せっかく導入したのに続かない……Web会議導入の失敗例

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


せっかく導入したのに続かない……Web会議導入の失敗例

情報共有システム・コミュニケーションツール 2017/03/21

 期待して導入したWeb会議サービスですが、「あれ?」と首をひねってしまうような事態に陥る会社もあります。「思ったより予算がかかってしまう」「うまく使いこなせない」などの声が代表的でしょう。

 失敗例を見てみると、自社に合わないWeb会議サービスを選んでしまった、自社の運用体制が整っていなかったなどさまざまです。いくらローコストでスタートできるからといっても、いったん走り出してしまうと、なかなか後戻りがしにくいもの。事前に失敗しがちなポイントを押さえ、便利なWeb会議サービスを長く活用できるようにしたいものです。今回は典型的な失敗例をお話しします。

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

事前検討や調査不足でうまくいかないWeb会議導入の失敗例

 コスト削減やコミュニケーションの活発化など、いろいろな期待を持って導入したはずのWeb会議ですが、「コスト削減になるどころか費用が増えそうだ」「コミュニケーションが活発になると思ったらそうでもなくて困った」といった失敗談が聞かれます。それらの失敗要因を確認してみましょう。

(1)自社の環境をよく理解せず「自社のネットワーク環境に合わない」サービスを選んでしまった

 何のために活用するのか社内でよく検討しないまま、何となく導入した場合に起きがちなのが「自社のネットワーク環境に合わない」Web会議サービスを選んでしまったという失敗です。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

WEB会議/せっかく導入したのに続かない……Web会議導入の失敗例」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「WEB会議」関連情報をランダムに表示しています。

WEB会議」関連の製品

遠隔会議用スピーカーフォン「YVC-300」 【ヤマハ】 NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】 Web会議システム「LiveOn」 【ジャパンメディアシステム】
Web会議 コールセンター/CTI Web会議
高性能の適応型エコーキャンセラーを始め、ヤマハが長年培ってきた音声処理技術を数多く搭載。音声とノイズをしっかり仕分けし、スマートフォンの電話利用時にも使える。 Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。 4500社以上の導入実績。CD並みの音声品質と途切れを回避する独自機能を搭載し、カスタマイズにも柔軟に対応できるWeb会議システム。

WEB会議」関連の特集


「長い、ムダが多い!」会議の課題はなくならない? 他の企業はどうなのだろう。会議改善への試みやその結…



ビデオ会議を導入するためには専用機器の購入など多大なコストがかかり、諦めている会社も少なくない。そこ…



事業拡大には即戦力となる中途採用はかかせません。従来の書類選考では見極めづらかった応募者の“可能性”…


WEB会議」関連のセミナー

働き方改革(ワークスタイル変革)実践事例セミナー 【リコー】  

開催日 12月20日(水),12月20日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

働き方改革の鍵はコミュニケーション・コラボレーション!!本セミナーでは、「働き方改革はコミュニケーション変革」という視点で、これからの企業に必要なコミュニケーシ…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

WEB会議/ せっかく導入したのに続かない……Web会議導入の失敗例」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「WEB会議/ せっかく導入したのに続かない……Web会議導入の失敗例」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009480


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > Web会議 > Web会議のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ