この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

無線LANアクセスポイント

2017/04/04


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、無線LANアクセスポイントのシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調査によれば、2016年度の国内無線LANアクセスポイント(AP)市場規模は、数量ベースで495万台、金額ベースで333億円と見込まれている。市場構造では、個人向け市場の売り上げ金額の比率が7割弱と高く、同市場で実績の高いベンダーがシェア上位を獲得している。

 ベンダー別の市場占有率(見込)を見ると、数量ベースで1位のベンダーは横ばいで推移し34.5%、2位は27.6%、3位が17.6%で、4位、5位がそれぞれ6.3%、2.7%と続いている。金額でも数量1位が首位で34.5%、2位も数量2位のベンダーで19.5%、3位は11.4%、4位、5位はそれぞれ4.8%、4.2%と続いている。

 個人向け市場は、IEEE 802.11n対応のAPのリプレースにより、単価の高いIEEE 802.11ac対応APが主流になっているため、数量ベースではほぼ横ばいであるの対して、金額ベースでは伸長すると予測されている。また、以降も同市場は数量/金額ともに堅調に推移するとしている。今後、MU-MIMOの「3×3」「4×4」対応のAPと端末が各社から発売されることで、2016年度では主流の「2×2」対応APから、「3×3」「4×4」対応APへのリプレース需要が喚起されると考えられている。

 法人向け市場では、文部科学省が2017年度までに校舎の無線LAN整備率100%を目指すなど文教向け市場の活性化を受け、2016年度も数量/金額ベースともに好調に推移すると見込まれている。

無線LANアクセスポイントシェア

無線LANアクセスポイントシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

無線LANアクセスポイント/「無線LANアクセスポイント」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LANアクセスポイント」関連情報をランダムに表示しています。

無線LANアクセスポイント」関連の製品

UTM・次世代ファイアウォール 「FortiGateシリーズ」 【ノックス】
ファイアウォール
高度なセキュリティ脅威や標的型攻撃に対する高度な保護機能を提供するとともに、豊富な製品ラインアップをそろえた次世代ファイアウォール。

無線LANアクセスポイント」関連の特集


無線LANは普及したが、セキュリティ対策はどうだろうか?多くの企業で時代遅れな“常識”を信じていない…



高速化を続ける無線LAN規格に「IEEE802.11ac」がいよいよ登場!なんと最大6.9Gbpsと…



無線LANを導入する企業が半数を超えた。だが、デバイスの進化が新たなセキュリティリスクを生じさせてい…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

無線LANアクセスポイント/ 「無線LANアクセスポイント」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「無線LANアクセスポイント/ 「無線LANアクセスポイント」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009519


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > アクセスポイント > アクセスポイントの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ