ウォルマートも導入に乗り出したブロックチェーンは何がうま味か

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ウォルマートも導入に乗り出すブロックチェーンは何がうま味か

基幹系システム 2017/09/13

 日本IBMはブロックチェーンを使ったネットワークシステムの構築および運用のためのマネージドプラットフォームである「Blockchain Platform」の提供を2017年10月から開始する。    

 Blockchain Platformは、Linux Foundationの下でオープンソースソフトウェアとして開発されているブロックチェーン実装の1つである「Hyperledger Fabric 1.0」をベースにしたPaaSであり、IBM Cloudのフルマネージドサービスとして提供される。PaaSのバックエンドには、「Secure Service Container」機能などのセキュリティ機能を実装したメインフレーム機「z Systems」と、z Systems専用のLinux OSである「LinuxONE」を採用する。

 IBM Blockchain Platformでは、いままで「IBM Blockchain β」として提供してきたブロックチェーン実装の基本要素である「分散台帳」「スマートコントラクト」「合意形成」や「暗号技術」に加え、アプリケーション開発環境「Hyperledger Composer」や「コンソーシアム型のブロックチェーンネットワークの形成と運営を支援するツール群」を含む。

ブロックチェーンはどの業界で、どう使えるのか

  実証実験向けの「エントリー・プラン」は実証実験向けで、1時間あたり52.5円程度で利用できる。複数メンバーによるコンソーシアム運用などの機能は含まれない。      

 本番業務向け「エンタープライズ・プラン」では、コンセンサスやオーダリングなどの機能を含むコンソーシアム型のブロックチェーンネットワーク管理ができる。ピア課金とメンバー単位の基本料金が必要だが、およその目安として、シングルテナントでの利用ならばトータルで1カ月あたり30万円程度だという。    

 この他、より高い性能要件やセキュリティ要件に対応する規制業種向けの「エンタープライズ・プラス・プラン」も2017年中のリリースを予定している(価格は未定)。ブロックチェーンは、分散処理や暗号化などの技術を利用することで、低コストでトレーサビリティーを保ちながら、データの改ざんを防止できる。こうした特性は金融取引以外でも有効だ。    

 Hyperledger Projectの成果をビジネスに生かそうという考えは、日立製作所や富士通などの日本企業でも盛んだが、日本IBMとしては、グローバルでの導入実績を基に、アセットやノウハウを活用して短期間で構築できる点、バックエンドにハイエンドミッションクリティカル系システムでの実績が多いz Systemsを使い、セキュリティを強化した独自のLinux環境が利用できる点などを強みとしていく考えだ。

日本市場の注力分野は? トレーサビリティをSCMや電子政府に生かすアイデアも

 日本IBM 執行役員 インダストリー・ソリューション事業開発担当 鶴田規久氏は、ブロックチェーン技術を「新たなインダストリー・プラットフォーム」と説明する。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

SCM/ウォルマートも導入に乗り出したブロックチェーンは何がうま味か」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SCM」関連情報をランダムに表示しています。

SCM」関連の製品

クラウド型間接材調達支援サービス 【富士通コワーコ】 Business WorkFlow 【新日本コンピュータマネジメント】
SCM ワークフロー
用度品、備品、事務用品等の経費による調達業務の課題を解決し、「業務工数」と「年間調達コスト」、「ITコスト」を総合的に削減するクラウドサービス。 サーバライセンスでユーザー数に関係なく多彩な文書をWeb上で管理できるワークフローシステム。簡単操作で管理・運用ができる。中国語を含む多言語での運用実績もある。

SCM」関連の特集


景気低迷の中だからこそ“攻めのIT投資”を!物流分野の中小企業が中堅・大手企業に対抗すべく新システム…



最近、無停止サーバーが市場を賑わせています。今回は、その必要性やどうして無停止なのかを解りやすく解説…



サーバ・ストレージ・ネットワークと適用範囲が広がる仮想化。仮想化ソフトがサーバに標準搭載される影響な…


SCM」関連のセミナー

【9/21】製造業のビジネスプロセスを中心とした業務知識習得 【富士ゼロックス総合教育研究所】  

開催日 9月21日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 5万4000円(税込み)

グルーバル標準のプロセス参照モデルであるSCOR(*1)をベースにした業務参照モデル利用し、製造業のビジネスプロセス全般の基礎と業務知識を学習します。 *1:s…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SCM/ ウォルマートも導入に乗り出したブロックチェーンは何がうま味か」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SCM/ ウォルマートも導入に乗り出したブロックチェーンは何がうま味か」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009828


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > SCM > SCMのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ