この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

L2/L3スイッチ

2017/05/09


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、L2/L3スイッチのシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、2016年度の国内L2/L3スイッチの市場規模は1826億円、そのうちIoT向けは123億円とみられる(IoT向けに関しては、耐温度性能を高め、工場やプラントの制御盤内への取り付けに対応したスイッチを対象とする)。

 製品形態としては、筐体にさまざまなモジュールを差し込んで利用するシャーシ型、拡張性が限定されるボックス型の2タイプがあり、当該市場のうち約7割をボックス型が占めているとみられる。

 ベンダー別の市場占有率(金額ベース/見込)を見ると、1位のベンダーは、キャリア、データセンター/クラウド事業者、エンタープライズ、公共などに対し、エッジからコア用途までのフルラインアップをそろえ、33.4%。2位は11.3%で販売は横ばいで推移。3位は9.2%で、移動体キャリアの4G対応一巡による投資抑制の影響もあり、当該用途での販売が減少している。4位は7.6%で、5位は7.3%となっている。

 エンタープライズ、公共ユーザーにおけるリプレース需要が継続しており、今後横ばいから微増で推移し、IoT向けは増加傾向で推移するとみられる。シャーシ型市場は、ボックス型をスタックする形態への移行が進んでおり縮小傾向だが、携帯電話キャリアの2020年度に向けた5Gの導入計画にともない高速化需要が立ち上がると考えられ、2017年度ごろから再び成長傾向になると予測される。

L2/L3スイッチシェア

L2/L3スイッチシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

L2/L3スイッチ/「L2/L3スイッチ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「L2/L3スイッチ」関連情報をランダムに表示しています。

L2/L3スイッチ」関連の製品

イーサネットスイッチ「Apresiaシリーズ」 【APRESIA Systems】 PAS-K シリーズ 【パイオリンク】
ネットワークスイッチ ADC/ロードバランサ
認証スイッチの先駆者的な存在。高度に進化した企業ネットワーク向けに、セキュリティ管理やQoS機能を搭載しつつ、ローコストを実現した純国産の次世代L2、L3スイッチ。 PAS-Kシリーズは、負荷分散機能とセキュリティのための高性能処理、及び、拡張性を高めるために設計されたアドバンストADC製品。

L2/L3スイッチ」関連の特集


IDCだけでなく企業にも入り始め、もはやインフラと化したブレードサーバ。今回は、サーバ統合にスポット…



導入することでスイッチの状況を管理することが容易になる「インテリジェントスイッチ」。宇宙空間にも存在…



ネットワーク管理者の業務を軽減する機器である「インテリジェントスイッチ」。その基本機能から最新動向ま…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

L2/L3スイッチ/ 「L2/L3スイッチ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「L2/L3スイッチ/ 「L2/L3スイッチ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009647


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ネットワークスイッチ > ネットワークスイッチの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ