みずほ銀らが検証「Hyperledger」は取引に使えるか

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


みずほ銀らが検証「Hyperledger」は取引システムに使えるか?

基幹系システム 2017/05/08

 ブロックチェーン/分散型台帳技術のオープンソースソフトウェアを開発する取り組みである「Hyperledgerプロジェクト」が、2017年3月16日にイベント「第1回 Hyperledger Tokyo Meetup」 を開催した。前の記事「日本企業も注目する『Hyperledger Fabric』とは何か」では、Hyperledgerプロジェクトの最新状況、そして注目が集まる「Hyperledger Fabric」のブロックチェーン技術としての位置付けを紹介した。

 本稿では、間もなく登場する「Hyperledger Fabric v1.0」の動向や、開発ツールの動向、日本企業による実際の検証結果、モバイルアプリやIoTへの適用を視野に入れた別の分散台帳技術の動向などを見ていく。

α版が公開されたばかりの「Hyperledger Fabric v1.0」

 今回、多くの参加者が関心を寄せていたのは「Hyperledger Fabric v1.0(以降、Fabric v1.0)」の内容だろう。Meetupでは、Fabric v1.0の詳細情報を日立製作所の山田仁志夫氏が紹介した。Fabric v1.0では、v0.6と比べて重要な変更点がいくつもある。Fabricに関する知識は大幅にアップデートする必要がありそうだ。

 大きな変更は、合意形成アルゴリズムの変更とChaincodeの並列/分散実行の仕組みである。Fabric v0.6では全ノードが参加して一斉に合意形成を行う仕組みであることから、スマートコントラクト(Chaincode)を順次処理をすることに基づくボトルネックがあった。Fabric v1.0でこれをあらためて「ノード群を分割し、それぞれ並列に合意形成とプログラム実行を進める」仕組みに変わった。並列/分散処理が可能になり、スループット向上(性能向上)が期待できる。ただし、並列/分散処理の設計という新たな課題が発生したともいえる。

 山田氏によれば、Hyperledger Fabric v0.6では、合意形成アルゴリズムとして「PBFT(Practical Byzantine Fault Tolerance:実用的ビザンチン・フォールトトレラント・アルゴリズム)」を用いることに関連して2点の課題があった。

 1点目の課題はプライバシーである。全ノードが合意形成に参加することから、全ノードが全Chaincodeを閲覧可能であった。v1.0では特定のノードだけで合意形成を行うようにした。

 2点目の課題はスケーラビリティである。PBFTでは、全ノードがPBFTの合意形成とChaincode実行の全てを担うので、CPU負荷が高くなる。v1.0ではブロックチェーンのノードの役割を分割し、Chaincodeの実行元帳を管理する「Peer」と、トランザクションの順序を整列させる「Orderer」に分けた。全ノードで1つのトランザクションに対して合意形成とChaincode実行をする設計をあらためて、ノードのグループを複数作り、トランザクションを並列/分散処理できるようにした。「PBFTは全員参加だったが、それを切り出した」(山田氏)。この2点が、Fabricv1.0の大きな変更点である。

 Hyperledger Fabricにおけるスケーラビリティの課題については以前から指摘があった。日本取引所グループが2016年8月30日に公開したワーキングペーパー『金融市場インフラに対する分散型台帳技術の適用可能性について』では、スマートコントラクト(Chaincode)を順次実行することが性能上のネックとなる、との指摘がある。このネックはFabric v1.0で解消されることが期待できる。

Fabric v1.0では数百トランザクション/秒が期待できる

 気になる性能についての情報もあった。

 講演後の質疑応答では「Fabric v0.6では30〜40tps(トランザクション/秒)程度だったが、v1.0では4ノードで100tpsは出せる。ただ、『どのようなユースケースをどのように設計したのか』の意味付けが伴わない性能に意味があるのか、という疑問がある」とのコメントがあった。なお、IBMのプレスリリースではFabric v1.0を活用して1000tps以上の性能が見込まれるとの記述もあり、性能の上限は大幅に上がると考えていい。ただし性能を得るためには、ユースケースごとに異なる前提条件に対応した分散処理の設計が必要となる。並列/分散処理による性能向上を議論するには、前提条件をしっかり定義しないと意味がないというわけである。

 ざっくりいえば、性能は上がると考えてよいが、その分「どのような処理を切り出し、どのように並列/分散実行するのか」という設計をよく考えなければいけなくなった。

Fabric v1.0はアーキテクチャを大幅変更、PeerとOrdererにノードを分ける

 並列/分散処理を取り入れるため、Fabric v1.0ではアーキテクチャが大幅に変わる。役割が異なる複数のコンポーネントが連携し、トランザクションの処理を進める枠組みを取り入れた(図)。

Fabric v1.0のアーキテクチャ

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

Fabric v1.0のアーキテクチャ
(山田氏の発表資料より)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

文書管理/みずほ銀らが検証「Hyperledger」は取引に使えるか」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

文書管理」関連の製品

企業間・部門間情報共有プラットフォーム PROCENTER/C 【NEC】 設計データ管理「SOLIDWORKS PDM」 【NEC】 電子印鑑対応 ワークフローシステム DocGear 【シヤチハタ】
ファイル共有 文書管理 ワークフロー
複数サーバに散在する文書やファイルを統合管理できる文書・コンテンツ管理システム。大容量ファイルの高速転送、授受管理が可能で、社外・海外企業との情報共有も効率化。 SOLIDWORKSの設計データのハイレベルな運用/ワークフロー管理を実現するソリューション。SOLIDWORKSブランドならではの高い親和性が特長。Obbligatoとの連携も可能。 承認フローを電子化し、業務を効率化するワークフローシステム。文書管理も行え、承認ファイルの所在・進捗の把握も簡単に。スマホ・タブレット対応で迅速な承認が可能。

文書管理」関連の特集


見積書、発注書、請求書などの経理伝票に始まり、企画書、報告書、製品カタログに至るまで…いつもオフィス…



業務マニュアルや作業手順書は、ビジネスを着実に進める上で必須の資料だ。しかし、その作成やメンテナンス…



ちゃんと見積ったはずのプロジェクト、気づけば“赤字”の憂き目に・・・赤字プロジェクト転落を回避するた…


文書管理」関連のセミナー

【大阪】desknet's NEOじっくり触れる!ハンズオンセミナー 【ネオジャパン】 注目 

開催日 3月15日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」の各機能をご紹介するセミナーです。徹底した「現場主…

【名古屋】desknet's NEOじっくり触れる!ハンズオンセミナー 【ネオジャパン】 注目 

開催日 3月16日(金)   開催地 愛知県   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」の各機能をご紹介するセミナーです。徹底した「現場主…

【大阪】desknet's NEOじっくり触れる!ハンズオンセミナー 【ネオジャパン】 注目 

開催日 3月26日(月)   開催地 大阪府   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」の各機能をご紹介するセミナーです。徹底した「現場主…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

文書管理/ みずほ銀らが検証「Hyperledger」は取引に使えるか」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「文書管理/ みずほ銀らが検証「Hyperledger」は取引に使えるか」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009654


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ