この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

ワンタイムパスワード

2017/06/06


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、ワンタイムパスワードのシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、国内ワンタイムパスワードの市場規模は、705万ID、57億円と見込まれている。

 当該市場は金融機関やオンラインゲームの不正アクセス防止目的で拡大してきたほか、企業向けでは従来のような社内での機密性の高いシステムへの認証目的に加え、社内外から企業ネットワークに接続する機会が増加したことによる認証強化目的で、当該製品の導入が拡大してきた。

 ベンダー別の市場占有率(見込)を見ると、数量ベースでは、グローバル規模で高い実績を持つベンダーが44.0%で1位。特に金融分野で採用実績が高く、追加需要やリプレース需要を獲得しているとみられている。2位は15.6%で、2016年度に新製品の営業が本格化することにより実績拡大が見込まれている。3位、4位は同率で12.8%となっている。

 金額ベースでは、1位が56.1%、2位は数量で同率3位のベンダーが20.2%で、自社開発のマトリクス認証製品を提供し、エンタープライズ向けに高い実績を持っている。3位、4位は同率の3.5%で、数量同率3位のもう一方のベンダーと、数量2位のベンダーがランクインした。

 ハードウェアトークンはトークン購入コストや運用面の負担から、ソフトウェアトークンやトークンレスタイプへと移行するユーザーが増加している。今後も、クラウドサービス利用やリモートアクセス需要の拡大は続くものとみられ、当該市場は拡大傾向で推移していくものと予測されている。

ワンタイムパスワードシェア

ワンタイムパスワードシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

ワンタイムパスワード/「ワンタイムパスワード」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワンタイムパスワード」関連情報をランダムに表示しています。

ワンタイムパスワード」関連の製品

フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】 ワンタイムパスワード RSA SecurID Access (仮想アプライアンス版) 【テクマトリックス】 Webシングルサインオン 「Evidian Web Access Manager」 【EVIDIAN-BULL JAPAN】
暗号化 ワンタイムパスワード シングルサインオン
OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。 時刻同期方式により60秒ごとに1度しか使えないパスワードを生成し、パスワードの盗聴、盗用によるネットワークへの不法侵入を防ぐワンタイムパスワード製品。 さまざまなWebアプリケーションや、Office 365、Salesforce、G-suite等のクラウドサービスに対し、シングルサインオンによるアクセス/認証連携を提供。

ワンタイムパスワード」関連の特集


初期投資を抑えたい、ネットワークを変更したくない。導入を検討する段階で直面するいろいろな悩みを、5つ…



 前回はシングルサインオンにおけるセキュリティの効用について解説した。2回目となる今回はシングルサイ…



エンドユーザのセキュリティに対する意識の現状と意識を高めるための方策をご紹介。業務部門に「守れる」ル…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ワンタイムパスワード/ 「ワンタイムパスワード」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ワンタイムパスワード/ 「ワンタイムパスワード」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009661


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ワンタイムパスワード > ワンタイムパスワードの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ