ワークスタイル変革と勤怠管理システムの導入状況(2017年)前編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

ワークスタイル変革と勤怠管理システムの導入状況(2017年)前編

2017/06/08


 キーマンズネットは2017年4月25日〜5月9日にわたり、「従業員の勤怠管理方法」に関するアンケートを実施した。全回答者430人のうち、情報システム部門(導入・検討や運用に関わる立場)は34.7%、事業部門が43.7%、管理部門が13.5%、経営者・経営企画部門が8.1%という内訳、企業規模については、1001人以上の大企業が45.1%、101〜1000人の中堅企業が33.0%、100人以下の中小企業が21.9%という内訳であった。  

 今回は「働き方改善(ワークスタイル変革)への取り組み状況」や、変革に伴う「勤怠管理方法の変更の有無」などから、企業における勤怠管理の現状を調査。ワークスタイル変革については過半数の企業で「取り組み意欲がある」ことなどが明らかになった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「勤怠管理システム/ワークスタイル変革と勤怠管理システムの導入状況(2017年)前編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「勤怠管理システム/ワークスタイル変革と勤怠管理システムの導入状況(2017年)前編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

過半数が「ワークスタイル変革に取り組んでいる」と回答、「予定なし」は17%

 はじめに「働き方改善(ワークスタイル変革)への取り組み状況」について聞いたところ、「既に取り組み、運用している」が22.1%、「まさに取り組んでいる最中である」が35.3%、「今後取り組む予定である(2年以内)」が8.4%、「取り組む予定はあるが、時期は未定である」が17.2%、「取り組む予定はない」が17.0%という結果となった(図1)。まとめると、「取り組んでいる」と回答したのが57.4%と過半数、「取り組み予定」が25.6%、「取り組み予定がない」が17.0%ということになる。

 この結果を従業員規模別に見ると、100人以下の中小企業では「取り組む予定はない(26.6%)」より「取り組む予定はあるが、時期は未定である(37.2%)」のほうが高い割合を示していた。2017年2月に行った調査「企業におけるワークスタイルの変革状況(2017年)」でも分析したように、ワークスタイル変革への取り組みは「人材獲得」や「労働環境の改善」など企業活動に貢献するメリットが大きい反面、制度構築のための社内ノウハウや費用捻出、セキュリティ面での考慮など、実現のためにそれなりの労力を要することも少なくない。特に人的リソースに限りのある中小企業では「ワークスタイル変革へのニーズを感じているものの、取り組みを実施する段階には至っていない」というのが現状なのではないかと予測できる。

図1 働き方改善(ワークスタイル変革)への取り組み状況

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 働き方改善(ワークスタイル変革)への取り組み状況

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

勤怠管理システム/ワークスタイル変革と勤怠管理システムの導入状況(2017年)前編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

勤怠管理システム」関連の製品

中堅・中小企業の「働き方改革」に勤怠管理システムのクラウド化が必須の理由 【ビッグローブ】 クラウド勤怠管理システム 「バイバイ タイムカード」 【ネオレックス】 クラウド勤怠管理システム 「バイバイ タイムカード」 【ネオレックス】
IaaS/PaaS 勤怠管理システム 勤怠管理システム
中堅・中小企業ではなかなか進まなかった人事関連システムのクラウド化。その機運が、ここに来て急速に高まっている。その理由とメリットを探る。 3年連続シェアNo.1(1,000人以上規模、2017年ミック経済研究所調べ)の勤怠管理システム。様々な打刻方法と柔軟なカスタマイズに対応し、サポート体制も充実。 3年連続シェアNo.1(1,000人以上規模、2017年ミック経済研究所調べ)の勤怠管理システム。様々な打刻方法と柔軟なカスタマイズに対応し、サポート体制も充実。

勤怠管理システム」関連の特集


 第9回で入力機器、第10回では“SaaS型”勤怠管理システムをいくつかご紹介しました。勤怠管理を行…



勤怠管理ツールはいったい何を解決するのでしょうか?今回は勤怠管理業務の課題を取り上げながら「勤怠管理…



残業時間の短縮は、労働者にとっても企業にとっても多くの利点があります。そこで大切になるのが、業務効率…


勤怠管理システム」関連のセミナー

働き方改革セミナー 【三信電気/アマノ/Sky/ネオジャパン】  

開催日 7月5日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは『働き方改革』をテーマに、2017年1月厚生労働省より発表された「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」で求められ…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

勤怠管理システム/ ワークスタイル変革と勤怠管理システムの導入状況(2017年)前編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「勤怠管理システム/ ワークスタイル変革と勤怠管理システムの導入状況(2017年)前編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009546


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ