ディープラーニング(Deep Learning、深層学習)とは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


用語解説:ディープラーニング(Deep Learning、深層学習)

情報システム 2017/05/31

「ディープラーニング」は、数ある事象から「概念を抽出する」という、従来のAI研究では難しかった「認知」に関わる処理を高い精度で実現する画期的な技術として注目を集めている。今後、多様な分野のビジネスに大変革を起こすと期待されているので、ここでサックリ概要を押さえておこう。

                              (土肥 正弘/ドキュメント工房)

用語解説:ディープラーニング(Deep Learning、深層学習)

 ディープラーニング(Deep Learning、深層学習)とは、赤ん坊が周囲の環境から得た情報からモノや事象の特徴や関連性を学び、やがてそれらを識別して名前で呼ぶような「学習」を、コンピュータが自律的に行う新しい仕組みのことを指す。

 具体的には、人間の脳神経回路の仕組みを機械で模倣した「多層ニューラルネット」(後述)によって、モノや事象の特徴を抽出し、そこに内在する知識やルールを獲得、さらにその結果を人間が利用しやすい表現で出力するこができる。

目次「困ったときのビジネス用語解説:ディープラーニング(深層学習)」

 ・そもそもディープラーニングはいつごろ生まれた技術か
  - 【コラム】「第3次AIブーム」と過去のAIブームについて
 ・ディープラーニングの仕組み
 ・機械学習とディープラーニングは違うもの? 同じもの?
 ・私たちの仕事はどう変わる? ディープラーニングの応用例3選

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

業務アプリケーション/ディープラーニング(Deep Learning、深層学習)とは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「業務アプリケーション」関連情報をランダムに表示しています。

業務アプリケーション」関連の製品

データ連携ミドルウェア 「ASTERIA Warp」 【アステリア】 海外進出企業のクラウド活用を加速させるセキュリティクラウド 【IIJグローバルソリューションズ】 Magic xpa Application Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】
EAI IP-VPN 開発環境/BaaS
企業内のさまざまなデータをノン・プログラミングで高速・簡単に連携するミドルウェア
・12年連続国内シェアNo.1、導入実績は6000社以上
・高速開発・業務自動化を実現
海外進出企業のクラウド活用を加速させるセキュリティクラウド クライアント/サーバ、Web、RIA、iOS/Androidなどさまざまな形態やデバイスのアプリケーションをワンソース・マルチユースで統合開発・実行できるプラットフォーム。

業務アプリケーション」関連の特集


今回の「文書管理システム」特集は、基礎のおさらいだけでなく、うまく活用するためのポイント、ナレッジ化…



クラウドの本格利用が進む中、課題も見えてきた。特に問題なのは、既存環境とクラウドの混在で運用管理はど…



企業のクラウド活用は一般的ですが、IaaS/PaaSの活用領域は想像以上に狭いもの。その理由と領域拡…


業務アプリケーション」関連のセミナー

基礎からわかる!intra-mart製品紹介&課題解決セミナー【11月】 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】  

開催日 11月16日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ビジネス変化の激しい昨今、IT活用の目的は、業務改善・コスト削減だけではなく、「ビジネスへの直接的な貢献」へと移り変わってきています。これらを実現させるためには…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

業務アプリケーション/ ディープラーニング(Deep Learning、深層学習)とは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「業務アプリケーション/ ディープラーニング(Deep Learning、深層学習)とは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009658


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ