アーカイブ需要に復権をかけるテープストレージの今

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

アーカイブ需要に復権をかけるテープストレージの今

2017/09/27


 バックアップやアーカイブなどのニーズに長年応えてきたテープメディア。可搬性のあるメディアとしてデータ保護やBCP対策などに活用されてきたが、NASなどのディスクストレージが広く普及し、サーバーそのものがデータセンターに移管されてきたことで、その需要は以前に比べて低迷している状況にあるのは間違いない。すでに若い世代のなかにはテープそのものの運用が未経験な人も出てきているのが実態だ。そんな状況のなかでも、業務上不可欠なメディアとしてテープストレージ需要が再燃する兆しも見せている。そんなテープメディアの現状について、改めて概観してみたい。

テープ

※「テープ/アーカイブ需要に復権をかけるテープストレージの今」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「テープ/アーカイブ需要に復権をかけるテープストレージの今」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

森山 正秋

リサーチ第1ユニット グループディレクター 森山 正秋(Masaaki Moriyama)

IDC Japan株式会社企業サイトへ
アナリストファイル #095

 ストレージ、サーバーを含む複数のリサーチグループを統括。アナリストとしては、国内ストレージ調査の責任者として、年間情報サービス「Japan Storage Systems」「Japan Storage Solutions」「Japan Quarterly Disk Storage Tracker」「国内企業のストレージ利用実態調査」などを担当。また、多くのマルチクライアント調査やカスタム調査を手掛けている。IDC Japan主催のJapan Storage Vision、DirectionsTokyo、Japan Predictionsの講演メンバー。ストレージ業界の各種カンファレンスでもベンダーやユーザーを対象にした多くの講演を行っているほか、その発言は各種メディアで取り上げられている。



1

テープストレージの市場動向

■テープストレージの市場規模

 まずは、テープストレージにおける市場規模について見ていこう。IDCではテープストレージ市場を、テープメディアやバックアップ・アーカイブソフトを除いた、テープドライブとテープオートメーションを中心にとらえている。この国内テープストレージの売上額は、2016年には74億7,900万円で前年比11.7%減という結果だった。この背景には、エントリーとして用いられてきたDDSテープドライブが生産中止になったこと、そして、バックアップ需要がディスクベースに移行したうえ、クラウドサービスへの移行も進んでいることが大きな要因とみている。  

 この減少傾向は2021年までも続いていくと予測している。国内テープストレージ売上額については、2016年〜2021年のCAGR(Compound Annual Growth Rate:年間平均成長率)をマイナス2.6%とみており、テープドライブでみればマイナス4.4%、テープオートメーションでみればマイナス2.1%のCAGRと予測している。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

テープ/アーカイブ需要に復権をかけるテープストレージの今」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テープ」関連情報をランダムに表示しています。

テープ」関連の製品

IBM i上の基幹システムをクラウドへ移行する5つのポイント 【日本情報通信】 米国ITサミットレポート:Microsoft Azureなどがテープストレージ活用戦略を紹介 【富士フイルム】 NTTデータグループがバックアップの大改革で得た4つのメリットとは? 【Commvault Systems Japan】
IaaS/PaaS テープストレージ バックアップツール
長年にわたり「IBM i(AS/400)」で運用し続けてきた基幹システムは、まさに自社の業務ノウハウの結集だ。経営に欠かせないこの重要資産を今後も生かしていく道とは。 米国ITサミットレポート:Microsoft Azureなどがテープストレージ活用戦略を紹介 NTTデータグループがバックアップの大改革で得た4つのメリットとは?

テープ」関連の特集


システム障害や人為的ミスによるデータ消失に備えるためのバックアップは、既に大部分の企業が実施している…



3億2000万年もデータ保存可能なストレージが誕生!?今の技術が衰退してしまっても読み出せるストレー…



総務省指導で全国敷設が進められている通信ケーブルの標準「光ファイバ」の構造や基礎知識を学びながら、近…


「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

テープ/ アーカイブ需要に復権をかけるテープストレージの今」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「テープ/ アーカイブ需要に復権をかけるテープストレージの今」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30009795


IT・IT製品TOP > ストレージ > テープストレージ > テープストレージのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ