ドローン映像をリアルタイムに暗号化!動画データ完全秘匿中継

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

ドローン映像をリアルタイムに暗号化!動画データ完全秘匿中継

2017/06/07


  5分で最新キーワードを理解するこのコーナー、今回は話題のドローン(無人航空機)の操縦制御と映像通信を乗っ取りや盗聴から防ぐための「動画データ完全秘匿中継」技術です。映像撮影用ドローンとデータ中継用ドローンを使い、撮影場所と直接無線通信できない地上拠点から映像のリアルタイム監視やドローン制御を安全に行うことができるのがこの技術。通信の秘匿には理論上絶対に破れない暗号方式「ワンタイムパッド」を利用します。一体どういうものなのでしょう?

未定

※「未定/ドローン映像をリアルタイムに暗号化!動画データ完全秘匿中継」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「未定/ドローン映像をリアルタイムに暗号化!動画データ完全秘匿中継」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

「動画データ完全秘匿中継」って何?

 映像撮影用ドローンと直接無線通信ができない環境下でも、中継ドローンを使って動画データを安全に地上拠点にリアルタイムに送るための技術。情報通信研究機構(NICT)の佐々木雅英主管研究員を中心とする量子ICT先端開発センターと、株式会社プロドローンが共同で開発し、この3月に実証実験の成果を公表した。

1-1

どんな実験が行われたのか?

■野外実験では不審者の追跡を想定

 まずは実証実験の様子を見てみよう。野外での実証実験は、この2月に愛知県豊田市郊外のテストフィールドで行われた。この実験では不審者が走って逃げるのを追跡するシーンを想定した。地上局を何かの重要施設と見立て、そこで不審者に気づいた監視担当者がドローンを飛ばし、不審者の行動を追跡させながら、ドローンが撮影した映像をリアルタイムにモニターするシチュエーションである(図1〜3)。

図1 撮影ドローン(最上空)と中継ドローン、地上局
図1 撮影ドローン(最上空)と中継ドローン、地上局
資料提供:NICT
図2 野外実験の現場イメージ
図2 野外実験の現場イメージ
資料提供:NICT
図3 実験に使用した撮影ドローン(左)、中継ドローン(中)、地上局(右)
図3 実験に使用した撮影ドローン(左)、中継ドローン(中)、地上局(右)
資料提供:NICT

 不審者は地上局から直接見えない森の向こう側にいて、地上局と反対方向に逃げていく。その様子を、自律航行(「関連するキーワード」の項参照)する撮影ドローンで追尾し、地上局でリアルタイムに監視する。撮影ドローンと地上局は直接通信できなくなることが予想されるため、地上局から約10mの地点上空に中継ドローンを飛ばしておき、不審者を追って自律航行する撮影ドローンとの通信を中継するわけだ。実験敷地の制約から中継ドローンは1台、撮影ドローンから中継ドローン間の距離は最大200メートルである。通信には無線局免許が不要で運用しやすい無線LAN(2.5GHz帯用のWi-Fi機器を使用)を用いた。  

 地上局〜中継ドローン〜撮影ドローン間の通信内容は、「ドローン操縦のための制御信号」と「撮影ドローンが撮影した動画データ」の2種類だ。それぞれは「ワンタイムパッド」(「関連するキーワード」の項参照)暗号方式によって暗号化され、決して外部に映像が流出せず、操作を乗っ取られることもない。ここが「完全秘匿通信」と呼ばれるゆえんであり、この技術の最大注目ポイントだ。

■屋内実験では被災施設での探索活動を想定

 実験は同月、屋内でも行われた。こちらは災害で倒壊可能性がある施設内での探索活動を想定し、野外実験よりも近距離(各ドローンと地上局相互間が約10メートル)の通信ではあるが、地上局は撮影ドローンからの電波が直接届かないように遮蔽物を設置し、「中継ドローンは見えて直接通信できるが、撮影ドローンは見えずに直接通信もできない」状況を作りだした(図4)。

図4 屋内実験の現場:右側奥に撮影ドローン、手前の机が中継ドローン、左側扉の外に地上局
図4 屋内実験の現場:右側奥に撮影ドローン、手前の机が中継ドローン、左側扉の外に地上局
撮影ドローンと地上局間には電波遮蔽パーティションを設けた
資料提供:NICT
■MPEG-4映像をリアルタイムに暗号化して中継することに成功

 野外・屋内の2つの実験で、地上局では通信速度12Mbps、毎秒15フレーム、320×240ピクセルのMPEG-4映像を、十分な品質で再生できた。撮影データは逐一暗号化した上、UDPパケットに包み込んで送信するため、ほぼリアルタイムの映像がモニターできる。通信経路上で仮になりすましや乗っ取り、横取り、盗聴が企てられたとしても、強固な認証と暗号化により、操縦への影響や映像の流出は原理的に「起きない」。たとえドローンが悪意を持つ者に空中で捕獲されても、ドローン内に映像を記録していないため情報流出は起こらない。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2018/12/31まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜D賞の各賞品に応募することができます。

●A賞:抽選で1名様
 アイロボット ロボット掃除機 「ルンバ890」 
●B賞:抽選で1名様
 Huawei SIMフリースマートフォン 「P20 lite ミッドナイトブラック」 
●C賞:抽選で1名様
 BALMUDA 電気ケトル 「BALMUDA The Pot K02A-BK」 
●D賞:抽選で5名様
 Amazon 使える商品は1億種以上「Amazonギフト券 5000円分」 

このページの先頭へ
関連キーワード

未定/ドローン映像をリアルタイムに暗号化!動画データ完全秘匿中継」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「未定」関連情報をランダムに表示しています。

未定」関連の特集


企業にお勤めの401人に、バックアップツールの導入目的や稼働状況、リストア経験の有無などリアルな状況…



IT担当529人に「ネットワークカメラの導入状況」を調査!導入目的は当然「セキュリティ向上」が1位も…



320人を対象に「セキュリティ対策と外部委託」に関する調査を実施。セキュリティ担当者が不足している状…


「暗号化」関連の製品

ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】 最新セキュリティ法対応と利便性を両立する新ファイル暗号化ソリューション 【アルプス システム インテグレーション】 個人情報検出・暗号化ソリューション 【DataClasys】
暗号化 暗号化 暗号化
ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。 最新セキュリティ法対応と利便性を両立する新ファイル暗号化ソリューション マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。

「暗号化」関連の特集


情報漏洩や盗聴防止に役立つ「メール暗号化ツール」。クライアント型とゲートウェイ型、双方のベンダシェア…



 これまで2回にわたってデータベース・セキュリティについて解説してきた。最後となる今回は、データベー…



 前回は認証・署名に関するISO/IEC規格について取り上げた。今回は、その他の要素技術のISO/I…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

未定/ ドローン映像をリアルタイムに暗号化!動画データ完全秘匿中継」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「未定/ ドローン映像をリアルタイムに暗号化!動画データ完全秘匿中継」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30009572


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ