比較 NB-IoT、LTE-M、LoRaWAN、Sigfox…本命は?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「LPWA/LPWA徹底比較 NB-IoT、LTE-M、LoRaWAN、Sigfox…本命は?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1「LPWA」の特徴とスペック

■IoT向けの通信の本命、LPWAの特徴は?

 LPWAは「Low Power=低消費電力なのにWide Area=広範囲をカバーする」IoTデバイス向けの無線通信技術のことだ。従来のLTE/3Gを利用する無線通信ネットワーク(携帯電話網/セルラー)の音声およびデータ通信に比べると比較的安い通信料金体系、BLEなどの近接エリア通信と違い数キロ半径の通信エリアをカバーできる広域性電池駆動で数年間利用できる省電力性に加えて、通信モジュールの低コスト化への期待により、2016年から注目を集めている。

 LPWAが話題になる前から、多くの無線通信は存在していた。しかし、それらをIoTに適用するには、通信料や消費電力、カバー領域、モジュール料金などの点でニーズがかみ合わない。温度情報など小さなデータを扱うことが多いIoTにおいては、ごく小さなサイズのデータを遠くまで伝送できることが重要だ。また、多数のセンサーデバイスを想定するため、1台のデバイスあたりの通信料やモジュール料金を下げる必要がある。デバイスがすぐ電池切れしては困るため、消費電力が少ないことも必要だ。そうした需要にマッチした無線通信として開発されたのがLPWAである。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

LPWA/LPWA徹底比較 NB-IoT、LTE-M、LoRaWAN、Sigfox…本命は?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「LPWA」関連情報をランダムに表示しています。

LPWA」関連の特集


IoT活用を取り組み始めた企業では、何を導入し、どんな通信ネットワークを利用しようとしているのだろう…



 2017年に掲載した記事で、会員の皆さまによく読まれた記事を紹介します。多くの方が注目した記事、今…



耳に特化したパーソナルデバイスを利用する「ヒアラブル」技術が登場!デバイスから語りかける、まるで執事…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

LPWA/ LPWA徹底比較 NB-IoT、LTE-M、LoRaWAN、Sigfox…本命は?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「LPWA/ LPWA徹底比較 NB-IoT、LTE-M、LoRaWAN、Sigfox…本命は?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30009879


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > その他ネットワーク関連 > その他ネットワーク関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ