わが社にAIを取り入れるには何をどうすればよいですか?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

学習済みか自己学習か、内製か外注か
機械学習の選び方

2017/05/29

 機械学習や深層学習がどういうものかが分かったところで、では、多くの企業ではどのようにこの技術を活用しているのだろうか。本稿では、具体的な適用例に加え、具体的に試してみる際の勘所を紹介する。

ビッグデータ

※「ビッグデータ/わが社にAIを取り入れるには何をどうすればよいですか?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ビッグデータ/わが社にAIを取り入れるには何をどうすればよいですか?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1機械学習・深層学習は一体どのような課題を解決できるのか?

 深層学習(ディープラーニング)の実用化を契機に、一気に盛り上がりを見せつつあるAIビジネス。世間ではGoogleのAIが最強クラスの囲碁棋士を破るなど、センセーショナルな話題が先行しているが、一方でビジネスの現場では具体的にどのようなAI活用法があるのか、早くも現実的な検討が始まっている。特に機械学習(マシンラーニング)と深層学習(ディープラーニング)は、これまでにない成果をビジネスにもたらす新技術として高い注目を集めている。  

 その一方で、SF小説などに見られるような「何でもかなえてくれる魔法の箱」というイメージに引きずられ、AIに過大な期待を抱いてしまうケースも少なくない。実際には機械学習や深層学習は実用化がようやく始まったばかりの段階であり、特定の問題領域においては高い効果を発揮するものの、決してどんな課題も解決してくれる魔法の箱ではない。「機械学習ツールやサービスの種類と使いどころを整理する」で言及したように、いわゆるAIと呼ばれるものの中にも多様な実装があり、利用する際に必要な工数もカスタマイズの幅も多種多様だ。先進的な企業では既にこれらの違いを把握し、具体的な適用アイデアを持ち、検証を進めているのが現実だ。  

 そこで本稿では、現時点でAIを活用して成果が既に上がっているあるいは成果が期待されているユースケースを幾つか紹介してみたい。特に、大掛かりで高額な仕掛けを用意する必要がなく、一般企業でも手軽に試すことができるクラウド型の機械学習サービスを使ったものを中心に挙げてみた。

1-1学習済みの音声認識、画像認識サービスを組み合わせた例

 クラウド型機械学習サービスは、大きく分けて「学習済みサービス」と「自己学習サービス」の2種類に分かれる。前者は、クラウドベンダーが大量の学習データを使って学習モデルを構築したもので、汎用的な音声認識や画像認識などのサービスがすぐ利用可能な状態でユーザーに提供されている。一方の自己学習サービスは、機械学習フレームワークを使ってユーザーが自ら学習データを用意・投入して一から学習モデルを構築するというものだ(詳しくは「機械学習ツールやサービスの種類と使いどころを整理する」を参照されたい)。  

 前者の学習済みサービスを使った代表的なソリューション例としては、音声認識サービスや自然言語処理サービスを組み合わせた自動応答システムなどが挙げられる。例えばコールセンターにおいてユーザーからの問い合わせに応対する自動応答システムや、チャットサービス上でユーザーとのやりとりを自動的に行うチャットBOTなどの分野でAI技術の導入が進んでいる。  

 近年では、これに顔認識の技術を組み合わせた自動受付システムなども実用化されつつある。例えばFIXERでは、ソフトバンクが開発・提供する人型ロボット「Pepper」と、さまざまな機械学習サービスを連携させることで、来訪者の顔を認識して音声で自動応対する受付システムを実現している。

図1 顔認識と自動音声応答や「次」の案内を行うデモ
図1 顔認識と自動音声応答や「次」の案内を行うデモ
Microsoft Azure Machine LearningとPepperの組み合わせ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ビッグデータ/わが社にAIを取り入れるには何をどうすればよいですか?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

ビッグデータ」関連の製品

性能が全てではない、ハイブリッドIT時代に求められるオールフラッシュの要件 【日本ヒューレット・パッカード】 ビッグデータ分析プラットフォーム Data Platform for Analytics 【NEC】 一般企業のITインフラはデジタルトランスフォーメーションに対応できるのか? 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
垂直統合型システム DWH 垂直統合型システム
クラウドとIoTという2つの潮流によって、企業ITの在り方は大きく変容しつつある。それはストレージ環境についても同様だ。最新ストレージ技術のトレンドを追う。 「超高速」「簡単導入」「低コスト」のデータ分析DWHアプライアンス。圧倒的なパフォーマンスを持ちながらもチューニングの手間は最小限。多種多様な分析を瞬時で実行。 動画:一般企業のためのデジタルトランスフォーメーション入門

ビッグデータ」関連の特集


社内に散在するデータを収集、活用して、精度の高い意思決定を行っていく、その仕組みの核となるデータウェ…



マイナス成長が続くIT市場ですが、2020年に向けての動向はいかに?企業のIT投資トレンドと今後5年…



本田技研工業では、約10年前から対応カーナビでユーザの走行データを収集しビッグデータ分析を行っている…


ビッグデータ」関連のセミナー

デジタル・プロセス・イノベーションセミナー 【キヤノンITソリューションズ】 締切間近 

開催日 9月27日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

日本企業を取り巻く経営課題(超高齢化にともなう少子化や労働力減少・・・等々)は今もなお深刻な問題で、人材の多様化はもちろん、ICTの有効活用による生産性向上が大…

AI(機械学習)で進化するBtoCビジネスモデル 【伊藤忠テクノソリューションズ/SAPジャパン/ブレインパッド】  

開催日 10月4日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

「機械学習」は20年以上前から存在し「データマイニング」として活用されてきましたが、近年のテクノロジーの発展のおかげで業務活用の幅が拡大しています。ビッグデータ…

【G-Tech 2017大阪】クラウドと共に進むエンジニアの進化 【グローバルナレッジネットワーク】  

開催日 11月2日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

概要メガバンクも全面的にクラウドを使う時代となり、ビッグデータ、IoT、AIの活用にクラウドは欠かせない道具となってきています。クラウドは従来のインフラを変える…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ビッグデータ/ わが社にAIを取り入れるには何をどうすればよいですか?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ビッグデータ/ わが社にAIを取り入れるには何をどうすればよいですか?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30009537


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ