AI活用でさらに進化するグループウェア

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

Office 365のAIどう活用? メンタル不調者早期発見?
進化するグループウェア、最新動向を追う

2017/07/10

 前回記事でも紹介した通り、チャット機能やモバイル対応などにより、働き方改革に大きく貢献することが期待される最新のグループウェアだが、AIを活用することでさらなる進化を遂げようとしている。それは、従来のコミュニケーションやコラボレーションの促進にとどまらず、グループウェア自身がより良い働き方を提案したり、仕事などに悩みメンタルに不調をきたしている社員を早期発見したりといったかたちである。本企画では、そんなAIを活用したグループウェアの新しい役割の一部を紹介したい。

グループウェア

※「グループウェア/AI活用でさらに進化するグループウェア」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「グループウェア/AI活用でさらに進化するグループウェア」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1グループウェアの先にある世界

 今や企業ITの世界でも「AI」は一大ブームを巻き起こしている。グループウェアにおいても例外ではなく、AIを活用することで、コミュニケーションやコラボレーションのかたちを大きく変え、働き方改革の実現をサポートするグループウェアも現れてきているのだ。

■働き方改善のアドバイスをくれる“AI秘書”

 AIによる「気付き」を活用することで、働き方の質を向上させようというアプローチを提供しているのが、Microsoftの「Office 365」だ。具体的な機能としては、大きく「MyAnalytics」と「Office Delve」が挙げられる。

 まずMyAnalyticsは、個人の生産性を高めるために最も重要な2つの要素である「時間の使い方」と「よく一緒に仕事をする関係の濃い同僚」を確認できる機能だ。バックグラウンドではMicrosoftのAIが活用されており、ユーザーの「Exchange Online」データ(メールやスケジューラーなど)を分析。ユーザーはMyAnalyticsの個人用ダッシュボードから、会議、メール、業務中、業務後に使った時間の詳細情報を知り、正しい時間の使い方のヒントを得られる。

 また、よく一緒に作業する相手や接点が少ない相手といった関係性分析からは、どのように共同作業を行えばよいかといった提案が提示される。分析対象となるデータには、自分が送ったメールが読まれた割合、相手がメールを開くまでに要した時間、その後返信までに要した時間、共同作業全般などの時間が含まれている(社内に送った場合に限る)。

 例えば、自分が週にどれぐらいの時間をメールの送受信や閲覧に費やしているか、残業時にどの程度のメールを送受信したり閲覧したりしているか、さらには週に何時間会議を行っているかなどといった情報が、週次でダッシュボードにレポートされる。さらに、Outlook用のアドインを使用することで、メールの到達範囲や受信トレイ内で影響の大きなものを把握できる。  

 My Analyticsのレポート内容は、ちょっとおせっかいな自分専用の秘書がアドバイスを送ってくれるような感じだ。「業務時間外に送ったメールを翌朝にすれば、これだけコストが下がりますよ」「この人としばらく連絡をとっていないのでそろそろ連絡してみては?」「このメールは76%の送信相手が見ているけれど、読んでいる時間はこのぐらいしかないので、流し読みされていますよ」といった具合だ。

 どれもユーザー自身ではなかなか気付かない情報だ。アドバイスを参考にすれば、グループウェアによるコミュニケーションの効果を最大限に引き出すことも可能かもしれない。

図1 AI秘書のような「My Analytics」
図1 AI秘書のような「My Analytics」
資料提供:内田洋行

+拡大

 MyAnalyticsは、Office 365の最上位ライセンスであるEnterprise E5プランにデフォルトで提供される。また、Office 365 Enterprise E1もしくはE3プラン、Office 365 EducationもしくはE3プランのいずれかの場合は、MyAnalyticsアドオンを購入できる。 

 現状では、ダッシュボードを閲覧できるのはユーザー自身のみ。また、限定的な機能といった側面も強く、普及が進んでいない。しかし、将来的にはチームや組織の働き方を分析し、改善策などがレポートされるといった機能も備わってくるかもしれない。

 例えば、Office 365内のアクティビティーだけでなくERPやCRMなど他のシステムのデータも組み合わせて分析できるようになれば、社内で特に生産性が高い「ハイパフォーマー」の働き方をベースに、それぞれのユーザーに対し「あなたもここをこう変えたら、より生産性を上げられるかもしれません」といったアドバイスができるようになるかもしれない。

■社内の人気ドキュメントを提示、自分の仕事の参考にできる「Office Delve」

 Office 365が備えるもう1つのAI活用機能がOffice Delve(以下、Delve)である。英語のDelveには「探究する、詮索する」という意味があり、このツールもOffice 365のプロファイルを管理し、Office 365全体で現在最も興味のある情報を探したり、整理したりといった機能を提供する。

 具体的には、Office 365上に登録されているドキュメントの中から、社内でよく参考にされているもの、自分に関係の深そうなものをサジェストする。これらは自身にアクセス権があるドキュメントのみであり、他のユーザーに非公開となっているものは表示されない。

 Delveでは、他のユーザー名や画像をクリックすることで、作業中のドキュメントを表示したり、そのユーザーに関する情報を確認したりできる。興味のあるドキュメントを見つけたら、お気に入りとして追加するかボードに追加しておけば、後からすぐにアクセスして参考にできる。

 このように、他のユーザーが共有したり参照したりしたドキュメントをDelveが分析し、学習することで、ユーザーごとに興味を抱きそうなドキュメントがDelveのトップページに表示されるようになる。

図2 「Office Delve」ではこのように他のユーザーの作成したドキュメントがお薦めされる
図2 「Office Delve」ではこのように他のユーザーの作成したドキュメントがお薦めされる
資料提供:内田洋行

+拡大

 Delveをうまく活用することで、社内の他の人や組織の仕事をより深く知り、そのナレッジやノウハウを自分達の仕事にも生かせるようになるだろう。


2社員の悩みやメンタル不調をコミュニケーションツールが早期発見

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

グループウェア/AI活用でさらに進化するグループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

グループウェア」関連の製品

intra-mart ワークフロー 【NTTデータ イントラマート】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 サイボウズ ガルーン 4(ワークフロー) 【サイボウズ】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー
9年連続・国内シェアNo.1のワークフロー基盤。数十万人規模でも利用できるワークフロー基盤でありながら、部門の業務改善にも使える手軽さが特徴。 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 低コストかつ柔軟に構築できる、汎用性の高いワークフローシステム。グループウェアとの連携により、スピーディーかつ漏れのない申請・承認プロセスを実現する。

グループウェア」関連の特集


導入前にBI利用のイメージが明確でないユーザ企業も多々あるとのこと。初めてBI利用に取り組む企業は、…



2011年のSMB(日本全国の年商500億円未満の中堅・中小企業)のグループウェア導入シェアをお届け…



方式が異なるとコストも変わるみたいだけど、どれがよいのか?既存システムとの相性は?…など、ワンタイム…


グループウェア」関連のセミナー

【大阪】desknet's NEOじっくり触れる!ハンズオンセミナー 【主催:ネオジャパン/共催:ソフトビジョン】 締切間近 

開催日 10月24日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」の各機能をご紹介するセミナーです。徹底した「現場主…

【大阪】業務アプリ作成ツール AppSuite体験セミナー 【ネオジャパン】 締切間近 

開催日 10月29日(月)   開催地 大阪府   参加費 無料

desknet's NEOに搭載されているカスタムメイド型 業務アプリ作成ツール「AppSuite(アップスイート)」をご紹介するセミナーです。1人1台のパソコ…

会議室のカラ予約を減らす! 稼働率UPセミナー 【内田洋行】  

開催日 10月18日(木),11月1日(木),11月9日(金),11月21日(水),12月5日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

・いつも会議室が埋まっていて予約できない!・会議室が足りないといわれるが、実際は空室が目立つ!・会議室の稼働率を確認したい! でもどうやって??そんなお悩みを持…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

グループウェア/ AI活用でさらに進化するグループウェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「グループウェア/ AI活用でさらに進化するグループウェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009723


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ