私用アカウントでのクラウドサービス業務活用状況(2017年)

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

私用アカウントでのクラウドサービス業務活用状況(2017年)

2017/05/18


 キーマンズネットは2017年3月27日〜4月4日にわたり、「Webサイトの閲覧規制状況」に関するアンケートを実施した。全回答者数410人のうち、情報システム部門(導入・検討や運用に関わる立場)は34.2%、事業部門が43.8%、管理部門が14.1%、経営者・経営企画部門が8.0%という内訳であった。 

 前編のWebサイトの閲覧規制状況に続き、後編の本稿ではWebサイトおよびスマートフォンのアプリケーションから利用するクラウドサービスの“私用アカウント”(法人契約でないもの、個人で企業の許可なく利用しているもの)」を業務に利用する企業の実態を調査している。従業員規模ごとの傾向の差や、Gmail、OneDrive、Dropboxといった具体的なサービスの利用状況が明らかになった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「クラウドサービス/私用アカウントでのクラウドサービス業務活用状況(2017年)」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「クラウドサービス/私用アカウントでのクラウドサービス業務活用状況(2017年)」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

クラウドサービス“私用アカウント”の業務利用、過半数が「禁止」と回答

 はじめに「私用アカウントで登録しているクラウドサービスの社内(業務)利用」について聞いたところ、全体では業務利用が「禁止されている」が55.9%、「特に決められていない」が26.8%、「一部許可されている」が11.2%、「許可されている」が6.1%という結果となった(図1)。従業員規模別に見ると、100人以下の中小企業では「許可されている」「一部許可されている」の合計値が32.2%と「禁止されている」割合23.3%を上回っており、私用アカウントによるクラウドサービスの業務利用が進んでいる傾向にあるようだ。一方、1001人以上の大企業では76.7%が「禁止されている」と回答。クラウドサービスの私用アカウントを許可なく利用することは「シャドーIT」とも呼ばれるが、これら従業員のプライベートの用途で利用されるケースが多いため、基本的にIT部門はそのクラウドサービスに保存されているデータなどの活用状況を把握できない。従業員数が多ければ多いほど情報漏えいリスクとその管理負荷が高まるため、私用アカウントによるクラウドサービス利用を一律禁止にしている企業が多いのだろうと推測できる。  

 もう一点、着目すべきは100人以下の中小企業では私用アカウントによるクラウドサービスの業務利用ルールを「特に決めていない」割合が44.4%も存在している点である。スマートフォンやタブレット端末が普及した昨今、クラウドサービスはより身近になってきた。だからこそ無意識に業務で利用してしまうユーザーも多いのだろうが、情報漏えいなど、有事の際にまず責任が問われるのはIT部門である。中小企業を中心にいま一度“シャドーIT”の存在を確認し、利用を許可する場合もそうでない場合も、業務効率を考慮しながらリスクを最小限に抑える体制を検討する必要があるだろう。

図1 私用アカウントで登録しているクラウドサービスの社内(業務)利用

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 私用アカウントで登録しているクラウドサービスの社内(業務)利用

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

クラウドサービス/私用アカウントでのクラウドサービス業務活用状況(2017年)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「クラウドサービス」関連情報をランダムに表示しています。

クラウドサービス」関連の製品

企業間B2B/EDIデータ連携サービス OpenText B2B Managed Services 【GXS】 データベースのリアルタイムレプリケーションがビジネスにもたらすメリット 【クエスト・ソフトウェア】 パブリッククラウド利用で負荷激増? ハイブリッド環境を救う技術とは 【ネットワンシステムズ株式会社】
EDI バックアップサービス 垂直統合型システム
B2Bデータ連携を実現するEDIクラウドサービス。マッピング(データフォーマット変換)、テスト、取引先導入支援など、必要な作業をOpenText GXSのチームが支援する。 ビジネスの根幹を担う上で重要なデータベースは、重要であるが故に止められなかったり、もっと活用したいのに負荷を掛けられないジレンマもある。どうすればいいのか。 パブリッククラウド利用で負荷激増? ハイブリッド環境を救う技術とは

クラウドサービス」関連の特集


常に500ものプロジェクトが動きく購買戦略研究所。クライアントとの綿密なスケジュール共有と手間に頭を…



ベンダの独自仕様は自社ニーズに合っているか?複合機やグループウェアとのスマート連携は可能か?情報共有…



業務マニュアルや作業手順書は、ビジネスを着実に進める上で必須の資料だ。しかし、その作成やメンテナンス…


クラウドサービス」関連のセミナー

移行/運用/監視…AWSを確実に軌道にのせる全ステップを公開 【主催:ソニーネットワークコミュニケーションズ 共催:アマゾン ウェブ サービス ジャパン/サイオステクノロジー】 注目 

開催日 12月8日(金)   開催地 愛知県   参加費 無料

設計・構築からデータの移行を経てその後の運用・監視まで、AWSを軌道に乗せるまでの全ステップを俯瞰し、AWSビギナーがつまづきがちなポイントをどうクリアすればよ…

F5/Palo Alto/Proofpointで行うOffice 365のセキュリティ 【テクマトリックス】 注目 

開催日 11月22日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【Office 365に最適なインフラ構築とセキュリティ対策がわかる】Microsoft社のOffice 365を導入される際にセキュリティリスクとなるテナント…

安全、快適、楽々運用 ソフトバンクのオールフラッシュ DaaS 【主催:ソフトバンク/ピュア・ストレージ・ジャパン】 締切間近 

開催日 11月29日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

働き方改革や端末の多様化により、デスクトップ環境管理は複雑さを極めています。デスクトップ仮想化(VDI)の普及に加え、DaaS(Desktop as a Ser…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

クラウドサービス/ 私用アカウントでのクラウドサービス業務活用状況(2017年)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「クラウドサービス/ 私用アカウントでのクラウドサービス業務活用状況(2017年)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009543


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル共有 > ファイル共有のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ