無線LANサービスの時代へ「クラウドWi-Fi」の今

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

無線LANサービスの時代へ「クラウドWi-Fi」の今

2017/11/13

 多くの企業で導入が進められている無線LANだが、ネットワークへアクセスするための基盤としてコモディティ化したといっても過言ではない今、管理の負担が軽減できるクラウドWi-Fiに対するニーズは確実に高まっている。無線LAN環境の新設や刷新を検討する際には、選択肢の1つとして挙がってくる機会も増えてきた。中小企業はもちろんだが、多くの店舗を展開する小売業を手掛ける大企業でも、実際にクラウドWi-Fiを活用するケースが出てきている。今回は、そんなクラウドWi-Fiの現状について見ていきながら、無線LANにおける最新トレンドについても紹介していこう。

無線LAN

※「無線LAN/無線LANサービスの時代へ「クラウドWi-Fi」の今」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「無線LAN/無線LANサービスの時代へ「クラウドWi-Fi」の今」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1クラウドWi-Fi動向

■クラウドWi-Fiとは?

 現在では、最大伝送速度が1.7GbpsとなるIEEE 802.11ac(最新は802.11ac Wave2対応のチップ)に対応したアクセスポイント(以下、AP)が普及期に突入しており、高速な無線LAN環境が安価に入手できるようになっている。 
 そんな無線LAN環境を整備するためには、展開する複数APを統合的に管理するための無線LANコントローラーが運用管理業務の負担を軽減してくれるツールとして重宝されるが、この管理を行うための機能をクラウドサービスとして提供しているのが、いわゆる「クラウドWi-Fi」と呼ばれるものだ。  

 クラウドWi-Fiは、純粋にメーカー側がクラウド環境を用意し、複数のユーザーが同時に利用できるようマルチテナント環境でサービス提供しているパブリッククラウドサービスもあれば、インテグレーターなどが自身のデータセンターやAWSなどパブリッククラウドサービス上に環境を構築し、ユーザーに対してはサブスクリプションにてサービス提供するものまで千差万別だ。本来的には前者のモデルが純粋な意味でのクラウドWi-Fiになるが、ユーザーとしてのメリットは後者のパターンでも十分享受できるだろう。そこで今回の企画では、双方含めたものをクラウドWi-Fiとして位置付けていく。

■無線LAN市場はクラウド化が進んでいるのか

 無線LANにおけるクラウド化、いわゆるクラウドWi-Fiがどの程度広がっているのかについてだが、2016年にIDCが発表した資料によれば、かなりの拡大が見込まれるマーケットとなっていることが分かる。なかでも、情報システム部門が専任化していない中堅中小企業などでは、管理に人手を割くことが難しい面もあり、クラウドWi-Fiへの切り替えも行いやすい。実際には、通信事業者が提供するインターネット回線とともに、オフィスでネットワークにアクセスするための環境としてクラウドWi-Fiを同時に契約するケースが多くみられるのが日本におけるクラウドWi-Fiの特徴の1つとなっている。

図1 無線LAN機器の売上に占めるクラウド管理型無線LANの売上比率
図1 無線LAN機器の売上に占めるクラウド管理型無線LANの売上比率
・基になる企業向け無線LAN機器市場予測および予測の前提条件は、『国内ネットワーク機器市場 2014年の分析と2015年〜2019年の予測:ルーター、イーサネットスイッチ、無線LAN機器市場(IDC #J15010104、2015年5月発行)』を参照している。
・クラウド管理型には、アクセスポイントの売上額のみを含んでいる。クラウドサービスのライセンスや、オプションのセキュリティサービス、導入、設置、コンサルティングなどのプロフェッショナルサービスは含まれない。
資料提供:IDC Japan

 ただし、全てがクラウドWi-Fiへ移行するかといえば、そう単純ではない。当然だが、既存のネットワーク環境との連携を含めた形で無線LANを考える必要がある。また最近では、標的型攻撃などが増えていることからも、エンドツーエンドでセキュアなネットワークを構築する動きも出てきている。そうなると、無線LAN単独でサービス導入するよりも、ネットワーク全体の重要なアクセス部分として無線LANを考える必要が出てくるわけだ。その場合、既存スイッチとの連携が前提になってくることも多く、無線LAN部分だけクラウド化しても管理的な負担軽減には大きく寄与しない。実際には、いまだにオンプレミス環境での無線LAN整備も多く行われている状況にある。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

無線LAN/無線LANサービスの時代へ「クラウドWi-Fi」の今」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

無線LAN」関連の製品

ギガビットレイヤー2スイッチ AX2100Sシリーズ(AX2130SS) 【アラクサラネットワークス】 Ruckus Wireless Smart Wi-Fiソリューション 【ジェイズ・コミュニケーション】 2025年、企業を待ち受けるネットワークの未来はつまらない? 4つのトレンド 【ヴイエムウェア+他】
ネットワークスイッチ 無線LAN 無線LAN
強固なセキュリティ、コンパクト・環境負荷設計、PoE対応などの特長を持ち、8年の無償サポートで安心して使い続けられるギガビットL2スイッチ。 クライアント端末/パケットごとに電波の強度分布を変化させることで、常に最適な状態での通信を実現する無線LANソリューション。
簡易なサイトサーベイにて導入可能。
2025年、企業を待ち受けるネットワークの未来はつまらない? 4つのトレンド

無線LAN」関連の特集


2009年度の出荷金額が、前年比10.0%増の約50億円となった「無線LANアクセスポイント」市場。…



近年、IPv6が徐々に普及してきています。IPv6でのヘッダやIPアドレスの仕組み、IPv4との違い…



12月といえば大掃除。オフィスでも、たまった文書やネットワーク配線、ビジネス機器などを見直してみると…


無線LAN」関連のセミナー

カフェでのテレワークを許可するべきか?そのリスクと対策 【主催:日本電通/協力:オープンソース活用研究所】  

開催日 2月9日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

【働き方改革が叫ばれる中、重要性を増すテレワーク】昨今、今後予測される人口減少による労働力の不足や、ダイバーシティの推進といった社会問題に対応するため、働き方の…

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

無線LAN/ 無線LANサービスの時代へ「クラウドWi-Fi」の今」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「無線LAN/ 無線LANサービスの時代へ「クラウドWi-Fi」の今」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009875


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ