人事管理の現状、システム化の課題(2017年)・前編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

人事管理の現状、システム化の課題(2017年)・前編

2017/06/22


 キーマンズネットは2017年5月8〜25日にわたり、「人事管理システムの導入状況」に関するアンケートを実施。全回答者数269人のうち、情報システム部門(導入・検討や運用に関わる立場)は35.7%であった。今回は「国内外拠点の有無」や「海外拠点での人事労務管理」「人事・労務部門の課題」などから、企業における人事管理の現状を調査。「海外拠点の有無」では従業員規模や業種が大きく関連していることなどが見てとれた。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「人事管理システム/人事管理の現状、システム化の課題(2017年)・前編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「人事管理システム/人事管理の現状、システム化の課題(2017年)・前編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

全体の47.2%が「海外拠点を持つ」と回答、従業員規模や業種別で大きな差も

 人事管理の難易度は当然管理する従業員の数や性質によって大きく変わる。例えば国内に複数拠点を持ち従業員の雇用形態も複数定めて管理している企業か、はたまた新しい市場の開拓や人材確保などを目的に海外に拠点を持ち、現地で採用から評価など雇用管理を行っている企業かによって、人事管理で考えるべきアプローチは変わってくるだろう。そこで今回は人事管理の現状を知るべく、はじめに「国内外の拠点の有無」について聞いてみた。その結果、国内拠点では「複数持つ」が61.0%、「既に持つ」が23.8%、「持たない、今後も予定がない」が11.5%、「持たないが今後予定がある」が3.0%、「既に持っているが撤退予定」が0.7%で、まとめると「持っている」が85.5%、「持っていない」が14.5%となった(図1-1)。一方、海外拠点については「持たない、今後も予定がない」が48.7%と半数近くを占め、続いて「複数持つ」30.5%、「既に持つ」16.7%、「持たないが今後予定がある」4.1%となり、まとめると「持っている」が47.2%、「持っていない」が52.8%と「持っていない」割合が過半数を占める結果となった(図1-2)。

 従業員規模別に見ると、101人以上の中堅企業と1001人名以上の大企業については9割以上が「国内拠点」を持っていると回答。100人以下の中小企業についても約4割という結果だったのに対し、「海外拠点」については1001人以上の大企業のみ74.6%と過半数を上回る結果で、中小企業では9.1%と、大きな差が見られた。業種別に傾向を見ると、電気や機械、自動車、建設、食品などの製造業が国内外問わず拠点を展開しているのに対し、流通小売、広告、放送、インターネットメディアなどの流通・サービス業についてはそのビジネス形態の特徴もあってか、国内拠点を中心に展開している傾向にあった。

図1 国内・海外拠点の有無

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 国内・海外拠点の有無

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

人事管理システム/人事管理の現状、システム化の課題(2017年)・前編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

人事管理システム」関連の製品

マネジャーが日々意識すべき、部下の貢献意欲を引き出す「7つのヒント」とは? 【SAPジャパン】 人事情報管理システム ESI(Enterprise Skills Inventory) 【ワン・オー・ワン】 職場と人事の将来〜日本の場合〜 ミレニアル世代で職場と人事はどう変わる? 【SAPジャパン】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
マネジャーが日々意識すべき、部下の貢献意欲を引き出す「7つのヒント」とは? ビジネス戦略に沿った人材育成プログラムを作成・評価できるなど、豊富な機能が実装された人事管理システム。iCD(経産省推奨)、職業能力評価基準(厚労省推奨)に対応。 職場と人事の将来〜日本の場合〜 ミレニアル世代で職場と人事はどう変わる?

人事管理システム」関連の特集


自社が求める人材像は? 相性がいいタイプはどんな人?――大手しか使えないような最新の組織論やAI技術…



社会的コストは8兆円?30代・40代の働き盛りを中心にメンタル不調に陥るケースが増加。この問題に対し…



目的は制度対応にあらず!“メンタルヘルス対策の推進”という本質を捉えて運用体制を構築しなければそれこ…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

人事管理システム/ 人事管理の現状、システム化の課題(2017年)・前編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「人事管理システム/ 人事管理の現状、システム化の課題(2017年)・前編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009548


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ