ERPの導入および運用状況(2017年)・前編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

ERPの導入および運用状況(2017年)・前編

2017/11/16


 キーマンズネットは2017年9月28日〜10月12日にわたり、「ERPの導入および運用の課題」に関するアンケートを実施した。全回答者数174人のうち、情報システム部門が42.5%、製造・生産部門が13.8%、経営・経営企画部門が9.2%、企画/販売促進・マーケティング・広報/IR部門が8.0%、営業・販売部門が5.2%、総務・人事部門が3.4%、財務・会計・経理部門が1.7%、資材・購買部門が0.6%、その他15.5%といった内訳であった。

 今回は「導入状況」「導入形態」「満足度」などを2013年に行った同様の調査と比較する形で分析。大企業を中心に過半数の企業でERPが導入・利用されていることや、利用中のERPに対して具体的に満足している点、不満に感じている点などが見てとれる結果となった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「基幹系システム/ERPの導入および運用状況(2017年)・前編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「基幹系システム/ERPの導入および運用状況(2017年)・前編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

大企業では約7割が導入済み、今後の主流はオンプレミス型からクラウド型に

 はじめに「ERPの導入状況」について尋ねたところ、「使っているがリプレースの予定はない」34.5%、「業務上、必要がない」18.4%、「Excelなどで代用しているので不要」15.5%、「必要性は感じているが導入予定はない」10.3%、「使っており、リプレースの予定がある」9.2%の順となった(図1-1)。  

 まとめると「必要な機能だけ個別に利用している」も含めて過半数の50.6%が導入済み、11.5%が検討中、18.4%が「業務上、必要がない」と回答する結果となった。これを従業員別に見ると従業員規模が大きくなるにつれて「導入済み」の割合も大きくなっており、5001人以上の大企業においては69.4%と約7割の企業で導入済みであった。  

 次にERPを「導入済み」と回答した方に「導入形態」を尋ねたところ、「オンプレミスで統合ERPパッケージソフトウェア」が62.5%と過半数で、続いて「オンプレミスで自社開発」26.1%、「SaaSなどのクラウドアプリケーション」12.5%、「パブリッククラウドを使ったIaaSやPaaS」10.2%となった(図1-2)。  

 これを大まかにまとめると、オンプレミス型が88.6%、クラウド型が22.7%となる。2013年11月に実施した同調査(「ERPの導入状況(2013年)」)では、「パッケージ型」76.0%、「自社開発」19.2%とオンプレミス型での導入が95.2%と大多数を占めており、反対に「プライベート型クラウドサービス」は1.9%、「ハイブリッド型クラウドサービス」「パブリック型クラウドサービス」はそれぞれ1.0%と、クラウド型ERPの利用は合計3.9%とごくわずかであった。  

 これらの結果から、ここ4年間でクラウド型ERPの利用割合が約6倍と大きく伸びていることが分かった。

図1 ERPの利用状況・導入形態(2017年)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 ERPの利用状況・導入形態(2017年)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

◆関連記事を探す

基幹系システム/ERPの導入および運用状況(2017年)・前編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「基幹系システム」関連情報をランダムに表示しています。

基幹系システム」関連の製品

電子印鑑サービス 「パソコン決裁Cloud」 【シヤチハタ】 ProActive E2(プロアクティブイーツー) 【SCSK】 Web経費精算システム MAJOR FLOW Z KEIHI 【パナソニック ネットソリューションズ】
ワークフロー ERP 会計システム
企業での決裁業務において、従来のワークフローに乗らない主にハンコが必要な承認文書を電子化。デバイスを問わずいつでもどこでも承認文書を決裁できる電子決裁サービス 会計、販売、資産、人事給与など、基幹業務全般をカバーし、豊富な機能より高い業務適合率を実現。パッケージ利用のメリットを最大限に享受できる超寿命なERP。 交通費や交際費などの承認の決裁だけではなく、経費精算に関する業務自体の改善を支援するビジネスリフォーム機能満載の経費精算システム。

基幹系システム」関連の特集


企業を支えるヒト・モノ・カネ等の中でもIT化が難しいと言われている「ヒト」。今回は、別々に管理されて…



中小企業の身近な経営コンサルタントである街の会計事務所で80年代から愛用されてきた専用機。しかしシス…



イノベーションを起こし続けるには? 全くの新製品を市場投入する挑戦を支える思想・企業風土を、リーダー…


基幹系システム」関連のセミナー

ペーパーレス化で働き方改革 【ウイングアーク1st】 注目 

開催日 7月18日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

「働き方改革」の中でも取り上げられることの多い労働時間の削減。一部の企業では経理や営業事務、窓口業務など定型作業の多いバックオフィス業務の効率化のためにRPAや…

Salesforceからの帳票設計&出力体験SVF Cloud for Salesforce 【ウイングアーク1st】 注目 

開催日 7月20日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ご紹介製品:SVF Cloud for Salesforce世界10万社以上で導入されている「Salesforce」、SFA・CRMだけでなくForce.com…

ゼロから80分でマスター!誰でもできる帳票作成セミナー 【ウイングアーク1st】 注目 

開催日 8月8日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

SVFは「帳票基盤ソリューション」として、長く皆様の帳票出力業務を支えています。・ノンプログラミングの簡単帳票設計・あらゆるアプリケーションとの柔軟な連携・PD…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

基幹系システム/ ERPの導入および運用状況(2017年)・前編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「基幹系システム/ ERPの導入および運用状況(2017年)・前編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009863


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ