この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

SIM/SIEM

2017/08/01


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、SIM/SIEMのシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、統合ログ管理ツール(SIM/SIEM)の2016年度の国内市場は、SIMが29億円、SIEMが43億5000万円だった。SIMは内部統制用途を中心に拡大し、2012年ごろからはリアルタイムログ収集・分析機能を有するSIEMが、外部脅威へのセキュリティ対策として本格的に市場を確立した。

 SIMはソフトウェアによる提供が主体でSaaS/アプライアンス市場は確立されていない。一方、SIEMはソフトウェアを中心としつつ、アプライアンスでの提供も行われている。ソフトウェアはシステム構成に応じて柔軟に対応できる一方、アプライアンスは設定の手間や導入期間が短い。双方堅調に市場拡大するとみられている。

 ベンダー別の市場占有率(金額ベース/見込)を見ると、SIMでは、1位のベンダーが公共を主体に売り上げを伸ばし34.5%、2位は大手企業を中心に売り上げを堅調に伸ばし30.3%、3位は15.5%となっている。SIEMでは、1位は金融業を中心に幅広い業種への導入が進み20.7%、2位も幅広い業種に展開し19.5%、3位は18.4%となっている。

 今後、PCI DSSに準拠する必要のあるカード決済代行会社、通販・ネットサービス事業者などの需要が継続的に見込まれる。また、近年SIMベンダーが徐々にSIEMの提供へと移行しており、SIEM市場が大きく拡大するとみられている。

SIM/SIEMシェア

SIM/SIEMシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

SIEM/「SIM/SIEM」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SIEM」関連情報をランダムに表示しています。

SIEM」関連の製品

「マネージドセキュリティサービス」はなぜ変わらなければいけなかったのか? 【株式会社シマンテック】 内部ネットワーク監視ソリューション「VISUACT」 【ギガ+他】
アンチウイルス 統合ログ管理
「マネージドセキュリティサービス」はなぜ変わらなければいけなかったのか? ・ファイルサーバのアクセスログを生成する
・内部ネットワークに侵入したマルウェアの拡散活動を記録する

SIEM」関連の特集


セキュリティ研究機関のMcAfee Labsが2016年第3四半期の脅威レポートを発表しました。セキ…



今や“ログ管理”は企業規模を問わず、発注元などから求められる要件になってきている。最近ではログ収集の…



標的型攻撃の対策には多層防御と言われるが、限りある予算に悩むセキュリティ担当者は多い。有効な手段とは…


SIEM」関連のセミナー

McAfee SIEMハンズオンセミナー 【マクニカネットワークス】  

開催日 12月1日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

標的型攻撃やサイバー攻撃の高度化により、外部からの侵入をセキュリティ機器で防御する「予防的対策」だけでなく、侵入された場合にいち早く検知、調査、対処を行う「発見…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SIEM/ 「SIM/SIEM」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SIEM/ 「SIM/SIEM」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009764


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理の市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ