文書管理ツールの導入状況(2017年)・前編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

文書管理ツールの導入状況(2017年)・前編

2017/07/20


  キーマンズネットは2017年6月14日〜6月28日にわたり、「文書管理ツールの導入状況」に関するアンケートを実施した。全回答者数327人のうち、情報システム部門(導入・検討や運用に関わる立場)は31.9%、製造・生産部門が14.5%、営業・販売部門が11.4%、経営者・経営企画部門が4.5%といった内訳であった。
 今回は、文書管理ツールの「導入状況」「管理する文書・情報の分野」「導入目的」などを、2011年に実施した同調査と比較した形で分析。中小企業を中心にニーズが高まってきていることや、文書を管理する際の課題などが見てとれる結果となった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「文書管理/文書管理ツールの導入状況(2017年)・前編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「文書管理/文書管理ツールの導入状況(2017年)・前編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

約4割の企業が導入済み、中小企業での導入は6年間で9.8ポイント増加

 はじめに「文書管理ツールの導入状況」について尋ねた(図1-1)。その結果、「導入している(リプレースの予定はない)」が36.4%、「導入しており、リプレースを検討している」が2.7%、「導入を検討している」が9.3%、「導入していない」が51.5%となった。まとめると全体では39.1%が「導入済み」で、12.0%が「検討中」となる。これを従業員規模別に見てみると、1001人以上の大企業で53.6%と過半数が導入済みであるのに対し100人以下の中小企業では20.9%と、従業員規模が小さくなるに比例して導入率が下がる傾向が見られた。しかし6年前の2011年に行った同様の調査と比較すると、導入率が全体で4.4ポイントの増加にとどまっているのに対し、100人以下の中小企業では前回の11.1%から9.8ポイントも増えており、ここ数年は中小企業を中心に文書管理ツールの導入が進んできていることが分かった。
 中小企業での導入が進んでいる要因の1つに提供形態の変化が挙げられよう。「現在お使いの文書管理ツールの形態」を尋ねたところ、1位は「ソフトウェア型」66.9%、2位は「独自開発」18.5%、3位は「ASP・SaaS型」12.3%であったが、前回調査と比較すると「ASP・SaaS型」が3.6%から8.7ポイント増加していた。この結果から、中小企業でよく聞かれる「導入・運用にかかるコストの軽減」や「システム管理者等専任者の人員不足」などの課題に対応する形でASP・SaaS型の文書管理が採用されているのだと予測できる。
 加えて文書管理ツールの導入単位(図2)は「全社」が67.1%と圧倒的多数で、「部課ごと」22.2%、「企業所や拠点ごと」6.3%と続く。内部統制などセキュリティ強化の観点はもちろん、ペーパーレス化や社内ナレッジ共有などのコスト削減や、業務効率化でのメリットが出しやすいことから「全社導入」が多い傾向にあることは前回調査から変わっていない。

図1 導入状況(2017年・2011年)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 導入状況(2017年・2011年)
図2 導入単位(2017年)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 導入単位(2017年)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

文書管理/文書管理ツールの導入状況(2017年)・前編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

文書管理」関連の製品

企業間・部門間情報共有プラットフォーム PROCENTER/C 【NEC】 InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム) 【アルプス システム インテグレーション】 intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】
ファイル共有 暗号化 文書管理
複数サーバに散在する文書やファイルを統合管理できる文書・コンテンツ管理システム。大容量ファイルの高速転送、授受管理が可能で、社外・海外企業との情報共有も効率化。 ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。 文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローにあわせたドキュメントマネジメントが可能。
電子帳簿保存法にも対応している。

文書管理」関連の特集


情報システム部門が抱える情報共有とナレッジマネジメントの課題を調査。「問題点」「解決したい内容」など…



顔認証、人体検知、紙文書の電子化…次々と進化する複合機の最新事情を特集しました!実際に編集部でも実験…



さまざまな業務プロセスの中で、伝票や帳票などと呼ばれる紙の書類がつなぎ役を果たしてきた。紙は便利だが…


文書管理」関連のセミナー

メジャークラウド(G Suite、Office 365)活用セミナー大阪 【サテライトオフィス/ネクストセット】  

開催日 9月7日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

サテライトオフィス / ネクストセット がお薦めする、メジャークラウドを一挙にご説明いたします!<G Suite (旧名:Google Apps for Wor…

Microsoft Office 365を使いたおす/東京 【ネクストセット】  

開催日 9月4日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

「クラウドを導入したいが何を選べばいいのか?」「Office 365とG Suite(旧名:Google Apps) は何が違う?」グループウェア、メールシステ…

ヘルスケア分野における開発文書管理システム導入事例セミナー 【東洋ビジネスエンジニアリング/日本マイクロソフト】 締切間近 

開催日 8月23日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、コニカミノルタ様に、ヘルスケア分野での開発プロセスのスピード化と監査・査察対応の効率化を実現した開発文書管理システム導入事例をご紹介いただきます…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

文書管理/ 文書管理ツールの導入状況(2017年)・前編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「文書管理/ 文書管理ツールの導入状況(2017年)・前編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009740


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ