この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

外付型エンタープライズストレージ

2017/11/21


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、IDC Japanの情報を元に、外付型エンタープライズストレージのシェア情報をご紹介しよう。

 IDC Japanの調べによれば、2017年第2四半期(4〜6月)の外付型エンタープライズストレージの国内支出額は、前年同期比9.6%減の383億300万円となった(この金額にはベンダー売上額にマージンが加算されている)。そのうち、メインフレーム向けが同比13.5%減の40億8200万円で、オープンシステム向けが同比9.2%減の342億2200万円であった。

 搭載メディアのHDDからフラッシュへの移行が進み、オールフラッシュアレイ(AFA)向けの支出額は同比111.6%増の79億8200万円となった。ハイブリッドフラッシュアレイ(HFA)は同比22.7%減で116億800万円、オールハードディスクアレイ(HDD)は同比20.7%減の187億1300万円であった。

 当該製品の支出額に占めるAFAの比率は前年同期の8.9%から20.8%に上昇した。AFAは、プライマリーストレージとしての採用が進みつつあり、従来AFAの導入に慎重であった国内金融機関の基幹系や勘定系のシステムでも採用された。AFAの導入実績の増加に伴い、信頼性が十分に高まったことが背景にあるとみられている。

 当該製品の売上額は363億7900万円で、ベンダー別の市場占有率(売上額ベース)を見ると、1位のベンダーが21.6%、2位は13.9%、3位は11.3%となっている。

 エンドユーザーのクラウドサービス採用増加に伴い、クラウドサービスプロバイダ向けを中心としたサーバ内蔵型のストレージに需要のシフトが発生していると分析されている。

外付型エンタープライズストレージシェア

外付型エンタープライズストレージシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

外付型エンタープライズストレージ/「外付型ストレージ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「外付型エンタープライズストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

外付型エンタープライズストレージ」関連の特集


フラッシュストレージへの移行が顕著となった外付型ストレージ市場。シェア1位の国内ベンダーとは?



急成長を続けるハイパーコンバージドシステム、市場から求められる理由とともに主要ベンダの動向について徹…



外付型エンタープライズストレージ市場は、HDDからフラッシュストレージへの移行が進む。シェア1位とな…


「その他ストレージ関連」関連の特集


エプロンこそしていませんが、ストレージシステムでもメイドが活躍。データライフサイクル管理に欠かせない…



たくさんある製品の中から、何を基準に選べば良いの・・?取材で聞いた、導入戦法の暗号「製品選択の5つの…



パーソナルデータ管理と利用を組織任せにしない新情報管理手法「分散PDS」。自分で個人情報をどう守るの…


「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

外付型エンタープライズストレージ/ 「外付型ストレージ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「外付型エンタープライズストレージ/ 「外付型ストレージ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009840


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連の市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ