この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

クラウド型会計ソフト

2017/10/24


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、MM総研の情報を元に、クラウド型会計ソフトのシェア情報をご紹介しよう。

 MM総研の調べによれば、2017年8月現在、従業員300人以下の国内中小企業などにおいて、会計ソフトユーザーのうちクラウド型の利用率は14.5%であった。

 当該製品の導入目的として「経理や会計の業務にかかる人件費の削減」が30.8%で首位、以降「ソフトウェアにかかる費用の削減」が28.5%、「クラウド上で情報を集約管理するため」が23.1%と続いている。その他、「セキュリティの向上」が前年比6.2ポイント増で2割を超えた。

 ユーザー企業の7割以上がインターネットバンキングの法人口座を利用しているほか、クレジットカード利用状況においても事業用カード(コーポレートカード)の利用が多いという結果から、外部データとの連携による業務の効率化や生産性の向上に対する期待度が高いと考えられている。

 市場占有率(導入社数ベース)をみると、1位のベンダーは32.3%で、銀行口座やクレジットカード、ECサイトなどの明細を自動で取得して仕訳登録を行うなど、入力の自動化による経理・会計業務の効率化を支援している。続いて2位は19.2%で、3位が15.4%、4位が13.8%となっている。

 当該製品の提供を開始したのは、1位のベンダーが2013年3月、2位は2014年1月であり、新興FinTechベンチャーが導入シェアの約半数を占める結果となった。

クラウド型会計ソフトシェア

クラウド型会計ソフトシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

クラウド型会計ソフト/「クラウド型会計ソフト」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「クラウド型会計ソフト」関連情報をランダムに表示しています。

クラウド型会計ソフト」関連の特集


「このままだとコストが…」介護施設の拠点増設に伴い問題となったのは、1ヵ所で管理していた会計処理が、…



89歳のおじいちゃんがクラウドを使いこなす!?調布市の老舗書店が抱えていた会計システムの問題。それを…



昨年末に行った調査では、確定申告でのクラウドサービス利用率は全体の11.1%だった同市場。圧倒的占有…


「会計システム」関連の製品

アンケート調査から見えた「失敗しない会計システム選び」の3カ条 【ミロク情報サービス】 Web経費精算システム MAJOR FLOW Z KEIHI 【パナソニック ネットソリューションズ】 ZeeM 会計 【クレオ】
会計システム 会計システム 会計システム
会計システムが抱えるニーズと実態のズレ、失敗しない会計システムをどう選ぶ? 交通費や交際費などの承認の決裁だけではなく、経費精算に関する業務自体の改善を支援するビジネスリフォーム機能満載の経費精算システム。 財務・管理会計を統合し、他システムとの連携性と充実した管理会計、決算日程の短縮にこだわったオールインワン会計システム。

「会計システム」関連の特集


新規顧客との取引の際に、予想以上に手間となるのが与信管理作業。今回は、請求書発行業務から代金回収をシ…



仕入れ・販売業務はビジネスの基幹業務であるだけに、効率化する効果は大きい。今回は、仕入先への手作業に…



システム活用における重視事項として「管理会計の強化による経費の削減」が最も多くあげられた同市場でシェ…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

クラウド型会計ソフト/ 「クラウド型会計ソフト」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「クラウド型会計ソフト/ 「クラウド型会計ソフト」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009836


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ