この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

IoTの取り組み状況(2017年)・後編

2017/10/12


 キーマンズネットは2017年8月18日〜31日にわたり、「IoT(Internet of Things)の取り組み状況」に関するアンケートを実施した。全回答者数329人のうち、情報システム部門は32.5%、事業部門が43.8%、管理部門が18.5%、経営者・経営企画部門が5.2%といった内訳、企業規模については、100人以下の中小企業が19.5%、101〜1000人の中堅企業が34.0%、1001人以上の大企業が46.5%であった。
  
 今回は、「IoT活用で導入している製品/サービス」「IoT活用における課題」や「IoTプラットフォームサービスの認知度」などを調査。「導入・運用コスト」「専門知識を持った人材の不足」などがIoT活用での課題として捉えられていることなどが分かる結果となった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「IoT/IoTの取り組み状況(2017年)・後編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「IoT/IoTの取り組み状況(2017年)・後編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

IoT導入製品「無線通信ネットワーク」「センサー」「データ分析ツール」と続く

 前編ではIoTの活用が進んできている現状を取り上げたが、具体的にはどのようなIT製品サービスを導入し、実現しているのだろうか。導入済みと導入予定の方に尋ねた。上位は「無線通信ネットワーク」42.1%、「センサーモジュール」「データ分析ツール」30.0%、「IaaS/PaaSなどのクラウド基盤」23.6%と続き、その後は「サーバ/ストレージ」22.3%、「セキュリティツール」18.9%、「ウェアラブルデバイス」13.3%、「ビーコン」10.7%が続く結果となった(図1-1)。

 上位はどれもIoTを実現する上で必要不可欠な製品であるが、まずはセンシング機器からデータを吸い上げ異常時に検知を出すような工場での現場や、カメラなどの映像データを基に分析しながら改善を加えていく店舗でのマーケティング利用などが先行して進んでいるようだ。一方、今後IoTの浸透とともに日本においてより多くのセンサーが設置され、データ収集されていくと予測される中では、特にセンサーの制御技術やセキュリティ技術の向上は重要になってくるだろう。企業でも導入が進む製品群と予想される。  

 ちなみに、最も多かった「無線通信ネットワーク」であるが、具体的には何が採用されているのだろうか。導入中または導入予定の無線通信ネットワークを選択してもらったところ、1位は「Wi-Fi」87.8%と圧倒的に多く、2位は「携帯電話ネットワーク(3G、LTE、MVNOなど)」39.8%、3位が「Bluetooth」21.4%、4位が「LPWA(SIGFOX、LoRaWANなど)」12.2%、5位「Wi-SUN、Zigbee、Z-WAVE」(11.2%)と続いた(図1-2)。低消費電力、遠距離通信、低価格を特徴とし、IoT用の通信に最適として注目されているLPWAであるが、現状のところは4位で12.2%と、市場への広がりとしてはまだまだのようだ。

図1 IoTを実現する上で導入済み/導入予定のIT製品・サービス・無線通信ネットワーク(2017年)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 IoTを実現する上で導入済み/導入予定のIT製品・サービス・無線通信ネットワーク(2017年)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

IoT/IoTの取り組み状況(2017年)・後編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IoT」関連情報をランダムに表示しています。

IoT」関連の製品

「ファイルのDNA」を解析するAIセキュリティ 大手企業も導入するその実力とは 【Cylance Japan株式会社】 マルチクラウド対応データ統合プラットフォーム Talend Data Fabric 【Talend】 高度な分析ツールとダッシュボードを迅速、かつシームレスに活用するためには? 【クリックテック・ジャパン】
その他エンドポイントセキュリティ関連 ETL BI
「ファイルのDNA」を解析するAIセキュリティ 大手企業も導入するその実力とは AWS、Azure、GCPといった主要なクラウドサービスをサポートし、Spark、Hadoop、Kafkaなどに対応するビッグデータネイティブ型データ統合プラットフォーム。 高度な分析ツールとダッシュボードを迅速、かつシームレスに活用するためには?

IoT」関連の特集


 2016年10月13日、米Zuoraの日本法人であるZuora Japanは自社の「リレーションシ…



2016年度の勤怠管理ソフトの市場規模は117億円だった。43.1%のシェアを持つベンダーは?



第4次産業革命を支えるIoTの重要な要素技術であるM2M国際標準「oneM2M」。発表されたリリース…


IoT」関連のセミナー

内田洋行ITフェア2018(東京) 【内田洋行】  

開催日 10月25日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

2年後の2020TOKYOを前にインバウンド需要が拡大し、女性・高齢者や外国人の労働参加も進展したことから経済環境は好転しつつあります。しかしながら、その背後で…

AutoMate(RPA)ハンズオンセミナー 【NDIソリューションズ】  

開催日 10月5日(金),11月2日(金),11月9日(金),11月16日(金),11月21日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

政府主導で、提唱されている『働き方改革』は、一億総括躍社会の実現に向けた最大のチャレンジです。ICT分野では、多くの企業がそれを実現するための手段として、AI・…

【大阪】DX対応エンタープライズBI「Sisense」無料体験セミナー 【グランバレイ】  

開催日 7月27日(金),8月8日(水),8月29日(水),9月12日(水),9月26日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

■■実機を使った最新BIツールのセミナーを大阪で開催!!■■ 最新のBI・クラウド・IoT・AI・ブロックチェーンといった新たな技術を用いて、業務や情報のやり取…

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IoT/ IoTの取り組み状況(2017年)・後編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IoT/ IoTの取り組み状況(2017年)・後編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009869


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > その他ネットワーク関連 > その他ネットワーク関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ