RPAブームに乗れてる? システム化できない作業の救世主

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


RPAブームに乗れている? システム化できない単純作業の救世主が現れた

情報システム 2017/06/08

 「RPA」をご存じだろうか。最近では、英語3文字で表す用語が世の名にあふれかえり、英語3文字を見ただけでげんなりする方もいるだろう。しかし、本稿で説明するRPA(Robotic Process Automation)は、これからの時代を生きていく中で避けては通れない言葉かもしれない。

 RPAとは、一言でいうとバックオフィスをはじめとする人間の作業を自動化する仕組みのことである。なんだ、特に目新しいものはないではないかと思うかもしれない。しかし、昨今の労働力不足や、海外の労働力の単価が高まったことによるオフショアの手詰まり、また労働環境の変化に左右されずに生産性を高めるという欲求などが相まって、人間の作業をシステムで自動化する「RPA」という概念が注目を集めており、その波が2016年の秋頃から、日本にも押し寄せてきた。

 日本では現在、ITベンダーやSIerだけでなく、大手コンサルティングファームなどの企業がRPA事業に注力している。NTTデータもまたその1社だ。本稿では、このRPAについて、NTTデータが語った昨今の動向や導入のポイント、同社の取り組みなどを紹介していく。

面倒なお仕事を自動化 RPA3つのメリット

 RPAは、これまで人間が行ってきた作業を人間に代わって自動化する。とはいえ、工場で動く機械式のロボットとは違い、ソフトウェアとしてPC上で動作して、企業で働く業務部門がこれまで担ってきた作業を代行する。人事、経理財務、調達、営業事務など、ERPでシステム化するには作業ボリュームが少なく、泣く泣く自動化には至らなかった作業をカバーできることが特徴だ。1つ例を紹介しよう。例えば、下の図はNTTデータが提供するRPA「WinActor」が、コールセンターに届いた顧客の問い合わせ内容を基に、従業員に対する工事作業の指示書を自動的に作成する例である(図1)。

図1 RPAで指示書作成を自動化

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 RPAで指示書作成を自動化

 コールセンターから届いた問い合わせ内容を基に、RPAが顧客の名簿から受付番号、顧客の名前、住所、工事の希望日などの必要な情報を取り出して指示書に入力する。住所に関しては、地図ソフトを自動で起動し、住所を検索した後に、該当する地図を切り出して指示書に添付することも行う。

 このようなRPAを使うと何が良いのか。NTTデータは3つのメリットを強調した。1つは、人間に比べてスピードと生産性が向上することである。上記の例であれば、人間の約3倍の早さで作業が進む上、24時間稼働できるため生産性は手作業の約9倍だとNTTデータは話す。もちろん、ロボットが行うためミスは無い。

 2つ目のメリットは、プログラミングの知識が無い業務部門でも自らRPAを設定できることだ。以下は、RPAであるWinActor作業を行うためのシナリオを作成する様子である。画面右の住所管理システムで人間の手作業を記録し、それを画面左のシナリオに項目別に追加することで、フロー図のようなシナリオのひな型ができていく。こうしてできた業務フローになぞらえて、RPAが業務を再現する(図2)。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

RPA/RPAブームに乗れてる? システム化できない作業の救世主」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「RPA」関連情報をランダムに表示しています。

RPA」関連の製品

中堅・中小企業にも手が出せる帳票入力BPOサービス、その可能性を探る 【コニカミノルタ】 Windows操作ロボット 「WinActor」 【NTTデータビジネスブレインズ】 オールインワン・デスクトップ環境 「リモートPCアレイ(RPA)」 【アクシオ】
運用系業務アウトソーシング その他PCソフト関連 VDI
定型なのに自動化しにくい帳票入力などの業務。効率化に踏み出したいがコストの課題で諦めざるを得ない企業も多い。中堅・中小企業でも利用できる新しい一手とは。 さまざまなアプリケーションを自動化可能な純国産RPAツール。ユーザー部門でも直感的に操作が可能なGUIを装備。コンパクト設計でスモールスタートにも最適。 仮想デスクトップに必要な、CPU、メモリ、ストレージ(SSD)、ネットワークスイッチ、マネジメントソフトウェアを包括的に提供するハイパーコンバージド・ソリューション。

RPA」関連の特集


2016年からよく耳にするようになったRPA。現場業務をどう省力化できるかという課題を解消するために…



 ガートナージャパンは10月12日、「日本におけるロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)…



AIは業務どうを変えるのか。富士通がAI「Zinrai」を活用し、川崎地質とともにレーダー画像を解析…


RPA」関連のセミナー

自動化の戦国時代! 今だからこそRBA! 【主催:アシスト】  

開催日 11月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

「システムの多様化」「人手不足」「ユーザ要求の増加」皆様が行っている運用業務が今後どうなっていくか想像してみてください。環境が変化する中、皆様が抱える運用業務の…

純国産RPAを活用したオフィス業務の生産性向上セミナー 【スターティア】 締切間近 

開催日 10月24日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

【こんな方にオススメ!】・事務処理に日々追われている・社員の残業時間をなんとか減らしたい・限られた社員数でも業務効率化による生産性向上を図りたい※中小企業のお客…

RPAロボット構築方法が分かる! RPA無料セミナー 【大洋システムテクノロジー】  

開催日 10月20日(金),11月8日(水),11月16日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

・最近よくRPAという単語を目にするけれど、RPAって実際どんなもの?・RPAロボットの具体的な構築方法を知りたい・RPAでどんなことができるの?私の仕事も効率…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

RPA/ RPAブームに乗れてる? システム化できない作業の救世主」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「RPA/ RPAブームに乗れてる? システム化できない作業の救世主」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009706


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ