せっかく導入したのに続かない……Web会議導入の失敗例

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


せっかく導入したのに続かない……Web会議導入の失敗例

情報共有システム・コミュニケーションツール 2017/03/21

 期待して導入したWeb会議サービスですが、「あれ?」と首をひねってしまうような事態に陥る会社もあります。「思ったより予算がかかってしまう」「うまく使いこなせない」などの声が代表的でしょう。

 失敗例を見てみると、自社に合わないWeb会議サービスを選んでしまった、自社の運用体制が整っていなかったなどさまざまです。いくらローコストでスタートできるからといっても、いったん走り出してしまうと、なかなか後戻りがしにくいもの。事前に失敗しがちなポイントを押さえ、便利なWeb会議サービスを長く活用できるようにしたいものです。今回は典型的な失敗例をお話しします。

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

事前検討や調査不足でうまくいかないWeb会議導入の失敗例

 コスト削減やコミュニケーションの活発化など、いろいろな期待を持って導入したはずのWeb会議ですが、「コスト削減になるどころか費用が増えそうだ」「コミュニケーションが活発になると思ったらそうでもなくて困った」といった失敗談が聞かれます。それらの失敗要因を確認してみましょう。

(1)自社の環境をよく理解せず「自社のネットワーク環境に合わない」サービスを選んでしまった

 何のために活用するのか社内でよく検討しないまま、何となく導入した場合に起きがちなのが「自社のネットワーク環境に合わない」Web会議サービスを選んでしまったという失敗です。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

WEB会議/せっかく導入したのに続かない……Web会議導入の失敗例」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「WEB会議」関連情報をランダムに表示しています。

WEB会議」関連の製品

V-CUBE One 【ソフトバンク コマース&サービス】 Clovernet Standard 【NECネクサソリューションズ】 ビデオ・Web会議用カメラシステム VC520 ミーティングカメラPro 【アバー・インフォメーション】
Web会議 インターネットVPN テレビ会議/ビデオ会議
ブイキューブの提供する複数のコミュニケーションサービスをシンプルな「ひとつ」のパッケージに。 専用線と同等水準の信頼性を確保しながら、バックボーンに公衆網を利用、優れたコストパフォーマンスを実現したインターネットVPNサービス。 USB接続だけですぐに使えるビデオ会議用カメラシステム。12倍光学ズームPTZカメラ、フルHD1080p出力解像度、エコーキャンセラースピーカーフォンで高画質・高音質を実現。

WEB会議」関連の特集


「紙とハンコ」で顧客管理や従業員間のコミュニケーションを行っていた老舗ホテル。グループウェアを導入し…



会議中に送っていたメールがバレる! Office 365のメールの使用時間とスケジューラーに設定され…



どんな会社でも会議は開催されますが、実際には「会議」というより、お話や結論の出ない相談だけで無駄に時…


WEB会議」関連のセミナー

柔軟な働き方に!Web会議×モバイル 活用事例紹介セミナー 【キヤノンITソリューションズ】  

開催日 4月18日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

長時間労働や労働力の不足などの課題が深刻化するなか、「働き方改革」への関心がさらに高まっています。しかし、就業規則、労働時間の管理、ITシステムなど検討すべきこ…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

WEB会議/ せっかく導入したのに続かない……Web会議導入の失敗例」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「WEB会議/ せっかく導入したのに続かない……Web会議導入の失敗例」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009480


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > Web会議 > Web会議のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ