「愛のメモリー」といえば松崎しげるさん。では、メモリの元祖といえば?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2017/09/15
ウソ?ホント? みんなで投票! 噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #140

「世界初のメモリカードは日本のカメラメーカーが作った」ってホント?

ちまたの諸説は

 デジタルカメラで撮影した画像のデータなどを保存するのに欠かせない「メモリカード」。現在は「SDメモリカード」が主流となっているが、そんなメモリカードを世界で初めて開発したのは日本のとあるカメラメーカーだというが……。
 これってホント?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

ホント
メモリカードも当初は乱立してましたよね。スマートメディアカードとかマルチメディアカードとかコンパクトフラッシュカードとか……。
(40代・男性)

あの会社がメモリカード式のデジカメを最初に発売したような……。
(50代・男性)

CFがメモリカードに分類しないのであえればスマートメディアが最初?
(40代・男性)

民生用のデジカメ(今日のコンデジ)は日本発祥だった気が。当時はポータブルメディアがいろいろと乱立してたよなぁ。
(50代・男性)
ウソ
開発の主導はパナソニックと東芝だったと思う。
(50代・男性)

スマートメディア(MMC)かなと思ったけど、PCカード(PCMCIAカード)があった。さかのぼれば電子辞書用のメモリカードもあったような。
(30代・男性)

マルチメディアカードよりも前にPCカードスロットに入るメモリカード(コンパクトフラッシュのフルサイズ版)があった。
(50代・男性)

汎用的なメモリカードはPCMCIAカードではないでしょうか? 当時としては大容量の8MBというのを大事に使っていた記憶があります。
(50代・男性)

日本企業が外資のどこかと共同で開発したはず。
(40代・女性)
必然でしょう
はじめはデータサイズも小さかったが、すぐに容量不足になって大容量合戦が始まったと記憶している。このとき作る技術が写真ではなかったか。
(60代・男性)

電機メーカーなのでは?
(50代・男性)

メモリの小型化という意味ではカメラメーカーにもっとも需要があったのでは? S社のメモリースティックがそうかな? 一時は、メモリカード=メモリースティック、と認識されていました(電子オルガン=Y社のエレクトーン、みたいなもの)。
(50代・男性)
ゲームメーカーだよ
富士フイルムのデジカメより前にメモリカードとしてはハドソンだったのではないでしょうか。
(50代・男性)

デジタルカメラは「磁気メディア」でスタートしたから「半導体メモリカード」は潜在的ユーザーの見込める「ゲーム業界」でしょう。
(50代・男性)

NECのPCエンジンにメモリカードがあったと思う。市販のデジカメよりは古いと思う。
(50代・男性)

PCエンジンとかであったような気が。仕様が違うからメモリカードのカテゴリーには入らないかも。
(40代・男性)

各種メモリカードの中ではPCカードが古いですが、それ以前にゲーム用でメモリカードがあった記憶があります。
(40代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

今すぐ実践、IT活用とオフィス空間づくりで進める「働き方改革」 【ミロク情報サービス】 海外製SFAからの移行事例〜次期SFA選びを失敗しないための3つのポイント_JUST.SFA 【ジャストシステム】 マンガ『ひとり情シス物語』:障害対応に時間をかけるなんてあり得なくない? 【デル株式会社】
暗号化 SFA 統合運用管理
今すぐ実践、IT活用とオフィス空間づくりで進める「働き方改革」 SFAの移行を検討する企業が次期SFAを選ぶ際に留意すべきこととは?SFA選びを失敗しないための3つのポイントとは?実際のSalesforceリプレース事例をもとに解説。 マンガ『ひとり情シス物語』:障害対応に時間をかけるなんてあり得なくない?

新着特集


「すっ飛ぶ」事態に陥っても復旧するためのバックアップ。でも、そのための日々の運用が重い負担になってい…



読者1549人に聞いた、2018年に注目すべきITトピックス。「AI活用」編では、企業規模別のAI活…



カーナビの道案内機能を超えた高精度3D地図情報が自動車運転を可能にする「ダイナミックマップ」。信号の…


新着セミナー

オンプレミスからAWSへの移行のポイント 【トレノケート】  

開催日 4月11日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

オンプレミスからクラウドに移行を検討されている企業が急速に増えています。 しかし、いざクラウド移行を検討し始めてみると、さまざまな課題に直面します。 本セミナー…

データ活用が企業競争力を決める 【トレノケート】  

開催日 4月13日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

効果的なデータ活用には、処理したデータから有益な知見を導き出し、企業における課題の解決に役立てることのできる人材が必須です。しかし、そのような専門的な人材、いわ…

デジタルイノベーションを加速する組織とテクノロジー 【アークウェイ/アイ・ティ・イノベーション】  

開催日 3月5日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

デジタルイノベーション時代の到来により、企業は大きな変革を求められています。本セミナーでは、各社 “IT企業”への変換を模索している中、どのように組織をくみたて…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ 「愛のメモリー」といえば松崎しげるさん。では、メモリの元祖といえば?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ 「愛のメモリー」といえば松崎しげるさん。では、メモリの元祖といえば?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30009686



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ