サーバメンテには風呂桶と手ぬぐいを忘れてはいけない?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2017/08/25
ウソ? ホント? ……みんなで投票! 噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #137

「熱対策ついでにお風呂事業を展開しているデータセンター事業者がある」って本当?

ちまたの諸説は

 データセンター事業者の皆さんが頭を悩ませるのは「排熱」問題だ。対策をしなければ、サーバの動作が不安定になったりエラーを起こしたりと、サービス品質低下の原因に直結する可能性があるので、怠るわけにはいかない。加えて、廃熱にコストを掛けすぎてしまうとサービス価格にも影響してしまう……。
 そんな“いらないコ”の排熱を利用して、熱対策のついでにお風呂事業を展開する業者がいるというのだが……。
 これって本当だろうか?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

本当
製鉄所で高炉の排熱を利用して発電しているところもあるのだから、データセンターの熱を利用していても不思議ではない。
(30代・男性)

ごみ焼却場に銭湯や温水プールが併設されるのと同じで、別に違和感はない。
(40代・男性)

札幌市営地下鉄でも排熱を冷暖房に利用しているとか。サーバの排熱でも同じことができそう。
(50代・男性)

熱は資源。当たり前じゃ!
(60代・男性)
ウソ
お湯を沸かすほどの熱量ではない。
(30代・男性)

排熱がすごいといっても、お風呂を沸かすほどにはたまらないと思う。給湯器レベルならありそうだけど。
(50代・男性)

そんなに熱が出るのなら発電に使った方がいい。
(50代・男性)

データセンターは確かに発熱しますが、お風呂を沸かすための熱交換効率を考えると、あまりメリットがないのでは?
(50代・男性)

仮に、家庭用風呂のレベルだとしても200リットル以上の水が必要。これを10℃から40℃まで上げると仮定したら、直接火を焚いたとしても相当な時間がかかるはず。
(30代・男性)
ほっこりしますね
意図せず「作った熱」も使わなくてはモッタイナイ!
(60代・男性)

熱エネルギーの有効利用として良いんじゃない?
(50代・男性)

お風呂事業とまではいかなくても、排熱を利用した夜勤オペレーター向けシャワー設備くらいはなんとかなりそう。
(20代・男性)

足湯程度ならいけるかも。
(40代・男性)

サーバの熱を水冷して廃熱利用としてはありそう。大きなデータセンターは郊外に多いので、入浴客は来るのかな?
(60代・男性)
プールじゃない?
水冷式だったら温水プール位にはできそう!
(30代・男性)

ごみ焼却の熱で温水プールを運営する話は聞くので、プールくらいの温度までなら温めめられそう。
(30代・女性)

巨大データセンターならば、相当な熱量が得られるはず。それを放出するだけではもったいない!
(60代・男性)

液冷式のサーバであれば,プールぐらいなら可能化かも。お風呂の温度まで沸かすのはつらいと思う。
(50代・男性)

確かに大規模DCなら排熱量も結構あるはずだけれど、熱交換でお風呂に使えるほどの高温ではないでしょう。せいぜいが「温水」程度では。
(50代・男性)
海外ならありそう
データセンターの廃棄熱を生かしてお風呂事業をしているならエコですね。
(20代・男性)

結局コストが掛かるというオチになっていそうだけれど……海外ならあるかもね。
(40代・女性)

冷房に吸収式冷凍機を使う場合は、どうしても規模が大きくなり、場合によってはボイラーも使うことになるので、余剰の熱源はそのように使っても不思議ではない。
(30代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ネットワーク仮想化の前に押さえるべき「アンダーレイネットワーク」の要件とは 【ジュニパーネットワークス】 今からやれば間に合う? 5ステップでできるEUの個人情報保護法「GDPR」対策 【SAS Institute Japan】 巨大ネットサービスのネットワークから考える、ネットワーク運用課題の克服 【ジュニパーネットワークス株式会社】
ネットワークスイッチ 検疫 データセンター運用
サーバやストレージに続きネットワークにも仮想化の機運が高まりつつあるが、仮想化だけでは解決できない課題もある。物理ネットワークをないがしろにすると痛い目に遭う。 今からやれば間に合う? 5ステップでできるEUの個人情報保護法「GDPR」対策 巨大ネットサービスのネットワークから考える、ネットワーク運用課題の克服

新着特集


世界10カ国の企業のCEOを対象に、KPMGコンサルティングが調査を実施。日本のCEOは何でこんなに…



Amazonの倉庫ロボット「Kiva」に代表されるように、物流にも自動化の波が押し寄せている。すき屋…



回答者の8割は「Windows 7」を利用中。しかし、自身が利用するOSのサポート期限はほとんどの人…


新着セミナー

実践 『働き方改革』 取り組み事例ご紹介セミナー 【パナソニック インフォメーションシステムズ/シトリックス・システムズ・ジャパン】  

開催日 10月17日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

労働人口が減少し、時間的制約を持って働く人たちが増える中、限られた時間で成果を出すために、従来とは異なる労働環境が求められています。そのような中で、場所・時間に…

はじめてのEDI 【データ・アプリケーション】  

開催日 10月5日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

はじめてEDIの業務に携わる方対象のセミナーです。 本セミナーでは、EDIの取引形態や役割、流通BMSなどの通信プロトコル規約をはじめ、EDIの歴史などについて…

ACMSシリーズを使ったインターネットEDI簡単解説 【データ・アプリケーション】  

開催日 10月5日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

ACMSシリーズは、2100社1万サイトを越える企業のミッションクリティカルなシステムで稼働してるB2Bソリューションです。本セミナーでは、新しいEDIの形とし…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ サーバメンテには風呂桶と手ぬぐいを忘れてはいけない?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ サーバメンテには風呂桶と手ぬぐいを忘れてはいけない?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30009683



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ