営業部門が抱える課題とITの活用状況(2017年)・後編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

営業部門が抱える課題とITの活用状況(2017年)・後編

2017/11/09


 キーマンズネットは2017年10月6〜20日にわたり、「営業部門が抱える課題とITの活用状況」に関するアンケートを実施した。全回答者数195人のうち、営業部門が20.0%、情報システム部門が38.5%、全社・事業部・スタッフ部門が15.4%、製造・関連部門が14.4%、その他11.8%といった内訳であった。

 今回は、「営業部門のワークスタイル変革への取り組み状況」について、その具体的な取り組み内容や運用規則などについて2016年に行った同様の調査と比較する形で分析した。約半数の企業の営業部門でワークスタイル変革に取り組んでいることや、約6割の企業で「社内PCの外部持ち出し・自宅への持ち帰り」が許可されていることなどが分かる結果となった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「営業とIT/営業部門が抱える課題とITの活用状況(2017年)・後編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「営業とIT/営業部門が抱える課題とITの活用状況(2017年)・後編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

営業部門のワークスタイル変革、約半数が「取り組んでいる」と回答

 前編では営業部門が抱える課題や今後の対策について取り上げたが、「今後実施する予定の業務改善施策」として2016年の前回調査と比較して大きく順位を上げた項目が「IT活用によるワークスタイルの自由度向上」であった。そこで今回はまず「営業部門のワークスタイル変革への取り組み状況」について尋ねてみた。その結果「取り組んでいる」が49.2%、「取り組んでいない」が32.3%、「分からない」が18.5%と続き、約半数の企業の営業部門でワークスタイル変革に取り組んでいることが分かった(図1)。前回調査と比較すると「取り組んでいない」や「分からない」などの回答がそれぞれ3.0ポイント、9.4ポイントと減少し、その代わりに「取り組んでいる」が12.4ポイント上昇。特に1001人以上の大企業で20.1ポイント上げており、大企業を中心にワークスタイル変革への取り組みが進んでいる現状が見て取れる。

図1 「ワークスタイル変革」への取り組みの有無(2017年)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 「ワークスタイル変革」への取り組みの有無(2017年)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

営業とIT/営業部門が抱える課題とITの活用状況(2017年)・後編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「営業とIT」関連情報をランダムに表示しています。

「Web会議」関連の製品

Revolabs USBスピーカーフォン「FLX UC 500」 【ヤマハ】 IC3(アイシーキューブ) 【キヤノンITソリューションズ】 Web会議システム「LiveOn」 【ジャパンメディアシステム】
Web会議 Web会議 Web会議
6人程度の中規模Web会議に最適。話者に負担の少ない高性能マイクと高音質スピーカーで快適な遠隔コミュニケーションが可能。 社内普及しやすいWeb会議システム
●優れた音声品質
●操作が簡単
●狭帯域に強い
●設定・管理が簡単
4500社以上の導入実績。CD並みの音声品質と途切れを回避する独自機能を搭載し、カスタマイズにも柔軟に対応できるWeb会議システム。

「Web会議」関連の特集


せっかく導入したのに全然社員に使ってもらえない……Web会議は、操作に不安、不満を覚えられると一気に…



Web会議ってテレビ会議の簡易的なもの? そう勘違いされる方も多いWeb会議。単に離れた場所にいる相…



遠隔会議を実現する「Web会議」と「ビデオ会議」。その違いから、Web会議を導入する際のポイント4点…


「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

営業とIT/ 営業部門が抱える課題とITの活用状況(2017年)・後編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「営業とIT/ 営業部門が抱える課題とITの活用状況(2017年)・後編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009862


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > Web会議 > Web会議のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ