クラウドサービスの利用状況(2017年)・前編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

クラウドサービスの利用状況(2017年)・前編

2017/08/03


 キーマンズネットは2017年6月30日〜7月5日にわたり、「クラウドサービスの利用状況」に関するアンケートを実施した。全回答者数330人のうち、従業員規模は100人以下の中小企業が18.2%、101人〜1000人の中堅企業が37.6%、1001人以上の大企業が44.2%という内訳、所属部門は、情報システム部門(導入・検討や運用に関わる立場)は35.8%、事業部門が44.5%、管理部門が13.0%、経営者・経営企画部門が6.7%といった内訳であった。

 今回は、クラウドサービスについて「魅力を感じる点」「懸念や不安を感じる点」「選定時に重視するポイント」などを、2015年に実施した同調査と比較した形で分析。大企業を中心に「導入までの期間が短い」ことが魅力の1つとして注目されてきていることなどが見てとれる結果となった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「クラウドサービス/クラウドサービスの利用状況(2017年)・前編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「クラウドサービス/クラウドサービスの利用状況(2017年)・前編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

5割が心理的不安も…クラウドの魅力は「運用負荷軽減」「導入期間短縮」が挙がる

 はじめに「クラウドサービスの利用とオンプレミスのどちらが安全と考えるか」と尋ねたところ、「オンプレミス」が31.8%、「クラウドサービス」が14.8%、「どちらともいえない」が53.3%となった。この結果を2年前の2015年に行った同様の調査と比較すると、「オンプレミス」が6.6ポイント増加しており、代わりに「クラウドサービス」や「どちらともいえない」などの回答割合が下がっていた。  

 それでは具体的にどのような点を「不安」と感じているのだろうか。「クラウドに懸念や不安を感じる点」について聞いた結果、1位は「セキュリティ(不正侵入などの脅威)」で69.1%、2位は「サービスの安定性・継続性(可用性)」で58.4%、3位は「データを外部に預ける心理的不安」で51.4%、4位は「サポート体制」で40.4%、5位が「運用費用の増加」で32.5%と続き、その後も「コンプライアンス」「サービスによっては国内にデータセンターがない」などが挙がった(図1-1)。パブリッククラウドなどの場合、当然ながら自らの管理範囲外で運用されることが多くなるため、セキュリティや可用性への信頼不足や心理的な不安などを感じる企業も少なくないのだろう。  

 一方で、クラウドだからこそのメリットも大きい。関連して「クラウドに魅力を感じる点」を尋ねたところ、1位が「運用管理負荷の軽減」で60.6%、2位が「導入までの期間が短い」で56.3%、3位が「経費削減(IT投資の軽減)」で53.1%、4位が「利便性(スマートデバイスなどで簡単アクセスが可能に)」で45.3%、5位が「システムの拡張性」で39.7%と続いた(図1-2)。クラウドサービスの利用で設備投資や運用管理負荷を軽減できる点はもちろん、利用・導入までの期間を短縮しビジネススピードを上げることで企業競争力を高められることがメリットとして認識されていた。  

 特に前回調査と比較して「導入までの期間が短い」が全体で18.0ポイントも増加、従業員規模別に見ると1001人以上の大企業で19.3ポイントと大幅に増加していた。大企業でのシステム導入ともなれば関連部署も多くなり、サービス企画や運用計画、開発設計などに時間がかかっていた従来と比べ、例えば部門予算範囲内でのSaaS利用やテスト開発時のIaaS/PaaS利用など、導入開始とサービス停止の両面でスピードを重視できるクラウドサービスの活用メリットがここ数年でますます注目されているようだ。

図1 クラウドに懸念や不安/魅力を感じる点(2017年)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 クラウドに懸念や不安/魅力を感じる点(2017年)
このページの先頭へ

2

クラウド選定基準は「月額費用」「可用性」「セキュリティの堅牢性」などが上位に

 次にクラウドサービスを利用中の企業に「クラウドサービスを選定する上で重要なポイント」を聞いた。その結果、1位が「月額費用」で56.0%、2位が「サービスの安定性・継続性(可用性)」で55.4%、3位が「セキュリティの堅牢性」で40.2%、4位が「運用負荷が小さい」で29.3%、5位が「実績が豊富」で25.0%と続いた(図2)。上位の顔ぶれは前回調査時とほぼ変わっておらず、コスト、可用性、セキュリティ、運用負荷が主な選定基準となっている。これらが自社の求める要件にどれだけ合致するかを判断するために「実績が豊富であること」や「サポート体制」「日本製か、海外製か」「試用期間の有無」など下位に挙げられているような項目を具体的要件として検討するのだろう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

クラウドサービス/クラウドサービスの利用状況(2017年)・前編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「クラウドサービス」関連情報をランダムに表示しています。

クラウドサービス」関連の製品

クラウド基盤サービス NEC Cloud IaaS 【NEC】 あらゆる操作が可能な特権IDを外部/内部の脅威から守るには 【CA Technologies】 サイバー攻撃を防ぐのはムリ? これからは“その後”の対応力がポイントに 【オープンテキスト】
IaaS/PaaS ID管理 その他エンドポイントセキュリティ関連
高いコストパフォーマンス、高性能・高信頼が特長のIaaS。セルフサービスポータル画面から、ユーザー自身によりプロビジョニングや他社サービスまで含めた運用管理が可能。 全ての操作が可能な特権ID。攻撃者に悪用される事態を防ぐため、適切な制御とモニタリングが不可欠だ。それも仮想化基盤やクラウドを含めた形でなくてはならない。 どれほどの対策を講じても、進化し続けるサイバー攻撃による侵害はゼロにはできない。これからのセキュリティ対策は、侵害を前提とした対策が必要だ。

クラウドサービス」関連の特集


報告書を作る時、テンプレートを入手し、お手本を参考にして報告していませんか?しかしテンプレートを探す…



クラウドやモバイルなど第3のプラットフォーム時代に見る、”ユーザー部門”のIT予算の動きとは?アナリ…



2010年3月期の決算から任意適用が始まるIFRS。情報システムに与える影響は?何をどこまでやるべき…


クラウドサービス」関連のセミナー

ゼロから80分でマスター!誰でもできる帳票作成セミナー 【ウイングアーク1st】 締切間近 

開催日 9月27日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

SVFは「帳票基盤ソリューション」として、長く皆様の帳票出力業務を支えています。・ノンプログラミングの簡単帳票設計・あらゆるアプリケーションとの柔軟な連携・PD…

【東京】社内のクラウド反対派も説得できるAWSメリットを学ぼう 【主催:ソニーネットワークコミュニケーションズ/共催:アマゾン ウェブ サービス ジャパン】 注目 

開催日 10月18日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

AWSの活用は昨今様々な分野で進み、多数の企業さまがAWSメリットを享受されています。             「AWSを導入したいけど、何をどうすればよいか分…

【大阪】社内のクラウド反対派も説得できるAWSメリットを学ぼう 【主催:ソニーネットワークコミュニケーションズ/共催:アマゾン ウェブ サービス ジャパン】 注目 

開催日 10月26日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

AWSの活用は昨今様々な分野で進み、多数の企業さまがAWSメリットを享受されています。             「AWSを導入したいけど、何をどうすればよいか分…

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

クラウドサービス/ クラウドサービスの利用状況(2017年)・前編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「クラウドサービス/ クラウドサービスの利用状況(2017年)・前編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009742


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ