見知らぬ国から訴えられても大丈夫?IT部門の証拠開示能力が問われる訴訟リスク対策

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

見知らぬ国から訴えられても大丈夫?
IT部門の証拠開示能力が問われる訴訟リスク対策

2017/11/27

 個人情報を漏らしたら26億円、記録漏れがあれば巨額の賠償金、関税資料が出せなければ罰金、労務訴訟は賠償金に加えてブラックリスト行き……、これらは現在の企業に課されたコンプライアンス上のリスクだ。想定外の国や地域で訴訟に巻き込まれて損害を被るリスクは、企業規模を問わず、いつ訪れるか分からない状況だ。  

 本稿では企業をとりまく法的なリスクのうち、IT担当者が主導すべき対策や、データ保護や保全では何が問われるのかといった状況を整理する。

アーカイブ

※「アーカイブ/見知らぬ国から訴えられても大丈夫?IT部門の証拠開示能力が問われる訴訟リスク対策」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「アーカイブ/見知らぬ国から訴えられても大丈夫?IT部門の証拠開示能力が問われる訴訟リスク対策」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1いまなぜ「コンプライアンス対応」が再び注目を集めているのか?

 2008年に起こったリーマンショックと、それに続いて次々と成立した各種法規制(米国SOX法、国内J-SOX法など)に対応するために、当時多くの上場企業やグローバル企業が法規制・コンプライアンス対応を謳ったIT製品を導入した。特にデータアーカイブやメールアーカイブの仕組みは、監査証跡を確実に保管し、いざ監査の際に素早く検索・提示するためには不可欠であるとされ、多くの企業によって導入された。  

 「コンプライアンス・ブーム」ともいうべき当時のトレンドは数年で鎮静化したが、ここに来て再び法規制やコンプライアンス対応のためのIT施策が高い注目を集めるようになってきた。しかも今回は、上場企業や大企業、グローバル企業のみならず、中堅・中小企業をも巻き込んだ形になっている。  

 その背景には、一体どのような事情や要因があるのだろうか? 主だったものを幾つか挙げてみよう。

1-1e-Discovery法が国内訴訟でもスタンダード化しつつある

 米国でビジネスを展開する日本企業にとって、米国の民事訴訟が採用する「Discovery制度(証拠開示制度)」への対応は極めて大きなビジネスリスクだといわれている。Discovery制度とは、裁判の原告と被告が双方とも、訴訟に関連する全ての資料を収集・開示する義務を負うというもの。日本にはないこの制度への対応を怠ったために、米国の民事訴訟で訴えられた日本企業が莫大な賠償金を支払うケースが増えてきた。  

 このDiscovery制度の中でも、特に電子データで作成・保管されている資料の開示手続きのことを「e-Discovery」と呼ぶ。e-Discoveryに対応するには、企業システム内に散在する膨大な数の電子データの中から、開示要請のあった資料を素早く見つけ出して提出しなくてはならず、自ずとファイルデータやメールのアーカイブシステムが欠かせなくなってくる。こうした背景から、主に米国でビジネスを展開する企業の間で、e-Discoveryに対応するためのアーカイブ製品の導入が増えてきている。近年では日本の法曹界でもe-Discoveryを参考に、企業側に証拠開示責任を求めようとする動きがあることも考慮しておきたいところだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

アーカイブ/見知らぬ国から訴えられても大丈夫?IT部門の証拠開示能力が問われる訴訟リスク対策」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アーカイブ」関連情報をランダムに表示しています。

アーカイブ」関連の製品

ファイル転送システム HakoBeruKun-G 【ギガ】 ファイル送受信サービス「Confidential Posting」 【富士通エフ・アイ・ピー】 「IoTとAIでビジネス開発ができる企業」に必要な基盤要件とは 【図研ネットウエイブ】
ファイル転送 ファイル転送 ストレージ仮想化
Webブラウザで「簡単・安全」にファイルを送受信できる、大規模ユーザー向けファイル転送システム。クライアントライセンスフリー。クラウドで提供。 「機密データ」や「大容量」のデータを「安心・安全」かつ「簡単」に送受信できるファイル送受信サービス。導入企業の50%以上が金融業界という高セキュリティ機能を搭載。 IoTやAI、自社に導入する際の課題は、先が読めなくてデータ資産の使い方を設計できないこと。ならば先が読めない前提で企業IT設計するとどうなるか。経験者の声を聞いた。

アーカイブ」関連の特集


Webアプリケーションへの攻撃が情報漏洩に発展したことを契機に上がったWAF市場。今後も導入率が高ま…



2015年度は、ハードウェアが1815億円、ソフトウェアが4億円が見込まれた同市場。34.6%のシェ…



2012年、105億円となったイメージスキャナ市場。モバイルユーザ向けの需要開拓が進められている同市…


アーカイブ」関連のセミナー

そこまで話していいの?Veeam/Zerto海外視察レポート! 【クライム】 締切間近 

開催日 6月21日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

2018年5月14〜16日にアメリカ シカゴで行われたVeeam ON 2018、5月21〜23日にボストンで行われたZertoCON 2018から最新情報をお…

「Workplace by Facebook」オンラインセミナー 【サテライトオフィス】 締切間近 

開催日 6月6日(水),6月22日(金)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

<ビジネス版Facebook :Workplace by Facebook に関して>ビジネス版Facebook =Workplace by Facebook …

「メール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

アーカイブ/ 見知らぬ国から訴えられても大丈夫?IT部門の証拠開示能力が問われる訴訟リスク対策」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「アーカイブ/ 見知らぬ国から訴えられても大丈夫?IT部門の証拠開示能力が問われる訴訟リスク対策」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30009877


IT・IT製品TOP > メール > メールアーカイブ > メールアーカイブのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ