ワークスタイル変革と勤怠管理システムの導入状況(2017年)後編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

ワークスタイル変革と勤怠管理システムの導入状況(2017年)後編

2017/06/15


 キーマンズネットは2017年4月25日〜5月9日にわたり、「従業員の勤怠管理方法」に関するアンケートを実施した。全回答者数430名のうち、情報システム部門(導入・検討や運用に関わる立場)は34.7%、事業部門が43.7%、管理部門が13.5%、経営者・経営企画部門が8.1%という内訳、企業規模については、1001人以上の大企業が45.1%、101〜1000人の中堅企業が33.0%、100人以下の中小企業が21.9%という内訳であった。  

 今回は、勤怠管理システムの「導入状況」「導入目的」「満足度」などを、2015年に実施した同調査結果と比較した形で分析。勤怠管理システムへのニーズの高まりとその理由が明らかになった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「勤怠管理システム/ワークスタイル変革と勤怠管理システムの導入状況(2017年)後編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「勤怠管理システム/ワークスタイル変革と勤怠管理システムの導入状況(2017年)後編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

7割の企業が「導入済み」と回答、2年前より16.2ポイント増加

 まず「勤怠管理システムの導入状況」について尋ねた(図1-1)。その結果、「既に導入済みである(追加・リプレース検討なし)」が61.2%、「既に導入済みである(追加・リプレース検討あり)」が8.8%、「新規で導入を検討している」が1.6%、「必要性を感じるが導入時期は未定」が17.9%、「必要性を感じない」が10.5%であった。まとめると、全体では70.0%が「導入済み」で、19.5%が「検討中」という結果となった。  

 従業員規模別に見てみると、1001人以上の大企業で90.8%が導入済みであるのに対し、100人以下の中小企業では20.2%と大きな開きが見られた。それでも「必要性を感じない(33.0%)」より「必要性を感じるが導入時期は未定(43.6%)」と回答する割合の方が高く、勤怠管理システムへのニーズが見て取れた。  

 また2年前の調査「勤怠管理システムの導入状況(2015年)」(図1-2)とも比較したところ、全体では「導入済み」が6.2ポイント、「検討中」が8.7ポイントとそれぞれ増加する一方で、「必要性を感じない」と回答した割合は15.0ポイント減少しており、こちらの結果からも企業にとっての勤怠管理システムへのニーズの高まりが読み取れた。

図1 導入状況(2017年・2015年)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 導入状況(2017年・2015年)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

勤怠管理システム/ワークスタイル変革と勤怠管理システムの導入状況(2017年)後編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

勤怠管理システム」関連の製品

クラウド勤怠管理システム Touch On Time(タッチオンタイム) 【デジジャパン】 勤給解決 【ソフトバンク コマース&サービス】 クラウド勤怠管理システム 「バイバイ タイムカード」 【ネオレックス】
勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム
全店舗・事業所の出退勤状況をクラウドで一元管理できる勤怠管理システム。生体認証やICカード、スマートフォン利用など多彩な打刻方法に対応。利用実績は40万人以上。 カメレオンコード(カラーバーコード)による打刻を採用し、PCやiPadを用いて認証・入力が可能なSaaS型勤怠管理システム。 3年連続シェアNo.1(1,000人以上規模、2017年ミック経済研究所調べ)の勤怠管理システム。様々な打刻方法と柔軟なカスタマイズに対応し、サポート体制も充実。

勤怠管理システム」関連の特集


人事システムは管理の利便性が高い一方で、休日出勤の振替などイレギュラーな対応には意外と処理が煩雑にな…



日頃の業務の中に突然放り込まれる「突発的業務」は、厄介なことが多い。しかし、折り合いをつけてこなすこ…



受付を無人化することでコスト削減の目的を果たす「無人受付システム」。時代とともに進化する同製品の最新…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

勤怠管理システム/ ワークスタイル変革と勤怠管理システムの導入状況(2017年)後編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「勤怠管理システム/ ワークスタイル変革と勤怠管理システムの導入状況(2017年)後編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009547


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ