一度諦めた人のためのSFA(営業支援システム)入門

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

一度諦めた人のためのSFA(営業支援システム)入門

2017/07/24

 導入したはいいものの、どうにも定着しない――SFAは数ある業務支援システムのうちでも、導入担当者と現場のミスマッチが発生しやすいといわれる。定着させるためには選定段階からの意識改革が重要だ。なぜ、使われないSFAが出来上がってしまうのか、その反省と回避策を紹介する。

SFA

※「SFA/一度諦めた人のためのSFA(営業支援システム)入門」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「SFA/一度諦めた人のためのSFA(営業支援システム)入門」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1なぜ「営業現場で使われないSFA」はなくならないのか?

 SFA(Sales Force Automation:営業支援システム)は1990年代半ばに登場した、比較的歴史が古いITソリューションだ。当初はそのコンセプトにひかれた多くの大企業が、率先してSFAのパッケージ製品を導入したり、自社でSFAシステムを開発してきた。加えて、2000年代後半からクラウドサービスとしてSFAアプリケーションの機能を提供するSalesforce.comが大きな成功を収めたことで、これまでコストや人員の不足からSFA導入に二の足を踏んできた中堅・中小企業の中にも、SFAに積極的に取り組む例が増えてきた。営業部門の業務もIT化によって改革が進むかと思われたが、事態はそう簡単ではない。

1-1導入してもなかなか現場に定着しないSFA

 キーマンズネット編集部が2016年5月に実施した「SFAの導入状況に関するアンケート調査」では、過去3年間でSFAの導入企業は倍増しているという結果が出ている。その一方で、既にSFAを導入した企業の約3分の1が「導入したものの、有効活用できていない」と回答している。その理由として多く挙がったのが、「現場になかなか定着しない」というものだ(前編「SFAは『営業支援機能の比較』だけで選んではいけない」参照)。
 
 「せっかく高いお金と長い時間をかけて導入した業務アプリケーションが、結局は業務現場で使われることなく早々に形骸化してしまった」――これは決してSFAに限らず、多くの業務アプリケーションで見られる典型的な導入失敗例だ。しかし、SFAはその特徴ゆえに、他の業務アプリケーションと比べ、より現場に定着しにくい。というのも、通常の情報システムと同じように情報システム部門が主導する導入プロジェクトでは、営業部門が当事者として参加する機会が少なくなりがちで、機能の「○×表」比較やRFP作成が優先されるケースが少なくないからだ。実際に利用する営業部門が簡単なレビューしかしていない状態で選定するという間違いを犯しやすい。

図1 SFAなどの業務部門向けシステムの検討〜選定は他のITシステムとは異なる
図1 SFAなどの業務部門向けシステムの検討〜選定は他のITシステムとは異なる
プロジェクト体制が他のITツールと異なる
資料協力:ソフトブレーン

 そのためSFAの導入を検討する際には、当初から「いかに現場を巻き込み、定着させるか」という視点が欠かせない。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

SFA/一度諦めた人のためのSFA(営業支援システム)入門」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

SFA」関連の製品

ExcelからSFAに切り替えるべき理由を営業の視点から具体的に紹介 【株式会社ジャストシステム】 グループウェアではSFAの代わりにはならない 失敗しないための3つの視点 【セールスフォース・ドットコム】 情報活用ダッシュボード 「MotionBoard」 【ウイングアーク1st】
SFA SFA BI
Excelをやめ、SFAに切り替えるべき7つの理由 グループウェアではSFAの代わりにはならない 失敗しないための3つの視点 複数のデータソースからの情報を、一元的に可視化するダッシュボード製品。誰でも使える分かりやすさを備え、モバイル対応でリアルタイムに情報を集計・分析できる。

SFA」関連の特集


Excelで様々な業務データを管理する企業は少なくない。ただ、ファイル数や転記が増えるとデータの整合…



商談を逐次、正確に把握し、的確なサポートが行えれば、受注の確度も高まるはず。でも、どうすれば商談状況…



導入の失敗事例が少なくないBIツール…。失敗に陥らないためのソリューションやアドバイスを紹介します。


SFA」関連のセミナー

お客さまとの信頼関係はこう築く!Salesforce活用セミナー 【楽天コミュニケーションズ】 締切間近 

開催日 10月26日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「営業担当が抱えている商談がなかなか成約に結びつかない」「コールセンターで応対した見込み客を営業にエスカレーションしても商談になりにくい」「お客さまに説明する商…

新規開拓で成果を出す!高い受注率を実現する方法とは? 【ランドスケイプ】  

開催日 10月30日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

BtoB企業向 法人営業/新規開拓で成果を出す!高い受注率を実現する方法とは?ランチ付(無料)新規営業/新規開拓実践セミナー商談からの受注率が劇的に変わる!科学…

「マーケティング×営業」の 仕組み構築セミナー 【プロフェッサ/マツリカ】 締切間近 

開催日 10月26日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

▼下記課題を1つでもお持ちの方、必見のセミナーです!▼・リード(見込み顧客)の母数が不足している・リードからの成約率をあげたい・顧客リードの育成ができていない・…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SFA/ 一度諦めた人のためのSFA(営業支援システム)入門」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SFA/ 一度諦めた人のためのSFA(営業支援システム)入門」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30009725


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ