これさえあれば何でもできる!進化系グループウェア最前線

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

これさえあれば何でもできる!進化系グループウェア最前線

2017/07/03

 これまでグループウェアといえば社内の掲示板やスケジューラー、ドキュメント共有などに使われる事が多かった。しかし昨今のコミュニケーション手段の変化とツールの進化により、チャットや外部サービスとの連携など幅広い機能を備えた“進化系”ともいえるグループウェアが登場しており、これらを活用することにより働き方改革や、業務の見直しなども行う企業が現れ始めている。そこで本企画では、そんな進化系グループウェアの最新事情を追い、何ができ、仕事をどう変えるのか紹介したい。

グループウェア

※「グループウェア/これさえあれば何でもできる!進化系グループウェア最前線」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「グループウェア/これさえあれば何でもできる!進化系グループウェア最前線」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1グループウェアはもはやメールやスケジューラー、掲示板だけのツールじゃない

1-1グループウェアが働き方改革の切り札にも?

 いまや「働き方改革」は日本企業にとって一大テーマとなっている。労働人口減少や人材流動化、長時間労働の社会問題化など、さまざまな社会的課題が、企業にしても働き方改革の取り組みを「待ったなし」のレベルまで引き上げているといえるだろう。そんな働き方改革の実現に欠かせないのが、ITを活用したコミュニケーション&コラボレーションであり、そのためのツールの代表格となるのが、グループウェアなのである。「枯れたツール」と見られがちだったグループウェアであるが、これまでの企業の掲示板機能やスケジューラーに加え働き方改革に貢献できるような機能を搭載し、進化を遂げている点を忘れてはならない。  

 昨今のグループウェアにおける大きな潮流といえるのが、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス対応とメッセンジャー(チャット)機能の充実だろう。これまでビジネスにおけるコミュニケーション手段としては圧倒的にPCでのメールが主流だったが、私生活では「LINE」や「Facebook」などのスマートフォン上でのメッセンジャーツールが急速に普及している。これだけスマートフォンが普及していながら、仕事の場ではまだPCとメールが業務上のルールというのでは、つい私用のメッセンジャーアプリで仕事のやりとりをしてしまおうと考えても無理はない。しかし、私用のメッセンジャーアプリを仕事に用いてしまうと、IT部門など管理者の目が届かず利用状況を把握できなくなり、企業としてはガバナンス上の問題が生じてくる。いわゆる「シャドーIT」のリスクである。
 
  シャドーITの最大のリスクは、情報漏えいにあるといえる。もしも私用のメッセンジャーから機密情報が漏えいしたとしても、その原因を解明したり、情報の流出経路を特定したりといった、企業としての説明責任を果たせなくなってしまうからだ。  

 このような背景を受けて、情報セキュリティにおける普遍的な課題である「セキュリティと利便性の相反」を考えたときに最適解となるのが、企業が正式に導入したグループウェアにあるメッセンジャー機能の活用なのだ。とりわけ勤務中の外出や移動の多い日本の働き方では、出先でいちいちPCを開くことなく、スマートフォン上から気軽にコミュニケーションが行えるメッセンジャーのニーズはひときわ高いといえる。また、仕事の上での次のアクションを促すためにも、メッセンジャーはメールよりも効果が高いといわれている。ビジネスにはますますスピード感が求められるようになっているなか、コミュニケーション自体もスピードや分かりやすさがより重要視されるようになっているのである。メールからメッセンジャーにコミュニケーションの中心を移したことで、あいさつなどの定型文が必要なくなりコミュニケーションが活発化したという企業の声もあるようだ。  

 こうしてシャドーITの問題を解消しながら、社員が安心して働けるような環境を企業側が整えて、リモートワークや在宅勤務なども取り入れつつ働き方改革を目指していく──それが今の“進化系”グループウェアの大きな使命となっている。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

グループウェア/これさえあれば何でもできる!進化系グループウェア最前線」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

グループウェア」関連の製品

Create!Webフロー 【インフォテック】 クラウドグループウェア 「サイボウズ ガルーン」 【サイボウズ】 「サイボウズ Office」カスタムアプリ機能 【サイボウズ】
ワークフロー グループウェア グループウェア
一般的な会社組織での申請/決裁業務にはもちろん、店舗運営や事業所に分かれている会社、またはグループ分割している会社など多様な組織で利用できるWebシステム。 企業内コミュニケーションの活性化を支援するクラウド型グループウェア。ユーザの使いやすさに加え、大規模環境でも臨機応変に対応できる管理性を備えている。 表計算ソフトなどで管理しているデータを、中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office」上で、データベースとして活用できる機能。

グループウェア」関連の特集


契約書作成にあたってはいまだ不安が拭えず、完全電子化に必要なコストにも課題があると考え、紙で管理して…



単純にオンプレミスからクラウドへと移行すれば、それだけでトータルコスト削減が見込めると言えるわけでは…



サポート部門の手を煩わす、従業員のパソコンに関するトラブル。サポート部門の負担を減らしつつ、問い合わ…


グループウェア」関連のセミナー

【オンライン】クラウドで生産性向上セミナー 【主催:KDDI/共催:グーグル/ワークスモバイルジャパン/KDDIまとめてオフィス】 締切間近 

開催日 9月27日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

日本国内で多数の導入実績を誇る「G Suite Business」で業務を改善する方法を、Google社員自らが活用事例を交えてご紹介。組織力・営業力向上のアイ…

【名古屋】基本がわかる!機能体験セミナー 【主催:ネオジャパン 共催:アイネット】 注目 

開催日 10月12日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」の各機能をご紹介するセミナーです。徹底した「現場主…

【大阪】基本がわかる!機能体験セミナー 【主催:ソフトビジョン 共催:ネオジャパン】 注目 

開催日 10月13日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」の各機能をご紹介するセミナーです。徹底した「現場主…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

グループウェア/ これさえあれば何でもできる!進化系グループウェア最前線」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「グループウェア/ これさえあれば何でもできる!進化系グループウェア最前線」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009722


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ