越境ECとインバウンドECの違いと活用法

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


越境ECとインバウンドECの違いと活用法

WEB構築 2017/03/23

 最近、越境ECがにわかに注目を浴び始めていることをご存じですか? これまで国内での販売がメインだったECサイトが国外のユーザーに向けて新たな取り組みを行っているのです。訪日客が増えている昨今、日本への観光客は年々増え2015年はおよそ2000万人。日本のサービスを求めて訪日する彼らは決して日本国内だけでの購買では終わらないのです。

発注ラウンジ −キーマンズネット出張所−

「発注ラウンジ」( http://hnavi.co.jp/knowledge/ )とは:
システム開発に必要なノウハウ、実際に開発を外部に発注した担当者のインタビューなど、システム開発発注の成功に役立つコンテンツを集めた発注担当者のための情報発信サイトです。本稿は、発注ラウンジに2016年7月20日に掲載された記事「越境ECとインバウンドECの違いと活用法」をキーマンズネット編集部が編集して掲載するものです。

関連記事

インバウンドECと越境ECが注目される背景

越境ECとは何か

 越境ECとは、オンラインで商品やサービスの売買が行われるEコマースです。最近では日本の文化が世界でも一般的に認められるようになり、多くのファンが海外にいます。

 これまでは、このような文化に触れ商品を購入するユーザーは、例えば秋葉原まで買い物のために訪れるということも少なくありません。

 仮に、秋葉原で売られているような商品を海外で販売する際には、現地に店舗を構えるために出店費、人件費、時間をと多大なコストをかけて行わざるを得ませんでした。

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

 しかし、今ではインターネットのインフラが整ったことにより、欧米、アジア諸国と全世界に商品をアピール、販売することが可能になっています。日本の人口が減少し、消費がだんだんと減っている日本国内でまかないきれない需要のニーズを解決する糸口は海外にあり、これを実現する1つの手法が越境ECといえます。

インバウンドECとは何か

 インバウンドECは、その名の通り日本国内に商圏を限定したECサイトであり、これまでは多くのECサイトがインバウンドECでサービスを提供していました。

 越境ECとの大きな違いは集客方法です。ECサイトはSEO対策、アフィリエイト、リスティング広告、メールマガジンなどさまざまな手法が実施されてきました。しかし、特にリスティング、アフィリエイトを始めとする広告は競合の参入が増え、市場に多くとプレイヤーが集まってくると獲得単価が高騰します。そのため市場は激化し、多くのプレイヤーが利益を削りながら売上をあげていくという消耗戦が続いていました。

越境ECとインバウンドECの導入に際して必要なこと、用意すること

 インバウンドECにはさまざまなCMSが用意されており構築は比較的簡単ですが、越境ECには幾つかの選択肢があります。自社によるECサイト構築、国内ECサイトの海外版CMSの利用、海外ECサイトのCMSの利用の3つです。

自社によるECサイト構築

 コストは高くなりますが自由度も高く、機能を取捨選択できることがメリットです。

国内ECサイトの海外版CMS

 自由度が低く手数料も高くつきますが、母国語のサポート体制も安心ですし、何より早くスタートできます。

海外ECサイトのCMS

 自由度という点でかなり制約があります。それは、国ごとのユーザー志向によるデザインなどの違いです。しかし、一定以上海外では認知されているサービスであれば、集客も期待できるでしょう。

 ご自身のサービスと目的にあったECサイトを選定することが何よりも大事なことだといえます。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ECサイト/越境ECとインバウンドECの違いと活用法」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ECサイト」関連情報をランダムに表示しています。

ECサイト」関連の製品

オープンソースCMS「Drupal」導入サービス 【デジタルサーカス】 全文検索・情報活用システム QuickSolution 10 【住友電工情報システム】 ポイント管理ソリューション PointInfinity 【日立ソリューションズ】
CMS データ検索ソフト CRM
コンテンツ管理、会員管理、キーワード検索、RSS配信など豊富な機能を搭載しつつ、誰でも無料で利用可能なCMS「Drupal」を豊富な経験を持つエンジニア/デザイナーが支援。 50TBのファイルサーバを1台のサーバで高速セキュア検索できる全文検索システム。NotesやRDBに対応。サムネイル/ビューワ、共有タグ、Know-Whoで情報活用。 ポイントカードなどの会員情報やポイント付与/利用の管理やキャンペーンの管理、加盟店の管理など、ポイントシステムの構築・運用に必要なあらゆる機能を提供する。

ECサイト」関連の特集


SSLサーバ証明書の価値が変化している。もはや「クレジットカードの入力フォームを備えたWebページで…



昨年6月、東京理科大学とソフトバンク・テクノロジーがビッグデータを活用した共同研究契約を締結し、解約…



システムが勝手に判断し、リソースをコントロールする。90年代末に提唱された自律運用はどこまで進んだか…


ECサイト」関連のセミナー

野村総合研究所/AWS Cloud Express Roadshow in 札幌 【主催:野村総合研究所/共催:アマゾン ウェブ サービス ジャパン】 注目 

開催日 8月31日(金)   開催地 北海道   参加費 無料

クラウドサービスの普及により、情報システムのクラウド移行がトレンドとなっています。AWS(Amazon Web Services)においても、セキュリティや信頼…

サイバーレンジトレーニングシステムによる演習【ECサイト編】 【ニュートン・コンサルティング】  

開催日 9月11日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 14万400円(税込)

本演習では、サイバーレンジ上に疑似的に用意されたECサイトへの攻撃の分析及び暫定対処演習を通して、ECサイトへの攻撃の理解、対応手順及びそのために必要な準備の概…

オープンソースで実現するシングルサインオンの概要 【主催:かもめエンジニアリング/協力:オープンソース活用研究所】  

開催日 8月23日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

【注目が高まるシングルサインオン(SSO)】Office 365やSalesforceなどのクラウドサービスの普及、働き方改革のためのリモートワークにおけるセキ…

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ECサイト/ 越境ECとインバウンドECの違いと活用法」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ECサイト/ 越境ECとインバウンドECの違いと活用法」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009523


IT・IT製品TOP > WEB構築 > EC > ECのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ