この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

IoTの取り組み状況(2017年)・前編

2017/10/05


 キーマンズネットは2017年8月18日〜31日にわたり、「IoT(Internet of Things)の取り組み状況」に関するアンケートを実施した。全回答者数329人のうち、情報システム部門は32.5%、事業部門が43.8%、管理部門が18.5%、経営者・経営企画部門が5.2%といった内訳、企業規模については、100人以下の中小企業が19.5%、101〜1000人の中堅企業が34.0%、1001人以上の大企業が46.5%であった。

 今回は、IoTの「認知度」や「取り組み状況」「活用用途」などを2015年に行った同様の調査と比較する形で分析。認知度、取り組み状況ともに2年前より大幅に拡大していることなどが見てとれる結果となった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「IoT/IoTの取り組み状況(2017年)・前編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「IoT/IoTの取り組み状況(2017年)・前編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

IoTの認知度は98.1%、2年で17.1ポイント増加する結果に

 はじめに、IoTの認知度を尋ねたところ「内容をある程度知っている」57.4%、「名前は知っているが内容は詳しく知らない」17.9%、「内容を知っており自社の活用イメージを考案中」14.9%、「内容は知っているが活用イメージが湧かない」7.9%、「知らない」1.8%と続く結果となった(図1-1)。まとめると、IoTの内容までを知っているのは80.2%、名前だけ知っているのは17.9%、内容も名前も知らないのは1.8%となった。合算すると「認知度」は98.1%と、IoTはほぼ全ての方が聞いたことのあるキーワードとなっている様子が伺えた。ちなみに2015年に行った同様の調査では「内容を知っている」54.5%、「名前を聞いたことがある」26.5%、「知らない」19.0%で、全体の認知度は81.0%であった(図1-2)。約2年でIoTの認知度が17.1ポイントも高まっていることに加え、その名前だけではなく「何ができるのか」といった内容面での理解が進んでいることが見て取れる。  

図1 IoTの認知度(2017年・2015年)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 IoTの認知度(2017年・2015年)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

IoT/IoTの取り組み状況(2017年)・前編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IoT」関連情報をランダムに表示しています。

IoT」関連の製品

グローバルで成功する企業は、勝つためにまず何を変えたか 【JFEシステムズ】 現代のビジネスを勝ち抜くために必要なモダン分析プラットフォームの構成要素 【Tableau Japan】 統合運用管理サービス「ASURA(あしゅら)」 【アクシスインターナショナル】
ERP BI 統合運用管理
グローバル企業では、時に全社の経営判断に時間を要する。本稿では約20カ月で世界8拠点を改革した日本の某メーカーの実例を基に、全社収益情報基盤の刷新方法を紹介する。 現代のビジネスを勝ち抜くために必要なモダン分析プラットフォームの構成要素 監視システム(Zabbix)資産管理システム(CMDBuild)チケット管理システム(OTRS)と、3つの機能を連携させたOSS。単なる「監視」ではなく「成果につながる運用」を実現。

IoT」関連の特集


 ユーザ企業のIT部門は、基幹業務の社内システムの開発・保守といったIT利活用の基礎となる業務を長年…



ユーザー部門におけるIT予算は増えているのか? 現場ではどのようなITツールが導入されているのか? …



大陸間データ伝送で約150Gbpsの速度を実現し世界最高記録を樹立!その立役者となった新ファイル転送…


IoT」関連のセミナー

JBCCアジャイル開発事例セミナー 【JBCC】  

開催日 10月17日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

ビジネス要求の変化が激しい昨今、IT部門は経営、事業部門から正しいニーズの把握と高品質・スピーディな対応が求められています。そうした中で、解決策として注目されて…

AI活用により自動化されたデータセンターの未来、ほか 【日本ヒューレット・パッカード】  

開催日 10月2日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

◆10/2(火)HPE ストレージフォーラム 2018 開催10/2(火)に、HPE ストレージフォーラム 2018が開催されます。マジセミではこのイベントに2…

Kerlink社によるワークショップ 【マクニカネットワークス】  

開催日 10月22日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

今、IoT市場で注目を集めているLPWA(Low Power、Wide Area)技術。従来のWi-FiやBluetoothでは電波が届かず、3G/LTEでは電…

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IoT/ IoTの取り組み状況(2017年)・前編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IoT/ IoTの取り組み状況(2017年)・前編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009858


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > その他スマートデバイス関連 > その他スマートデバイス関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ