インバウンドECと越境ECが注目される背景

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インバウンドECと越境ECが注目される背景

WEB構築 2017/03/09

 インバウンドが注目される背景に、中国人による「爆買い」がありますが、訪日観光客による経済効果が、流通・小売業界の追い風になっています。インバウンドECは、日本国内を訪れた外国人観光客をターゲットとしたWebマーケティングですが、越境ECは日本国外の需要を見据えます。

発注ラウンジ −キーマンズネット出張所−

「発注ラウンジ」( http://hnavi.co.jp/knowledge/ )とは:
システム開発に必要なノウハウ、実際に開発を外部に発注した担当者のインタビューなど、システム開発発注の成功に役立つコンテンツを集めた発注担当者のための情報発信サイトです。本稿は、発注ラウンジに2016年7月20日に掲載された記事「インバウンドECと越境ECが注目されている背景」をキーマンズネット編集部が編集して掲載するものです。

訪日外国人の増加とECの盛り上がり

 航空会社や観光庁による積極的なインバウンド施策により、訪日外国人が急増しています。彼らから日本製の商品、文化などの評判が広がり、需要が急拡大したことにより、インバウンドECや越境ECが重要視されるようになりました。

 越境ECの契機になったのは、中国の消費者向け電子商取引モール「天猫国際」の開設です。2014年に開設された天猫国際は、中国最大の企業間電子商取引会社、アリババグループによって立ち上げられ、世界中の流通・小売業者が天猫国際で出店しました。日本では、健康食品通販のケンコーコムやドラッグストアのキリン堂がいち早く出店し、大きな収益を上げました。2014年の中国への越境ECの市場規模は6064億円といわれ、その後毎年約2000億円ずつ増加。2018年には1兆3943億円になる予想です。

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

インバウンドECが盛り上がる理由

 EC事業者の多くは、インバウンドECを主軸に事業を展開していますが、越境ECについては慎重な姿勢を崩していません。

 その理由として、まず外国語の対応が難しいということです。外国語を習得している人材の確保と外国語に対応したECサイトの開発などの投資コストが高く、予測していた収益が得られなかった時のリスクが大きいとされています。

 次に、越境による負荷が大きいということです。日本と海外とでは異なる商習慣や法的規制、外国為替、クレーム処理などへ対応するためにも外国語が必須になってきます。

 このようにインバウンドECが盛り上がりを見せる背景として、日本国内での対応のしやすさがあります。国内で景気低迷といわれる中、海外市場は多くの企業が参入したい分野であり、各企業の積極的なインバウンド活動が日本ブームという結果に結びついたといえます。

越境ECが盛り上がる理由

 「2015年は日本の越境EC元年」といわれるように、この年に楽天は中国のECモール「京東」と連動した「JD Worldwide」に旗艦店を出店し、中国への市場参入を図っています。中国人は食品や日用品、家電を集中的に購入する傾向があり、楽天は今後も取り扱い商品の拡大する考えです。このように中国をはじめ海外から見た「日本製」の評価は既に高く、越境ECによる収益は無視できないものになりました。

 楽天自身も越境ECを手がけており、越境ECの障壁であった「外国語ECサイトの開設」「輸出伝票の作成」「決済の仲介」「集客」を自動化するWebアプリケーションを初期費用、固定費無料で提供しています。また、決済時に入金されなかったといった被害に対し、1カ月あたり最大で50万円を補償するとしています。

 これまで海外市場の急拡大を横目で見るだけだったEC事業者も、このサービスを利用し参入する動きを見せています。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ECサイト/インバウンドECと越境ECが注目される背景」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ECサイト」関連情報をランダムに表示しています。

ECサイト」関連の製品

EC/通販の6大機能を集約、PDCA高速化&リピート率向上を実現する統合システム 【エルテックス+他】 実は見落とされがち……新興企業の爆速成長に必要不可欠な要素とは 【日本オラクル】 マルチチャネル戦略の要は「通販チャネルの一体化」にあった 【エルテックス+他】
EC ERP EC
EC/通販の6大機能を集約、PDCA高速化&リピート率向上を実現する統合システム 斬新な発想と圧倒的なスピードを武器に、新興企業でも市場を席巻できる時代が到来した。しかし急成長を狙う前に、バックオフィスの重要性を再認識しておく必要がある。 マルチチャネル戦略の要は「通販チャネルの一体化」にあった

ECサイト」関連の特集


アスクルのECサイト「LOHACO(ロハコ)」の問い合わせ対応をするチャットbot「マナミさん」。誕…



越境ECが注目を浴び始めています。国内消費が落ち込む中、新たな需要のニーズを解決する糸口を海外に求め…



 ミッションクリティカルな事業継続を行う上で、メールサーバや業務サーバ、中でもとりわけWebサーバの…


ECサイト」関連のセミナー

急速に成長するID管理IDaaS 、各社サービスを徹底比較 【主催:オープンソース活用研究所/協賛:GMOグローバルサイン/インターネットイニシアティブ/ユニファイド・サービス】  

開催日 11月9日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

【Office365やSalesforceなど普及するクラウドサービスと、認証連携の課題】クラウドが普及するにつれ、認証連携が課題となっています。シングルサイン…

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ECサイト/ インバウンドECと越境ECが注目される背景」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ECサイト/ インバウンドECと越境ECが注目される背景」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009511


IT・IT製品TOP > WEB構築 > EC > ECのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ