省エネ性能世界第2位、Yahoo!JAPANの独自スパコン「kukai」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

省エネ性能世界第2位、Yahoo!JAPANの独自スパコン「kukai」

2017/08/16


 最新キーワードを5分で理解するこのコーナー、今回は日本の民間企業が自前で作ったスーパーコンピュータ(以下、スパコン)「kukai(クウカイ)」です。ポータルサイト事業の雄、ヤフー(以下、Yahoo! JAPAN)がディープラーニングを活用したサービス強化のために開発したこのスパコンは、世界のスパコン省エネランキング「GREEN 500(2017年6月)」で第2位にランクされています。いったいどんなものなのでしょうか?

スパコン

※「スパコン/省エネ性能世界第2位、Yahoo!JAPANの独自スパコン「kukai」」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「スパコン/省エネ性能世界第2位、Yahoo!JAPANの独自スパコン「kukai」」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

kukaiって何?

 Yahoo! JAPANが開発した、ディープラーニング活用に焦点を当てたスパコンのこと。ExaScaler(以下、エクサスケーラー)、HPCシステムズと共同で開発した「kukai」は、これまで同社が持っていたディープラーニング用環境に比べて理論上約225倍の演算処理性能を実現した。それでいて大幅な省エネ化を図り、グローバルな省エネ性能ランキングプロジェクト「GREEN500」で世界第2位を獲得するほどの成果を達成している(2017年6月発表)。

図1 Kukaiの外観(斜め)/Kukaiの外観(正面)
図1 Kukaiの外観(斜め)/Kukaiの外観(正面)
1-1

kukaiの何がすごいのか?

 Yahoo! JAPANは、誰でも知っている国内最大手のポータルサイト事業者だが、システムベンダーでもキャリアでもない民間の1企業だ。国内では「ABCI」や「TSUBAME」など国の肝いりで作られているAI学術研究用のプラットフォームの例はあっても、これまで自社ビジネスに生かすことを目的にディープラーニングに特化したスパコンを自前で開発した例はほぼ聞かない。大きな理由はコスト面での課題が大きいためだ。それをクリアして自前のスパコンを実現させたことは、他の国内企業にも希望を抱かせる出来事といえるだろう。

■注目したいポイントは5つ

 kukaiに採用された技術で注目したいポイントは次の5点だ。

液浸冷却方式の採用

独自の高密度実装によるGPUの高効率稼働

NVIDIAの最新GPU「Tesla P100」を160基搭載

ソフトウェアによる独自のチューニング

Tensorflow、Caffeなどのオープンソースフレームワークの利用

■GREEN 500上位スパコンの特徴

 これらの技術要素を組み合わせ、Yahoo! JAPANはGREEN500に今回初めてのチャレンジを行った。少しGREEN 500の結果を紹介しておこう。2017年6月の発表では1位から4位まで日本のシステムが独占した。2位となったkukaiの電力効率は1ワット当たりの浮動小数点演算性能が14.046ギガフロップスで、これは1位の東京工業大学の「TSUBAME 3.0」にわずか0.064ギガフロップス及ばないだけである(ギガフロップスとは、1秒当たりに10億回の浮動小数点演算が行えることを指す)。

表1 GREEN 500ランキングのトップ10スパコン
表1 GREEN 500ランキングのトップ10スパコン
「GREEN 500」公式サイト
資料提供:GREEN 500

 トップ10の中で、学術研究用途ではない産業用途のシステムは、kukai以外ではFacebookの独自スパコンとNVIDIAのDGX Saturn V(2016年11月のGreen 500では1位だった)のみだ。このトップ10のうち9システムがNVIDIAの最新GPUであるTesla P100を採用している。

コラム:GREEN500トップ10中の他の日本のシステム

 他の日本のシステムについて補足すると、1位を獲得した東京工業大学のTSUBAME 3.0は水冷方式を採用するシステムだ。

 3位の「産総研AIクラウド」はNECが産総研に納入し、2017年4月から稼働している。こちらは空冷方式で、同方式の中では最高の成績となった。

 4位の「RAIDEN(Riken AIp Deep learning ENvironment)」は、理化学研究所 革新知能統合研究センターが富士通と共同で設置し運用しているシステムである。

 7位の「Gyoukou(暁光)」は 日本のベンチャー企業PEZY Computingの独自チップ「PEZY-SC2」を採用しており、Tesla P100を使わない独自路線だ。kukai開発に携わったエクサスケーラーがこの開発にも参画している。

 8位の「RCF2」は正式には「Research Computation Facility for GOSAT-2」といい、2016年に新日鉄住金ソリューションズが国立環境研究所に納入したシステムだ。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2017/12/31まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 ふとん暖め乾燥機 FD-F06X2  
●A賞:抽選で1名様
 アイロボット ロボット掃除機 ルンバ875A 
●C賞:抽選で1名様
 ケルヒャー高圧洗浄機 K 2 クラシック プラス 
●D賞:抽選で1名様
 選べる宿泊ギフト(とっておきの宿)30500円コースで選べる魅力的な温泉宿 
●E賞:抽選で5名様
 Amazon 使える商品は1億種以上「Amazonギフト券 5000円分」 

このページの先頭へ
関連キーワード

スパコン/省エネ性能世界第2位、Yahoo!JAPANの独自スパコン「kukai」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「スパコン」関連情報をランダムに表示しています。

スパコン」関連の特集


大気圏外にも天気がある!?地上の通信や衛星などに大きな影響をもたらしている宇宙天気の変動を予測するス…



人類の夢を叶えるサービスとは?人間をはるかに越える処理能力であらゆる質問に答えてくれる…SFの世界が…



マイナス成長が続くIT市場ですが、2020年に向けての動向はいかに?企業のIT投資トレンドと今後5年…


「その他サーバー関連」関連の特集


最近、無停止サーバーが市場を賑わせています。今回は、その必要性やどうして無停止なのかを解りやすく解説…



2007年はデータセンタやネット系新興企業での需要が堅調で、2008年も堅調維持とされる「ラックマウ…



2001年以降、初めて成長率が前年を上回る国内サーバ市場。スーパーコンピュータ「京」が市場を牽引する…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

スパコン/ 省エネ性能世界第2位、Yahoo!JAPANの独自スパコン「kukai」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「スパコン/ 省エネ性能世界第2位、Yahoo!JAPANの独自スパコン「kukai」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30009757


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバー関連 > その他サーバー関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ