この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

外付型エンタープライズストレージ

2017/09/12


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、IDC Japanの情報を元に、外付型エンタープライズストレージのシェア情報をご紹介しよう。

 IDC Japanの調べによれば、2017年第1四半期(1〜3月)の国内外付型エンタープライズストレージシステムの支出額の実績は、前年同期比6.8%減の493億4800万円となった。なお、この金額にはベンダー売上額にマージンが加算されている。

 メインフレーム向けは71億400万円で同10.6%減、オープンシステム向けは422億4400万円で同6.2%減であった。メインフレーム向けは2015年の大型更新をピークに支出が低迷し、オープンシステム向けはミッドレンジとローエンドの落ち込みが影響している。

 HDDからフラッシュへと搭載メディアの移行が進んでいる。支出額のうちオールフラッシュアレイ(AFA)は66億5500万円で前年同期比86.0%増、ハイブリッドフラッシュアレイ(HFA)は148億4900万円で同12.2%減、オールHDDアレイは278億4400万円で同14.2%減であった。

 マージンを含まない売上額ベースでベンダー別の市場占有率を見ると、1位のベンダーが25.1%、2位が17.9%、3位が10.8%、4位は8.4%で5位が8.2%となっている。

 当該期は支出額のうち、AFAの比率が前年同期の6.8%から13.5%に上昇した。AFAは複数の製品ラインを持つベンダーが増加したほか、重複排除や圧縮の機能、レプリケーションやスナップショットなど従来型ストレージシステムと同等のデータサービス機能を持った製品が増えたことで、プライマリーストレージ市場での需要獲得が加速している。

外付型エンタープライズストレージシェア

外付型エンタープライズストレージシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

外付型エンタープライズストレージ/「外付型ストレージ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「外付型エンタープライズストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

外付型エンタープライズストレージ」関連の特集


急成長を続けるハイパーコンバージドシステム、市場から求められる理由とともに主要ベンダの動向について徹…


「SAN」関連の製品

フラッシュの6つの誤解を解消、最適なフラッシュ移行を実現する実践ガイド 【日本ヒューレット・パッカード】 「オールフラッシュアレイ」12社25モデルをガチンコ比較、今選ぶならどれ? 【日本ヒューレット・パッカード】
SAN SAN
フラッシュの6つの誤解を解消、最適なフラッシュ移行を実現する実践ガイド 「オールフラッシュアレイ」12社25モデルをガチンコ比較、今選ぶならどれ?

「SAN」関連の特集


今回は、ストレージシステムの中で機能面に優れるSANをご紹介します。各ベンダーの仮想化への取り組みな…



増加するデータ量をスムーズに処理する手法として「SAN」が注目されています。今回はエントリータイプの…



点在するストレージを統合するSANには、効率的なストレージ利用や運用/管理の手間の削減といったメリッ…


「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

外付型エンタープライズストレージ/ 「外付型ストレージ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「外付型エンタープライズストレージ/ 「外付型ストレージ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009770


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ