クラウドサービスの利用状況(2017年)・前編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

クラウドサービスの利用状況(2017年)・前編

2017/08/03


 キーマンズネットは2017年6月30日〜7月5日にわたり、「クラウドサービスの利用状況」に関するアンケートを実施した。全回答者数330人のうち、従業員規模は100人以下の中小企業が18.2%、101人〜1000人の中堅企業が37.6%、1001人以上の大企業が44.2%という内訳、所属部門は、情報システム部門(導入・検討や運用に関わる立場)は35.8%、事業部門が44.5%、管理部門が13.0%、経営者・経営企画部門が6.7%といった内訳であった。

 今回は、クラウドサービスについて「魅力を感じる点」「懸念や不安を感じる点」「選定時に重視するポイント」などを、2015年に実施した同調査と比較した形で分析。大企業を中心に「導入までの期間が短い」ことが魅力の1つとして注目されてきていることなどが見てとれる結果となった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「クラウドサービス/クラウドサービスの利用状況(2017年)・前編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「クラウドサービス/クラウドサービスの利用状況(2017年)・前編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

5割が心理的不安も…クラウドの魅力は「運用負荷軽減」「導入期間短縮」が挙がる

 はじめに「クラウドサービスの利用とオンプレミスのどちらが安全と考えるか」と尋ねたところ、「オンプレミス」が31.8%、「クラウドサービス」が14.8%、「どちらともいえない」が53.3%となった。この結果を2年前の2015年に行った同様の調査と比較すると、「オンプレミス」が6.6ポイント増加しており、代わりに「クラウドサービス」や「どちらともいえない」などの回答割合が下がっていた。  

 それでは具体的にどのような点を「不安」と感じているのだろうか。「クラウドに懸念や不安を感じる点」について聞いた結果、1位は「セキュリティ(不正侵入などの脅威)」で69.1%、2位は「サービスの安定性・継続性(可用性)」で58.4%、3位は「データを外部に預ける心理的不安」で51.4%、4位は「サポート体制」で40.4%、5位が「運用費用の増加」で32.5%と続き、その後も「コンプライアンス」「サービスによっては国内にデータセンターがない」などが挙がった(図1-1)。パブリッククラウドなどの場合、当然ながら自らの管理範囲外で運用されることが多くなるため、セキュリティや可用性への信頼不足や心理的な不安などを感じる企業も少なくないのだろう。  

 一方で、クラウドだからこそのメリットも大きい。関連して「クラウドに魅力を感じる点」を尋ねたところ、1位が「運用管理負荷の軽減」で60.6%、2位が「導入までの期間が短い」で56.3%、3位が「経費削減(IT投資の軽減)」で53.1%、4位が「利便性(スマートデバイスなどで簡単アクセスが可能に)」で45.3%、5位が「システムの拡張性」で39.7%と続いた(図1-2)。クラウドサービスの利用で設備投資や運用管理負荷を軽減できる点はもちろん、利用・導入までの期間を短縮しビジネススピードを上げることで企業競争力を高められることがメリットとして認識されていた。  

 特に前回調査と比較して「導入までの期間が短い」が全体で18.0ポイントも増加、従業員規模別に見ると1001人以上の大企業で19.3ポイントと大幅に増加していた。大企業でのシステム導入ともなれば関連部署も多くなり、サービス企画や運用計画、開発設計などに時間がかかっていた従来と比べ、例えば部門予算範囲内でのSaaS利用やテスト開発時のIaaS/PaaS利用など、導入開始とサービス停止の両面でスピードを重視できるクラウドサービスの活用メリットがここ数年でますます注目されているようだ。

図1 クラウドに懸念や不安/魅力を感じる点(2017年)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 クラウドに懸念や不安/魅力を感じる点(2017年)
このページの先頭へ

2

クラウド選定基準は「月額費用」「可用性」「セキュリティの堅牢性」などが上位に

 次にクラウドサービスを利用中の企業に「クラウドサービスを選定する上で重要なポイント」を聞いた。その結果、1位が「月額費用」で56.0%、2位が「サービスの安定性・継続性(可用性)」で55.4%、3位が「セキュリティの堅牢性」で40.2%、4位が「運用負荷が小さい」で29.3%、5位が「実績が豊富」で25.0%と続いた(図2)。上位の顔ぶれは前回調査時とほぼ変わっておらず、コスト、可用性、セキュリティ、運用負荷が主な選定基準となっている。これらが自社の求める要件にどれだけ合致するかを判断するために「実績が豊富であること」や「サポート体制」「日本製か、海外製か」「試用期間の有無」など下位に挙げられているような項目を具体的要件として検討するのだろう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

クラウドサービス/クラウドサービスの利用状況(2017年)・前編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「クラウドサービス」関連情報をランダムに表示しています。

クラウドサービス」関連の製品

ビジネスモデルの変化にも対応、クラウドERPで実現するグローバル経営管理基盤 【ネットスイート】 コールセンター向けCRMソフト inspirX 5(インスピーリファイブ) 【バーチャレクス・コンサルティング】 クラウド型間接材調達支援サービス 【富士通コワーコ】
ERP CRM SCM
クラウド型ERP導入事例:短期間でグローバル展開ができたワケ 電話/メール/Web/SMSなどのマルチチャネルに対応したCRMソフトウェア。LINE連携や外部システム連携から得られるマーケティングデータの活用を促進する機能を強化。 用度品、備品、事務用品等の経費による調達業務の課題を解決し、「業務工数」と「年間調達コスト」、「ITコスト」を総合的に削減するクラウドサービス。

クラウドサービス」関連の特集


「広域イーサネットって何?」と聞かれたら説明できますか?仕組みから他のWANサービスとの違い、最新事…



日本でも広がりつつあるオフショア開発ですが、本来の目的に達しないケースも。そんなグローバルソーシング…



企業ITの中のデータベースはアプリケーションとは切っても切れない関係。ライセンスは? クラウドインフ…


クラウドサービス」関連のセミナー

Google Cloud Platform セミナー 【クラウドエース/TOKAIコミュニケーションズ】  

開催日 1月24日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

 2016年11月8日、Google Cloud Platformの東京リージョンの開設が発表されました!東京リージョンの開設により、GCPはさらに進化を遂げま…

止まない標的型攻撃。情報漏えい対策の最後の砦とは? 【キヤノンITソリューションズ】 締切間近 

開催日 12月15日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

止まない標的型攻撃。情報漏えい対策の最後の砦とは?〜Webを通じた外部との不正通信対策をご紹介〜働き方改革による業務環境の多様化や、クラウドサービスの普及に伴い…

ファイル交換・転送サービスの正しい選び方 【NRIセキュアテクノロジーズ】 締切間近 

開催日 11月16日(木),12月15日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

他社との協業活動の拡大や世の中の急速なデジタル化に伴い、国内外問わず社外とのデータ授受・共有が増えており、それに比例してセキュリティ事故の発生リスクも増加します…

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

クラウドサービス/ クラウドサービスの利用状況(2017年)・前編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「クラウドサービス/ クラウドサービスの利用状況(2017年)・前編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009742


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ