スパコン並みの処理能力でAI研究開発を加速!「ABCI」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

スパコン並みの処理能力でAI研究開発を加速!「ABCI」

2017/04/26


 最新キーワードを5分で理解するこのコーナー、今回のテーマは、超高速なAI性能を目指す産総研(産業技術総合研究所)が主導する産官学連携プロジェクト「ABCI(AI Bridging Cloud Infrastructure)」です。なんと130〜200ペタAIフロップス(半精度浮動などの深層学習に適した精度での小数点演算性能)で高速なディープラーニングを可能にするクラウドコンピューティング環境が、2018年には研究用途に提供開始される見込み。ほぼ全ての設計がオープンにされ、民間企業がコピーしてビジネス活用することも可能というこのプロジェクト、いったいどんなものなのでしょうか?

ABCI

※「ABCI/スパコン並みの処理能力でAI研究開発を加速!「ABCI」」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ABCI/スパコン並みの処理能力でAI研究開発を加速!「ABCI」」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

「ABCI(AI Bridging Cloud Infrastructure)」って何?

 2016年に政府が第2次補正予算で195億円をつけた「人工知能に関するグローバル研究拠点整備事業」の一部として構築される、AIに特化したクラウドコンピューティング環境。管轄するのは産総研、同人工知能研究センターのメンバーと東京工業大学の松岡聡教授などによる研究チームで、2018年3月の稼働を目指し、仕様設計を進めているところだ。

 政府が目標としているのは、AI技術の最先端研究開発と社会実装を加速すること。そのために産官学一体の研究拠点を構築するのが、この事業の目的だ。具体的には2020年までにこの研究拠点でロボット、医薬、サービスなどの多様な業界からの参画を得て、のべ50社以上との研究開発を実施、AI技術の社会実装を目指す。

1-1

「第3次AIブーム」に出遅れた日本

 「日本はAI研究の転換点に気付くのが遅れた」と松岡氏は指摘する。実は、2012年から「第3次AIブーム」が始まっており、その中心的なものがディープラーニング(深層学習)だ。論理プログラミング中心の「第2次AIブーム」以来、停滞していたAI研究の世界に転機をもたらすことになった。

 ディープラーニングが突然脚光を浴びたのは、2012年の物体認識の国際コンペ(Large Scale Visual Recognition Challenge)でのこと。同技術を利用したチームがそれまでの認識技術を利用していた他チームよりもはるかに精度の高い結果を出したのだ。また同年Googleが巨大な計算機資源を利用して、YouTubeの動画から切り出した1000万枚の画像をディープラーニングにより学習することで、画像に写っているのが猫なのか犬なのか人の顔なのかを識別できるニューラルネットワークが作れることを証明した。さらにDeepMind社が深層学習を用いて、従来は大変困難とされていた人間を超える囲碁のAIプレイヤーAlphaGoを作り上げた。これらの出来事をきっかけに、ディープラーニングは先端IT研究の最前線に躍り出た。世界の研究機関や大手企業がこぞってディープラーニングの研究開発に乗り出し、AI研究組織の新設やAI関連企業の買収・統合が急増、AI専業のベンチャーも続々登場してきた。  

 その後のAI関連の技術コンペではディープラーニング利用技術が他を圧するようになり、自動認識の精度は急速に向上していった。そして今では画像認識や物体認識のみならず、音声認識、自然言語(話し言葉、書き言葉)の認識、感情推定、テキストコンテンツの内容認識、センサーなどの計測データ(数値)の分析などあらゆる方面で研究と応用が進んでいる。  

 これが「第3次AIブーム」となり、日本でも大手企業とベンチャーがAI技術開発を行うようになった。自動運転技術などに注力するトヨタはアメリカの研究機関とのAI開発提携を行い、2016年には自らシリコンバレーにAI研究開発拠点を設立した。しかし、Google、Microsoft、Amazon、IBMなどグローバルメジャーな企業、あるいは海外AIベンチャーの研究開発・実用化例が華々しく話題になる一方で、日本は特筆すべき成果をまだ挙げていない。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2017/12/31まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 ふとん暖め乾燥機 FD-F06X2  
●A賞:抽選で1名様
 アイロボット ロボット掃除機 ルンバ875A 
●C賞:抽選で1名様
 ケルヒャー高圧洗浄機 K 2 クラシック プラス 
●D賞:抽選で1名様
 選べる宿泊ギフト(とっておきの宿)30500円コースで選べる魅力的な温泉宿 
●E賞:抽選で5名様
 Amazon 使える商品は1億種以上「Amazonギフト券 5000円分」 

このページの先頭へ

ABCI/スパコン並みの処理能力でAI研究開発を加速!「ABCI」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ABCI」関連情報をランダムに表示しています。

ABCI」関連の特集


AIは業務どうを変えるのか。富士通がAI「Zinrai」を活用し、川崎地質とともにレーダー画像を解析…



民間企業ヤフーが自前で作ったスパコン「kukai」が世界省エネランキングで2位に。225倍の性能を発…



膨大なデータの処理や制御を行うためにAIの技術は不可欠である。富士通が志向するAIは「人に寄り添う」…


「その他サーバー関連」関連の特集


市場占有率に変化が!?2009年第3四半期(7〜9月)の「国内サーバ」シェア情報をご紹介します!



重いブレードサーバを搭載したらオフィスの床が抜ける!?そんな事態を防ぐため、サーバラックに施されてい…



2011年第2四半期(4〜6月)の市場規模が1282億円で、前年同期から35.4%拡大した「国内サー…


「その他サーバー関連」関連のセミナー

IoTもおまかせ!サーバーレスで変わるインフラとの関わり方 【日本ネットワークインフォメーションセンター】  

開催日 11月29日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 5500円(事前登録:税込み)

【概要】サーバーレスアーキテクチャとはなんなのかといった基礎から、 具体的に活用する際の勘所を学びます。 開発者、インフラエンジニアの視点からの効果的なつきあい…

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ABCI/ スパコン並みの処理能力でAI研究開発を加速!「ABCI」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ABCI/ スパコン並みの処理能力でAI研究開発を加速!「ABCI」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30009569


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバー関連 > その他サーバー関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ