この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

レーザープリンタ

2017/09/26


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、IDC Japanの情報を元に、レーザープリンタのシェア情報をご紹介しよう。

 IDC Japanの調べによれば、2017年第1四半期(1〜3月)のレーザー方式のプリンタとMFP(複合機)の国内出荷台数は、前年同期とほぼ同数の44万台であった。そのうちカラーレーザーMFPが前年同期比0.7%増の15万5000台、モノクロレーザーMFPは同比15.2%減の5万8000台、カラーレーザープリンタは同比4.5%増の6万9000台、モノクロレーザープリンタは同比4.1%増の15万8000台であった。

 モノクロレーザープリンタでは、大規模小売業の店舗による大型案件により前年同期比で増加したものの、カラー化に伴ってモノクロ機器の出荷は減少傾向にあると考えられている。

 ベンダー別の市場占有率(出荷台数ベース)を見ると、1位のベンダーが23.4%、2位が22.1%で、3位が14.8%と、上位3社で市場の60%以上のシェアが占められている。

 モバイルやクラウドの普及、セキュリティ要求の高まり、社内文書のワークフローの見直しなどによって、印刷自体も徐々に減少傾向にある。今後、ゆるやかに縮小する市場の中で、ベンダーの大きな収益源である消耗品や保守提供の競争が激化すると予測されている。

 IDCでは、近い将来、ベンダーの再編など大きな変化が起きる可能性が十分あるとしている。ベンダーが生き残るためには、例えば中堅中小企業向けの文書セキュリティやワークフローのソリューションと連携するなど、新たな需要を喚起するような販売方法を模索する必要があると考えられている。

レーザープリンタシェア

レーザープリンタシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

レーザープリンタ/「レーザープリンタ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「レーザープリンタ」関連情報をランダムに表示しています。

レーザープリンタ」関連の特集


東日本大震災で電力不安を体験した企業の多くは「UPS(無停電電源装置)」の見直しを図った。あれから数…



40件もの改善要求も!?現場から熱く求められた帳票定型化。基幹システムのスプールファイルをPDF化し…



2016年第1四半期は、前年同期比11.0%減だったレーザー複合機・プリンタ市場。23.9%のシェア…


「プリンター」関連の特集


2014年は前年比4%減の546万台だったインクジェット製品市場。1位は43%、2位41%の占有率を…



前年同期比ほぼ横ばいだったプロダクションプリンタ。日本企業がしのぎを削る中、1位に輝いたベンダーは?



導入前に考えたい「プリンタ」の“省エネ対策”。カタログでよく見る“スリープモード時の消費電力”と“最…


「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

レーザープリンタ/ 「レーザープリンタ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「レーザープリンタ/ 「レーザープリンタ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009772


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ