皆、どうしてちょっと先を考えたプログラムを組めないのか

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2017/09/01
ウソ? ホント? みんなで投票! 噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #138

「32bit版のOSは2038年を乗り切れない」って本当?

ちまたの諸説は

 やや古めのOSやアプリケーションにはまだまだ「32bit版」が現役で残っていることも。いやいや、最新のWindows 10にも32bit版が存在するのだから、今後も64bit版と32bit版のOSは、いちおうは併存してける可能性はある。
 しかし、そんな32bitで組まれたOSやアプリケーションがいよいよ使えなくなるというウワサが広まりつつある。
 それは2038年! ……って本当なの?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

本当
32bit版で動かないソフトもぼちぼちでてきているので、あり得ると思う。
(30代・女性)

「予測不能な未来の進展は加速度的である」と考えれば、256bitですら危ういと思います。
(50代・男性)

確か時計が対応しきれないのでは?
(50代・男性)

UNIX時間が1970年1月1日からの経過秒数が符号付32bit変数だとオーバーフローしてしまう2038年問題があるため。ただし、OSの機能アップによってメモリ使用量が増えると2038年以前に32bitのOS自体がなくなってしまうかも。
(50代・男性)
ウソ
古いC言語ライブラリなんかはともかく、2038年以降もそれなりに使えるAPIが提供されるでしょうから(メンテナンスされてないアプリでもない限り)、使えなくなることはないでしょう。
(40代・男性)

適材適所で、フットプリントが小さい組み込み機器向けなどの用途では32bitのプログラムは必ず生き残る。でも、Windowsのような商用OSは作られていないだろうね。
(60代・男性)

日付データを修正すればカーネルが32bitだって問題なく動作するよ!!
(50代・男性)

32bit OSはWindowsだけじゃないんで……。そのころには、むしろIoTが主流で、まだ32bit版ARMが使われているのでは。
(50代・男性)
そのころにはもう残ってないでしょ?
メモリを2GBまでしか搭載できない32bit OSは2038年にはなくなっているのでは?
(20代・男性)

私も残ってないし……。
(60代・男性)

20年も先の話ですからね。 さすがになくなってるんじゃないですか? 中途半端だし……。
(40代・男性)

20年後でしょ? もはやPCは使っていないと思います。
(50代・男性)

機器が発展してくると、2038年に32bit版OSが生き残っているのかがまず怪しいと思います。64bit版がメインなって、128bit版が登場していそうですね。
(40代・男性)
○○年問題ってヤツ?
聞いたことないですね。
(30代・男性)

また内部計算上の問題的な?
(30代・男性)

「2000年問題」も乗り切れたので、誰かがなんとかしてくれるでしょう。
(50代・男性)

「2038年問題」はUNIXだったような……。
(40代・女性)

わがXP(32bit版)は永遠だ
32bit版を64bit版に買い替えなくてはならないじゃないか!
(40代・女性)

20年後か……遠いような近いような。
(30代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

P2NetEX(ピーツーネットイーエックス) 【ネットパイロティング】 人依存のIT運用管理をシステム中心に システム運用自動化の最前線 【新日鉄住金ソリューションズ+他】 AI、IoT活用を見据えたクラウド基盤の3つの条件 デジタル変革の実現方法とは? 【NTTコミュニケーションズ+他】
グループウェア 統合運用管理 ビッグデータ
本部店舗間のコミュニケーション基盤の強化、店舗の作業負荷軽減を実現する多店舗・多拠点専用のSaaS版グループウェア。オンプレミス版も提供。 人依存のIT運用管理をシステム中心に システム運用自動化の最前線 AI、IoT活用を見据えたクラウド基盤の3つの条件 デジタル変革の実現方法とは?

新着特集


調査で明らかになったデジタル変革進展の「壁」。事業創出に期待を掛ける大企業と効率化を求める中小企業。…



「情報セキュリティ10大脅威」の2018年版順位が先行発表された。ランク外から登場した3つの脅威につ…



個人情報保護法は個人情報を守りながらも、広く社会に貢献する情報活用に向けた道も整備している。そのカギ…


新着セミナー

東南アジアのICTインフラなぜ?なに?セミナー(タイ編) 【主催:IIJグローバルソリューションズ】  

開催日 3月2日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

日本企業が海外拠点を有する国として、中国の次に多いのがタイ王国。東南アジアで最大の集積地を形成している日本企業にとっては、重要な国の1つです。同国は2015年に…

東南アジアのICTインフラなぜ?なに?セミナー(タイ編) 【主催:IIJグローバルソリューションズ】  

開催日 3月2日(金)   開催地 愛知県   参加費 無料

日本企業が海外拠点を有する国として、中国の次に多いのがタイ王国。東南アジアで最大の集積地を形成している日本企業にとっては、重要な国の1つです。同国は2015年に…

東南アジアのICTインフラなぜ?なに?セミナー(タイ編) 【主催:IIJグローバルソリューションズ】  

開催日 3月2日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

日本企業が海外拠点を有する国として、中国の次に多いのがタイ王国。東南アジアで最大の集積地を形成している日本企業にとっては、重要な国の1つです。同国は2015年に…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ 皆、どうしてちょっと先を考えたプログラムを組めないのか」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ 皆、どうしてちょっと先を考えたプログラムを組めないのか」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30009684



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ