この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

レーザープリンタ/複合機

2017/03/14


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、IDC Japanの情報を元に、レーザープリンタ/複合機のシェア情報をご紹介しよう。

 IDC Japanの調べによれば、2016年第3四半期(7〜9月)の国内レーザープリンタ/複合機(MFP)全体の出荷台数は、前年同期比1.3%減の35万6000台となった。

 レーザープリンタ市場は、カラーが前年同期比8.7%減の5万1000台、モノクロが同比3.7%増の13万台で、全体では同比0.2%減の18万1000台となっている。レーザーMFP市場は、カラーが同比1.8%減の13万5000台、モノクロが5.0%減の4万台で、全体では同比2.5%減の17万5000台となっている。MFP化率は同比0.6ポイント減の49.3%、カラー化率は同比1.3ポイント減で52.4%であった。

 ベンダー別の市場占有率(出荷台数ベース)を見ると、1位のベンダーは24.3%、2位が20.7%、3位は15.5%と、上位3社で60%以上のシェアを維持。さらに4、5、6、7位が6.7%、6.5%、4.4%、4.4%と続き、上位7社で当該市場の80%以上のシェアを占めている。

 前年同期のような大型案件がない中で今期は悪い状況ではないという。当該市場は既に成熟しているため出荷台数を維持していくためには、ベンダー/販売店が顧客、特に中堅中小企業の状況変化を見逃さずに、ソリューションを含めた新たな価値を提案し、リプレイスに結び付けていく必要があるとしている。また、ベンダーは利益が大きいカラーレーザーMFPの販売に注力しているため、中長期的な視点でMFP化率・カラー化率ともに徐々に高まっていくものとみられている。

レーザープリンタ/複合機シェア

レーザープリンタ/複合機シェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

レーザープリンタ/「レーザープリンタ/複合機」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「レーザープリンタ」関連情報をランダムに表示しています。

レーザープリンタ」関連の特集


震災以降、これまで以上に重要視されてきているUPSですが、選び方に注意しないと給電する機器を壊してし…



安いものは2万円台!ビジネス向けインクジェット複合機はどんなシーンで使えるのか?気になるインクジェッ…



今まさにA4カラーレーザープリンタを導入しようとしている方!まだこれからの方も必見!量販点でゲキ売れ…


「プリンター」関連の特集


社内の複合機などを一元管理し、印刷関連コストを削減したいと考える企業が多い一方で、印刷環境にかかる運…



2015年は前年比9.9%減の492万台だったインクジェット製品市場。そんな中、44.9%の1位の占…



世界的な不況を迎えてしまった2008年秋。時代は再びカラーからモノクロになるかも?今回はモノクロレー…


「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

レーザープリンタ/ 「レーザープリンタ/複合機」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「レーザープリンタ/ 「レーザープリンタ/複合機」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009488


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ