ディープラーニング(Deep Learning、深層学習)とは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


用語解説:ディープラーニング(Deep Learning、深層学習)

情報システム 2017/05/31

「ディープラーニング」は、数ある事象から「概念を抽出する」という、従来のAI研究では難しかった「認知」に関わる処理を高い精度で実現する画期的な技術として注目を集めている。今後、多様な分野のビジネスに大変革を起こすと期待されているので、ここでサックリ概要を押さえておこう。

                              (土肥 正弘/ドキュメント工房)

用語解説:ディープラーニング(Deep Learning、深層学習)

 ディープラーニング(Deep Learning、深層学習)とは、赤ん坊が周囲の環境から得た情報からモノや事象の特徴や関連性を学び、やがてそれらを識別して名前で呼ぶような「学習」を、コンピュータが自律的に行う新しい仕組みのことを指す。

 具体的には、人間の脳神経回路の仕組みを機械で模倣した「多層ニューラルネット」(後述)によって、モノや事象の特徴を抽出し、そこに内在する知識やルールを獲得、さらにその結果を人間が利用しやすい表現で出力するこができる。

目次「困ったときのビジネス用語解説:ディープラーニング(深層学習)」

 ・そもそもディープラーニングはいつごろ生まれた技術か
  - 【コラム】「第3次AIブーム」と過去のAIブームについて
 ・ディープラーニングの仕組み
 ・機械学習とディープラーニングは違うもの? 同じもの?
 ・私たちの仕事はどう変わる? ディープラーニングの応用例3選

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

業務アプリケーション/ディープラーニング(Deep Learning、深層学習)とは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「業務アプリケーション」関連情報をランダムに表示しています。

業務アプリケーション」関連の製品

教育・医療だからこそ安定運用の仮想化基盤を――慶応義塾が見いだした最適解 【ニュータニックス・ジャパン】 社内システムのクラウド移行の鍵、業務アプリケーションサービスはどこで選ぶ? 【青い森クラウドベース】 企業情シス担当がコンテナ技術を導入する際に考慮すべきポイントは 【日本ヒューレット・パッカード】
その他運用管理関連 ERP DevOps
教育・医療だからこそ安定運用の仮想化基盤を――慶応義塾が見いだした最適解 社内システムのクラウド移行の鍵、業務アプリケーションサービスはどこで選ぶ? Webアプリケーション開発で注目を集めたコンテナ技術が急速にエンタープライズITを変革し始めている。KubernetesやDockerを補う企業情シスのための実装を取材した。

業務アプリケーション」関連の特集


企業内に乱立するストレージを統合し、運用負荷の低減と利便性を高める「ストレージ仮想化」。目的は一緒で…



XPからのリプレース/大規模導入にはまだ至らないWindows Vista。その理由と移行のタイミン…



セキュリティを担保し、管理負担を軽減するVDI。導入時のイニシャルコストが大きな負担になっていたが、…


「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

業務アプリケーション/ ディープラーニング(Deep Learning、深層学習)とは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「業務アプリケーション/ ディープラーニング(Deep Learning、深層学習)とは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009658


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ