この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

インクジェットプリンタ/MFP

2017/06/27


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、IDC Japanの情報を元に、インクジェットプリンタ/MFPのシェア情報をご紹介しよう。

 IDC Japanの調べによれば、最大用紙サイズA4版以上のインクジェットプリンタ/MFP(複合機)の2016年国内総出荷台数は、前年比10%減の443万台。このうち単機能製品が同比3.3%減の64万台、MFPが同比11.1%減の379万台であった。市場は既に成熟し、買い換え需要中心となっている。

 当該製品の年間総出荷台数は2012年の622万台をピークに4年連続で減少している。コンシューマー向け製品の出荷台数が総出荷台数の90.3%を占め、ビジネス向けの出荷台数は徐々に増加しているものの9.7%と1割に満たない。2016年はコンシューマー向けが前年比11.4%減と大きく減少したことが市場全体の減少率に影響を与えている。

 ベンダー別の市場占有率を見ると、トップ2社の寡占状態が継続している。1位のベンダーがシェアを前年比2.4ポイント伸ばし44.6%、2位は1.6ポイント落とし43.3%、3位は0.7ポイント伸ばし10.3%であった。

 ビジネス向けの製品では、中小事業所でのビジネス文書プリントや新しい料金モデルの提案が行われたが、「インクジェットプリンタはホームユース」といった既成概念が根強いこと、またほとんどの事業所では既に当該製品を所有していることから、すぐに新しい製品の導入にはつながらなかったとみられている。

 ビジネス向け製品のベンダーは、低消費電力やシンプルな構造といった特徴を訴求するなど、マーケティング活動を通じて既成概念を打破してくことが必要だ。

インクジェットプリンタ/MFPシェア

インクジェットプリンタ/MFPシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

インクジェットプリンタ/「インクジェットプリンタ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「インクジェットプリンタ」関連情報をランダムに表示しています。

インクジェットプリンタ」関連の特集


業界再編の兆しもある複合機市場ですが、ベンダー動向を整理しつつ、複合機ビジネスの今を詳しく概観!複合…



2012年、105億円となったイメージスキャナ市場。モバイルユーザ向けの需要開拓が進められている同市…



2016年第3四半期におけるインクジェットプリンタの国内出荷台数は約95万台。同四半期の出荷台数が初…


「プリンター」関連の特集


2015年第3四半期は前年同期比19%減だった同市場。投資意欲がレーザープリンター以外の分野に移る中…



2012年、1070億円となった同市場。今後、SFPからMFPへの移行が進むことなどのプラス要因で拡…



モノクロからカラーへ置き換えが進み、2008年上半期のカラープリンタ出荷台数は前年比7.2%増加した…


「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

インクジェットプリンタ/ 「インクジェットプリンタ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「インクジェットプリンタ/ 「インクジェットプリンタ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009708


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ