わが社にAIを取り入れるには何をどうすればよいですか?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

学習済みか自己学習か、内製か外注か
機械学習の選び方

2017/05/29

 機械学習や深層学習がどういうものかが分かったところで、では、多くの企業ではどのようにこの技術を活用しているのだろうか。本稿では、具体的な適用例に加え、具体的に試してみる際の勘所を紹介する。

ビッグデータ

※「ビッグデータ/わが社にAIを取り入れるには何をどうすればよいですか?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ビッグデータ/わが社にAIを取り入れるには何をどうすればよいですか?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1機械学習・深層学習は一体どのような課題を解決できるのか?

 深層学習(ディープラーニング)の実用化を契機に、一気に盛り上がりを見せつつあるAIビジネス。世間ではGoogleのAIが最強クラスの囲碁棋士を破るなど、センセーショナルな話題が先行しているが、一方でビジネスの現場では具体的にどのようなAI活用法があるのか、早くも現実的な検討が始まっている。特に機械学習(マシンラーニング)と深層学習(ディープラーニング)は、これまでにない成果をビジネスにもたらす新技術として高い注目を集めている。  

 その一方で、SF小説などに見られるような「何でもかなえてくれる魔法の箱」というイメージに引きずられ、AIに過大な期待を抱いてしまうケースも少なくない。実際には機械学習や深層学習は実用化がようやく始まったばかりの段階であり、特定の問題領域においては高い効果を発揮するものの、決してどんな課題も解決してくれる魔法の箱ではない。「機械学習ツールやサービスの種類と使いどころを整理する」で言及したように、いわゆるAIと呼ばれるものの中にも多様な実装があり、利用する際に必要な工数もカスタマイズの幅も多種多様だ。先進的な企業では既にこれらの違いを把握し、具体的な適用アイデアを持ち、検証を進めているのが現実だ。  

 そこで本稿では、現時点でAIを活用して成果が既に上がっているあるいは成果が期待されているユースケースを幾つか紹介してみたい。特に、大掛かりで高額な仕掛けを用意する必要がなく、一般企業でも手軽に試すことができるクラウド型の機械学習サービスを使ったものを中心に挙げてみた。

1-1学習済みの音声認識、画像認識サービスを組み合わせた例

 クラウド型機械学習サービスは、大きく分けて「学習済みサービス」と「自己学習サービス」の2種類に分かれる。前者は、クラウドベンダーが大量の学習データを使って学習モデルを構築したもので、汎用的な音声認識や画像認識などのサービスがすぐ利用可能な状態でユーザーに提供されている。一方の自己学習サービスは、機械学習フレームワークを使ってユーザーが自ら学習データを用意・投入して一から学習モデルを構築するというものだ(詳しくは「機械学習ツールやサービスの種類と使いどころを整理する」を参照されたい)。  

 前者の学習済みサービスを使った代表的なソリューション例としては、音声認識サービスや自然言語処理サービスを組み合わせた自動応答システムなどが挙げられる。例えばコールセンターにおいてユーザーからの問い合わせに応対する自動応答システムや、チャットサービス上でユーザーとのやりとりを自動的に行うチャットBOTなどの分野でAI技術の導入が進んでいる。  

 近年では、これに顔認識の技術を組み合わせた自動受付システムなども実用化されつつある。例えばFIXERでは、ソフトバンクが開発・提供する人型ロボット「Pepper」と、さまざまな機械学習サービスを連携させることで、来訪者の顔を認識して音声で自動応対する受付システムを実現している。

図1 顔認識と自動音声応答や「次」の案内を行うデモ
図1 顔認識と自動音声応答や「次」の案内を行うデモ
Microsoft Azure Machine LearningとPepperの組み合わせ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ビッグデータ/わが社にAIを取り入れるには何をどうすればよいですか?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

ビッグデータ」関連の製品

集計・分析プラットフォーム 「Dr.Sum」 【ウイングアーク1st】 MicroStrategy 10 【マイクロストラテジー・ジャパン】 マルチクラウド対応データ統合プラットフォーム Talend Data Fabric 【Talend】
BI BI ETL
企業システムに蓄積されたデータを部門間や全社規模で集計分析。
Excelやブラウザを用いて、自由な集計分析を実現する多次元高速集計検索エンジン。
強力なエンタープライズ対応アナリティクス、セルフサービスBI、モビリティ、セキュリティを統合プラットフォームでシームレスに提供するエンタープライズBIソリューション AWS、Azure、GCPといった主要なクラウドサービスをサポートし、Spark、Hadoop、Kafkaなどに対応するビッグデータネイティブ型データ統合プラットフォーム。

ビッグデータ」関連の特集


病気で出すことが難しい「本人の声」を取り戻す音声合成技術研究プロジェクト「ボイスバンク」が始動!音声…



J-SOX対応の流れで内部不正防止目的として導入が進んだ統合ログ管理ツール。現在ではシステム部以外の…



7月末に閣議決定された「日本再生戦略」では、「ビッグデータの利活用を行うための環境整備」も重要施策に…


ビッグデータ」関連のセミナー

データ主導型のデジタル変革 オンラインセミナー 【クリックテック・ジャパン】 注目 

開催日 8月29日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

【データ主導型のデジタル変革:Qlik オンラインセミナー 開催】このオンラインセミナーシリーズでは、小売、金融、製造など、さまざまな業種分野でのユーザー事例か…

JBCCアジャイル開発事例セミナー 【JBCC】  

開催日 10月11日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

ビジネス要求の変化が激しい昨今、IT部門は経営、事業部門から正しいニーズの把握と高品質・スピーディな対応が求められています。そうした中で、解決策として注目されて…

データベース紹介セミナー 【主催 エージーテック】  

開催日 8月29日(水),9月13日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

エージーテックが提供する組込みデータベースから、IoT 製品、世界最速(※)エンジンを搭載したエンタープライズ系データベースまで、すべてを見せるデータベース紹介…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ビッグデータ/ わが社にAIを取り入れるには何をどうすればよいですか?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ビッグデータ/ わが社にAIを取り入れるには何をどうすればよいですか?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30009537


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ