会議の実態と支援ツールの導入状況(2017年)・後編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

会議の実態と支援ツールの導入状況(2017年)・後編

2017/09/14


 キーマンズネットとTechTarget ジャパンは、2017年4月3日〜21日にわたり「会議の実態と支援ツールの導入状況」に関するアンケートを実施した。全回答者数607人のうち、従業員規模は100人以下の中小企業が20.8%、101人〜1000人の中堅企業が39.9%、1001人以上の大企業が39.4%という内訳、所属部門は、情報システム部門は48.1%、経営企画・CIOが5.8%、管理部門が16.8%、事業部門が29.3%といった内訳であった。  

 前編では主に、自社で実施される“会議”について調査を実施。自社の会議に対し約8割が課題を感じているが、会議の改善を試みてもその4割は失敗に終わっている状況が明らかになった。後編では会議最適化のためのITツールについて、導入状況や導入の可能性、遠隔会議システムの導入状況について聞いた結果を紹介する。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「遠隔会議システム/会議の実態と支援ツールの導入状況(2017年)・後編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「遠隔会議システム/会議の実態と支援ツールの導入状況(2017年)・後編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

会議最適化のために最も期待が寄せられているのは「ビジネスチャット」

 前編で浮き彫りになった会議の実態であるが、会議最適化に貢献するコラボレーションデバイスやオンラインストレージ、グループウェア、社内SNSといったいくつかのITツールについて、現在の導入状況及び、今後の導入可能性を聞いた(図1)。結果は、「今後導入予定」と回答されたツールは「ビジネスチャット」(10.6%)が最も票を集めた。次いで2位が「社内SNS」(9.4%)、3位が「オンラインストレージ」(9.2%)と続く。  

 また、これらの選択肢の中から既に「導入済み」のツールは「グループウェア」(67.0%)が最も多く、2位以降は「Web会議」(56.0%)、「ビデオ会議」(53.5%)、「電話会議」(48.4%)と遠隔会議システムが続いた。

 また、「導入したが定着していない/使いこなせなかった」ツールとしては「プロジェクト管理」(15.2%)が最も多かった。プロジェクト管理についてはシステムの開発案件などを円滑に進めるためにエンジニアなどから支持を集めているが、便利な機能が多い半面、入力項目が多いなどの課題もあり、営業や企画部門の普段の業務の中ではなかなか生かしきれないことが多いことが予想される。

図1 会議最適化ツールの導入状況・導入可能性

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 会議最適化ツールの導入状況・導入可能性

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

遠隔会議システム/会議の実態と支援ツールの導入状況(2017年)・後編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「遠隔会議システム」関連情報をランダムに表示しています。

遠隔会議システム」関連の特集


Googleがホワイトボードを再発明したらどうなる? 先行するSurface Hubを意識した価格設…



「長い、ムダが多い!」会議の課題はなくならない? 他の企業はどうなのだろう。会議改善への試みやその結…



離れた場所でもPC上の資料を共有し、顔を合わせてのコミュニケーションを可能にするWeb会議サービス。…


「Web会議」関連の製品

遠隔会議用スピーカーフォン「YVC-300」 【ヤマハ】 Web会議システム「LiveOn」 【ジャパンメディアシステム】 中・大規模会議 マイクスピーカーシステム「YVC-1000」 【ヤマハ】
Web会議 Web会議 Web会議
高性能の適応型エコーキャンセラーを始め、ヤマハが長年培ってきた音声処理技術を数多く搭載。音声とノイズをしっかり仕分けし、スマートフォンの電話利用時にも使える。 4500社以上の導入実績。CD並みの音声品質と途切れを回避する独自機能を搭載し、カスタマイズにも柔軟に対応できるWeb会議システム。 マイクとスピーカーを独立させ、低音から高音までクリアに再生できるスピーカーをディスプレイの前に置くことで映像と音声の一体感を生み出し、スムーズなWeb会議を実現。

「Web会議」関連の特集


「長い、ムダが多い!」会議の課題はなくならない? 他の企業はどうなのだろう。会議改善への試みやその結…



愛息が5歳になり色々な事を一緒に出来る喜びを噛み締め、テレワークを活用しながら、日々子育てに奮闘して…



 11月に入り、めっきり寒くなりましたね。皆様体調はいかがでしょうか? さて、室内での活動が多くなる…


「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

遠隔会議システム/ 会議の実態と支援ツールの導入状況(2017年)・後編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「遠隔会議システム/ 会議の実態と支援ツールの導入状況(2017年)・後編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009747


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > Web会議 > Web会議のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ