文書管理ツールでベテランの「ノウハウ握りしめ」を回避?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

文書管理ツールを起点に
ベテランの「ノウハウ握りしめ」を回避する方法

2017/09/19

 ベテラン従業員の退職に伴い、彼らの持つナレッジやノウハウが暗黙知のまま、企業から消失していくリスクが高まっている。暗黙知を見える化し、蓄積し、共有/活用していくための仕組み作りが今求められている。こうした状況で有用となるのが文書管理ツールである。今回は文書管理ツールを活用したナレッジ継承の取り組みについて考えてみたい。

文書管理ツール

※「文書管理ツール/文書管理ツールでベテランの「ノウハウ握りしめ」を回避?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「文書管理ツール/文書管理ツールでベテランの「ノウハウ握りしめ」を回避?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1少子高齢化と共に高まる“ナレッジ消失”のリスク

 2017年4月、厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は、2015年の国勢調査を基に、日本の2065年の総人口を8808万人と推計した(2015年時点では1億2709万人)。出生数が減少する一方で、老年人口の割合(高齢化率)は、2015年の26.6%から2065年には38.4%となり、国内の生産年齢人口は減少の一途をたどることが明らかとなっている。  

 こうした人口構成の変化によって、今後、多くの企業が人材不足、後継者不足といった課題を抱えることが見込まれている。企業はそうした状況に備えて、ベテランのノウハウや知識を企業の資産として整理し、適切に展開できる体制作りが必要になる。これまで暗黙知と化していたベテラン従業員のナレッジを見える化し、共有/活用できる仕組みを構築することが必要だ。    

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

文書管理ツール/文書管理ツールでベテランの「ノウハウ握りしめ」を回避?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理ツール」関連情報をランダムに表示しています。

文書管理ツール」関連の特集


小型で持ち歩きやすく、たくさんのデータが入るUSBメモリ。でも便利な反面、盗難や紛失による情報漏洩事…



クレームも貴重な情報源とはいえ、対応業務は可能な限り簡素化したいもの。効率化に向けた FAQの仕組み…



毎年増える書類や機器類で、オフィスが狭い!と嘆いている人もいるのでは?限られたオフィススペースを、仕…


「ナレッジマネジメント」関連の製品

手軽に導入できる社内SNS、ビジネス版「Facebook」でできることは? 【サテライトオフィス】 Knowledge Concierge 【図研プリサイト】 多くの社員が使い慣れた「Facebook」 安全・手軽な社内情報共有基盤にするには 【サテライトオフィス】
ナレッジマネジメント ナレッジマネジメント ナレッジマネジメント
手軽に導入できる社内SNS、ビジネス版「Facebook」でできることは? Officeで作成中の各種文書を自動解析し、社内に散在するドキュメントから今必要なナレッジを一瞬で提示する、フルオート型ナレッジ活用ソリューション。 多くの社員が使い慣れた「Facebook」 安全・手軽な社内情報共有基盤にするには

「ナレッジマネジメント」関連の特集


 こんにちは。カウンセラーの咲江です。 桜の花の季節となりました。私が1番好きな季節です。この時期は…



 こんにちは。カウンセラーの咲江です。今回は、前回の続きとして、代表的な考え方のクセをご紹介します。…



 前回のコラムでは、マニュアルの生命線は「再現性」であるということをお伝えしました。マニュアルを読ん…


「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

文書管理ツール/ 文書管理ツールでベテランの「ノウハウ握りしめ」を回避?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「文書管理ツール/ 文書管理ツールでベテランの「ノウハウ握りしめ」を回避?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30009732


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ナレッジマネジメント > ナレッジマネジメントのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ