京セラのLPWA導入事例、ピザ宅配業者の2000万円損失に終止符?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


京セラのLPWA導入事例、ピザ宅配業者の2000万円損失に終止符?

ネットワーク機器 2017/07/13

 「これからはデータの時代だ」「IoTを活用していかなければならない」と煽られ、焦燥感を感じている企業は多いのではないだろうか。2020年には、300億のデバイスがインターネットに接続されるという予測も出ており(図1)、自動販売機や洋服など、あらゆるものからデータを吸い上げ活用する時代が到来しようとしている。しかし、いざIoTをビジネスに活用しようと考えると、通信費やデバイス代の費用がかさむなど、多くの課題が立ちはだかる。

図1 2020年までのIoT市場予測

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 2020年までのIoT市場予測

 その打開策の1つとなるのが、無線通信技術「LPWA」(Law Power Wide Area)だ。LPWAとは、BluetoothやWi-Fiと比べ、低消費電力でありながら広いエリアでの通信をかなえる技術であり、IoTの普及に伴って注目株となりつつある。日本では、2017年2月に京セラコミュニケーションシステム(以下、KCCS)がフランスのSIGFOXと提携し、LPWAのネットワーク規格である「SIGFOX」のサービス提供を開始した。

 「SIGFOXの可能性に注目して事業をはじめている」と話すのは、KCCSのLPWAソリューション事業部 大植裕之氏。すでにいくつか導入事例もあり、宅配ピザチェーンの事業などにも貢献し始めているようだ。SIGFOXは、IoT時代が抱えるどのような課題を解決できるのか、具体的にどのような事業に活用できるのか。2017年6月21日に開催された「Advantech IoT47 in 横浜」にて同氏が話した内容を紹介したい。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

LPWA/京セラのLPWA導入事例、ピザ宅配業者の2000万円損失に終止符?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「LPWA」関連情報をランダムに表示しています。

LPWA」関連の特集


LPWAはIoTデバイスからデータを収集するための通信手段として注目を集めている。LPWAを活用する…



IoT技術がなかなか実業務の改革や改善に適用されない理由はどこにあるか。読者アンケートで見えてきた技…



ITツールの導入や、システム開発といった文脈で耳にすることの多い「PoC(Proof of Conc…


「無線LAN」関連の製品

「ネットワーク関連製品」に関するアンケート 【丸紅情報システムズ】
無線LAN
Amazonギフト券3000円分が当たる:「ネットワーク関連製品」に関するアンケート

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

LPWA/ 京セラのLPWA導入事例、ピザ宅配業者の2000万円損失に終止符?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「LPWA/ 京セラのLPWA導入事例、ピザ宅配業者の2000万円損失に終止符?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009789


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ