皆、どうしてちょっと先を考えたプログラムを組めないのか

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2017/09/01
ウソ? ホント? みんなで投票! 噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #138

「32bit版のOSは2038年を乗り切れない」って本当?

ちまたの諸説は

 やや古めのOSやアプリケーションにはまだまだ「32bit版」が現役で残っていることも。いやいや、最新のWindows 10にも32bit版が存在するのだから、今後も64bit版と32bit版のOSは、いちおうは併存してける可能性はある。
 しかし、そんな32bitで組まれたOSやアプリケーションがいよいよ使えなくなるというウワサが広まりつつある。
 それは2038年! ……って本当なの?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

本当
32bit版で動かないソフトもぼちぼちでてきているので、あり得ると思う。
(30代・女性)

「予測不能な未来の進展は加速度的である」と考えれば、256bitですら危ういと思います。
(50代・男性)

確か時計が対応しきれないのでは?
(50代・男性)

UNIX時間が1970年1月1日からの経過秒数が符号付32bit変数だとオーバーフローしてしまう2038年問題があるため。ただし、OSの機能アップによってメモリ使用量が増えると2038年以前に32bitのOS自体がなくなってしまうかも。
(50代・男性)
ウソ
古いC言語ライブラリなんかはともかく、2038年以降もそれなりに使えるAPIが提供されるでしょうから(メンテナンスされてないアプリでもない限り)、使えなくなることはないでしょう。
(40代・男性)

適材適所で、フットプリントが小さい組み込み機器向けなどの用途では32bitのプログラムは必ず生き残る。でも、Windowsのような商用OSは作られていないだろうね。
(60代・男性)

日付データを修正すればカーネルが32bitだって問題なく動作するよ!!
(50代・男性)

32bit OSはWindowsだけじゃないんで……。そのころには、むしろIoTが主流で、まだ32bit版ARMが使われているのでは。
(50代・男性)
そのころにはもう残ってないでしょ?
メモリを2GBまでしか搭載できない32bit OSは2038年にはなくなっているのでは?
(20代・男性)

私も残ってないし……。
(60代・男性)

20年も先の話ですからね。 さすがになくなってるんじゃないですか? 中途半端だし……。
(40代・男性)

20年後でしょ? もはやPCは使っていないと思います。
(50代・男性)

機器が発展してくると、2038年に32bit版OSが生き残っているのかがまず怪しいと思います。64bit版がメインなって、128bit版が登場していそうですね。
(40代・男性)
○○年問題ってヤツ?
聞いたことないですね。
(30代・男性)

また内部計算上の問題的な?
(30代・男性)

「2000年問題」も乗り切れたので、誰かがなんとかしてくれるでしょう。
(50代・男性)

「2038年問題」はUNIXだったような……。
(40代・女性)

わがXP(32bit版)は永遠だ
32bit版を64bit版に買い替えなくてはならないじゃないか!
(40代・女性)

20年後か……遠いような近いような。
(30代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 自社にとって最適なクラウドプラットフォームを選定するためには? 【KDDI】 取引先との大量のFAXのやりとり、クラウド化でどこまで改善できる? 【日本テレネット】
開発ツール IaaS/PaaS FAXサービス
専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 自社にとって最適なクラウドプラットフォームを選定するためには? 取引先との大量のFAXのやりとり、クラウド化でどこまで改善できる?

新着特集


「そのミドルウェアの今後の動作を保証しない」「そのサーバOSはサポート終了」――ベンダー都合のリプレ…



ビジネスでも注目されつつあるチャットボット。歴史やトレンドを解説しつつ、ユースケースを含めた活用の可…



HDDからオールフラッシュへの移行が進む外付型エンタープライズストレージ市場。111%増となった要因…


新着セミナー

IPv6セキュリティ編 【日本ネットワークインフォメーションセンター】  

開催日 2月6日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 5000円(税込)

●概要:以下の話を中心にIPv6のセキュリティについて解説します。・Securityの基礎・ IPv4とIPv6・Security Tools●対象 :現在のサ…

IPv6基礎技術解説 【日本ネットワークインフォメーションセンター】  

開催日 2月6日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 5000円(税込)

●概要: 国内では コンシューマー向けIPv6サービスが提供され始めてから既に数年が経過し、 いよいよこの夏頃から携帯電話の通信網でもIPv6が標準で提供されま…

ネットワークセキュリティ概説 【日本ネットワークインフォメーションセンター】  

開催日 2月6日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 5000円(税込)

●概要: ネットワークセキュリティの基本概念について体系的に理解することのできる講座です。本講座では、 インターネットとセキュリティの概念を整理し技術的な要素の…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ 皆、どうしてちょっと先を考えたプログラムを組めないのか」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ 皆、どうしてちょっと先を考えたプログラムを組めないのか」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30009684



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ