「愛のメモリー」といえば松崎しげるさん。では、メモリの元祖といえば?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2017/09/15
ウソ?ホント? みんなで投票! 噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #140

「世界初のメモリカードは日本のカメラメーカーが作った」ってホント?

ちまたの諸説は

 デジタルカメラで撮影した画像のデータなどを保存するのに欠かせない「メモリカード」。現在は「SDメモリカード」が主流となっているが、そんなメモリカードを世界で初めて開発したのは日本のとあるカメラメーカーだというが……。
 これってホント?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

ホント
メモリカードも当初は乱立してましたよね。スマートメディアカードとかマルチメディアカードとかコンパクトフラッシュカードとか……。
(40代・男性)

あの会社がメモリカード式のデジカメを最初に発売したような……。
(50代・男性)

CFがメモリカードに分類しないのであえればスマートメディアが最初?
(40代・男性)

民生用のデジカメ(今日のコンデジ)は日本発祥だった気が。当時はポータブルメディアがいろいろと乱立してたよなぁ。
(50代・男性)
ウソ
開発の主導はパナソニックと東芝だったと思う。
(50代・男性)

スマートメディア(MMC)かなと思ったけど、PCカード(PCMCIAカード)があった。さかのぼれば電子辞書用のメモリカードもあったような。
(30代・男性)

マルチメディアカードよりも前にPCカードスロットに入るメモリカード(コンパクトフラッシュのフルサイズ版)があった。
(50代・男性)

汎用的なメモリカードはPCMCIAカードではないでしょうか? 当時としては大容量の8MBというのを大事に使っていた記憶があります。
(50代・男性)

日本企業が外資のどこかと共同で開発したはず。
(40代・女性)
必然でしょう
はじめはデータサイズも小さかったが、すぐに容量不足になって大容量合戦が始まったと記憶している。このとき作る技術が写真ではなかったか。
(60代・男性)

電機メーカーなのでは?
(50代・男性)

メモリの小型化という意味ではカメラメーカーにもっとも需要があったのでは? S社のメモリースティックがそうかな? 一時は、メモリカード=メモリースティック、と認識されていました(電子オルガン=Y社のエレクトーン、みたいなもの)。
(50代・男性)
ゲームメーカーだよ
富士フイルムのデジカメより前にメモリカードとしてはハドソンだったのではないでしょうか。
(50代・男性)

デジタルカメラは「磁気メディア」でスタートしたから「半導体メモリカード」は潜在的ユーザーの見込める「ゲーム業界」でしょう。
(50代・男性)

NECのPCエンジンにメモリカードがあったと思う。市販のデジカメよりは古いと思う。
(50代・男性)

PCエンジンとかであったような気が。仕様が違うからメモリカードのカテゴリーには入らないかも。
(40代・男性)

各種メモリカードの中ではPCカードが古いですが、それ以前にゲーム用でメモリカードがあった記憶があります。
(40代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

PCやサーバの適用状況、ほんとうに把握していますか? 【ニッポンダイナミックシステムズ】 パケットをリアルタイムで分析、次世代UTMで実現する多層的な標的型攻撃対策 【丸紅情報システムズ】 3種のエンジンで標的型攻撃を防御、次世代UTMが高速で検閲できる理由 【丸紅情報システムズ】
IT資産管理 UTM UTM
セキュリティパッチ適用状況を可視化、IT資産管理ツールによる脆弱性対策の効果 パケットをリアルタイムで分析、次世代UTMで実現する多層的な標的型攻撃対策 3種のエンジンで標的型攻撃を防御、次世代UTMが高速で検閲できる理由

新着特集


グループの基幹業務を支えるシステムを丸ごとクラウドに。いわゆる「シフトアンドリフト」を実践したバンダ…



「改正個人情報保護法」が2017年5月30日に施行されました。後編のトピックは「匿名加工情報」「海外…



2017年第3四半期のタブレット出荷台数は18.8%増。圧倒的なシェアを持つiPadを猛烈な勢いで追…


新着セミナー

Zabbix認定パートナーソリューション紹介セミナー 【Zabbix Japan】  

開催日 2月8日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

システム監視のデファクトであり、エンタープライズにおいて利用が進むオープンソース監視ソフトウェア「Zabbix」。2012年10月のZabbix Japan L…

迫り来る人月ビジネスの崩壊、自分たちの未来をどう描けばいいか 【主催:オープンソース活用研究所/協賛:次世代人材アカデミー】  

開催日 2月22日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 3000円

【稼働率は上がっても利益率は上がらない。】人月ビジネスはいまこんな現実に直面しています。【「付加価値はないが人手も足りないのでしかたがない」】そんな微妙なバラン…

Zabbix 3.4 新機能のご紹介 【Zabbix Japan】  

開催日 3月9日(金)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

Zabbixでは、Zabbix監視ソリューションに関する無料のwebセミナー(Webinar)を開催しています。本Webinarでは、2017年8月にリリースを…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ 「愛のメモリー」といえば松崎しげるさん。では、メモリの元祖といえば?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ 「愛のメモリー」といえば松崎しげるさん。では、メモリの元祖といえば?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30009686



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ