運搬ロボ、トラックシェアリング…日本の物流はAmazonを超える?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


運搬ロボ、トラックシェアリング…日本の物流はAmazonを超える?

基幹系システム 2017/08/24

 前回紹介した大和ハウス工業が建設中の巨大物流拠点「DPL流山」(2018年3月竣工予定)には、同社パートナー企業が多数参画し、トータルな物流ソリューションが提供される予定だ。「intelligent Logisticsの実現に向けた大和ハウス工業の取り組み」セミナーではそのうち3社のそれぞれ特徴的な取り組みが発表された。

物流の既存ビジネスモデルは数年のうちにプラットフォーマーが変革する

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

GROUND 代表取締役社長 宮田 啓友氏

 GROUNDは2017年で3期目を迎える新しい会社だが、宮田氏はアスクルのロジスティクス部門長、楽天の執行役員物流事業長などを歴任した物流のスペシャリスト。同社は自動搬送ロボット「BUTLER(バトラー)」の販売・導入・保守サービスやロボット制御ソフトウェアの企画・設計・開発・販売・導入・保守サービスなどの事業を行っている。

 DPL流山には庫内オペレーションを担う物流ロボット(自動搬送ロボット)としてBUTLERが実装される。BUTLERは、アマゾンが利用している物流ロボット「キバ」と機能的に類似しているが、宮田氏の考えによれば前者はソフトウェアによる制御部分に優れており、最短時間でのマルチオーダーピッキング計算や、過去のオーダーデータから出荷頻度の高い商品をステーション近くに配置することが可能だ。同社が目指すのはインテリジェントロジスティクス、すなわち最新テクノロジーを使って、高度でシームレスなクラウド型物流プラットフォームを創造することだ。そして、BUTLERはその構想の重要な一部を担う製品だとしている。

図1 物流ロボットBUTLERの外観

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 物流ロボットBUTLERの外観
可動式棚=MSUの下に潜り込んで棚を作業者のステーションまで運搬したり、効率的に作業できる位置に棚を配置し直したりする
https://www.youtube.com/watch?v=l446cwpqADs (YouTubeより)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

物流ロボット/運搬ロボ、トラックシェアリング…日本の物流はAmazonを超える?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「物流ロボット」関連情報をランダムに表示しています。

物流ロボット」関連の特集


建設大手の大和ハウス工業が建設中の巨大物流拠点「DPL流山」は、近代化された大規模物流関連施設・設備…



Amazonの倉庫ロボット「Kiva」に代表されるように、物流にも自動化の波が押し寄せている。すき屋…


「生産管理システム」関連の製品

多品種少量型 部品加工業向け 生産管理システム 「TECHS-BK」 【テクノア】 FutureStage 製造業向け生産管理システム 【日立システムズ】 個別受注型 中小中堅製造業向け 生産管理システム 「TECHS-S」 【テクノア】
生産管理システム 生産管理システム 生産管理システム
多品種少量型の部品加工業向け生産管理システム。「品番マスター登録なし」で運用でき、バーコードハンディターミナルによるリアルタイム進捗状況の把握などが可能。 生産管理・販売管理・在庫管理・技術管理・購買管理がシームレスに連携した製造業向け基幹業務統合ソリューション。 特注品・一品モノの受注、設計、加工、組立、据付を行っている工場や、自社ブランド品を繰り返し受注生産している工場に適合する生産管理システム。

「生産管理システム」関連の特集


 今回は株式会社メトロールの事例を紹介したいと思います。 この会社は、東京都立川市にある従業員97人…



建設大手の大和ハウス工業が建設中の巨大物流拠点「DPL流山」は、近代化された大規模物流関連施設・設備…



製品を「受注ロット」ではなく、実現場を流れる「製造ロット」単位での管理に切り替え、納期遅れや過剰生産…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

物流ロボット/ 運搬ロボ、トラックシェアリング…日本の物流はAmazonを超える?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「物流ロボット/ 運搬ロボ、トラックシェアリング…日本の物流はAmazonを超える?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009818


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 生産管理システム > 生産管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ